(かみ)宣告(せんこく)/Solemn Judgment》

カウンター罠(制限カード)
(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

 Vol.6で登場したカウンター罠
 モンスターの召喚反転召喚特殊召喚及び魔法・罠カードカードの発動のいずれかを無効にする効果を持つ。

 決して少なくないライフコストが必要だが、1枚で《昇天の角笛》《マジック・ジャマー》《盗賊の七つ道具》効果を使い分けられるので、対応範囲は非常に広い。
 モンスター効果は止められないが、手札誘発墓地誘発等の特殊な例を除き召喚自体を許さなければ、大半の効果を防げる。

 ライフコストは固定値ではないため、ライフが多い序盤ほどコストが重く、終盤になりライフが減るとコストが軽くなるという特性がある。
 マストカウンターに対しては序盤からライフ4000を払うという選択肢も考えられる。
 しかし、その場合はその後ラッシュを1回通されただけで負ける状況になり、別のマストカウンターが増える事も考えられる。
 いずれにせよ脅威となるカードをピンポイントで止めなければならないので、発動するタイミングの見極めが重要となる。
 一定のライフコストを必要とする《我が身を盾に》サイキック族モンスターや、ダメージが必要な《冥府の使者ゴーズ》等とは共存しにくい。

 ダメージレースにおいて損になりやすいバーンデッキ、特に【フルバーン】では発動するとかえって不利になりやすい。
 しかし、相手手札が0枚になった時点でこのカードを伏せてあれば理想的なので、上手く使いたい。
 もっとも相手もこのカードが伏せられている前提で火力を放ってくるため「チェーン1でギリギリ耐えるダメージチェーン2でトドメ」のように積まれるとこのカードでは対応できない。
 逆に【未来オーバー】等の1ターンキル系のデッキは、キーカードとなるカードが明解であるため、戦いやすい相手と言える。
 ただし、逆にそれらのデッキキーカードを押し通すために採用する事も多い。

  • 2009年10月分のVジャンプの冊子には、このカードが収録されたパックが「BE2」ではなく「EE2」と書かれている。
  • 《背徳の堕天使》や「神の〜」シリーズのイラストに登場している事から、モチーフはYHVH、もしくはそれを意識した存在と思われる。
  • 英語名は「Solemn(神聖な) Judgment(裁き)」という意味。
    「神聖」を意味する単語は「Holy」「Sacred」など色々あるが、「Solemn」は宗教上の神聖さを表す単語として使われる。
    「God」が使えない中で、日本語版に近い雰囲気を模索した名訳だろう。
  • アニメ5D'sの「レクスvsルドガー」戦においてレクスのデッキに投入されているのが確認できる。
    「遊星vsガードロボ」戦ではガードロボが使用。
    《ダブル・サイクロン》発動無効にし、永続罠《カウンター・フォース》に4つ目のチャージカウンターを乗せる役割を果たした。
    この時払ったライフコストのために遊星に逆転を許した描写があったが、別に半減しなくても止めはさせた。
    破壊対象を指定する前に発動しているが、実際にはできない。
    また、WRGPにおける「チーム白虎の一人vsゴースト軍団4体」戦では、ゴーストの1体がチーム白虎の《攻撃の無力化》に対して使用している。
  • デュエルワンポイントレッスンの龍可によると「スッゴイ有名」なカードらしいが、一方で龍亞はこのカードの事を知らなかったらしい。
  • アニメZEXALのおまけでは、第7期ではなく第3期のものが使用されていた。
    また、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsアリト」(2戦目)において遊馬が使用したカウンター罠《ラスト・チャンス》のイラストカードが描かれている。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL内のデッキ「アンチ・エフェクト」のアイコンにはこのカードイラストが使われているが、このカードは入っていない。
    第8弾までの似た内容のデッキ「アンチ・シンクロン」では収録されている。
    また、ADXにおいては特殊コマンドとして登場。
    相手の特殊コマンドの発動を妨害する、そこそこ強力なコマンドである。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「ホルスの黒炎竜」等のLVモンスター効果による特殊召喚に対して、このカードを発動できますか?
A:LVモンスター等の「カードの効果による、チェーンブロックを作る特殊召喚」に対しては発動できません。

Q:ライフポイントが1の状態でこのカード発動できますか?
A:できます。ライフを計算する場合、小数点以下は四捨五入します。
  よって1÷2=0.5となり四捨五入でライフポイントは1、つまり実質ノーコスト発動できます。

Q:召喚無効にするということは、通常召喚無効にされた後で別のモンスター召喚することはできますか?
A:召喚無効にされても「召喚機会を使用した」事実は残るので、もうこのターン通常召喚できません。

Q:「《デビルドーザー》など召喚ルール効果特殊召喚をしようとするタイミング」に、《神の宣告》を発動し、特殊召喚無効にしようとしました。
  これにチェーン《魔宮の賄賂》をされたので、チェーンでもう1枚の《神の宣告》を発動しようと思います。
  これは特殊召喚無効にするタイミングと言うことで、あらためてこの《神の宣告》で《デビルドーザー》特殊召喚無効にすることが出来ますか?
A:この場合、チェーン3で発動する《神の宣告》は、直前の《魔宮の賄賂》発動無効にするためにしか発動することは出来ません。(08/06/29)
  (《昇天の黒角笛》のページのFAQも参照)

Q:自分魔法・罠カードカードの発動モンスター召喚反転召喚特殊召喚無効にできますか?
A:できます。(09/02/20)


Tag: 《神の宣告》 カウンター罠

広告