青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)/Blue-Eyes White Dragon》

通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

 STARTER BOXで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 多数の専用サポートカードが存在し、同名カードを3体融合する事で《青眼の究極竜》となる。
 《ブラック・マジシャン》と共に、遊戯王OCGを代表するモンスターである。

 基本的には重さが目立つアドバンス召喚は避け、各種のサポートカードを活用して特殊召喚を狙っていく事になる。
 専用の召喚サポートとしては、《白竜の聖騎士》《正義の味方 カイバーマン》《青き眼の乙女》が存在する。
 特に手札デッキ墓地のいずれからもこのカード特殊召喚できる《青き眼の乙女》はトップクラスの性能を持つが、効果を活かすには専用の構築が求められる。

 《E・HERO プリズマー》も相性がよく、《滅びの爆裂疾風弾》発動や、《青眼の究極竜》融合召喚の補助として使用できる。
 更に、《召喚僧サモンプリースト》等を用いて《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚すれば蘇生に繋げられる。

 光属性ドラゴン族通常モンスターサポートカードも使用できる。
 聖刻や、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《竜魔人 キングドラグーン》等により、手札デッキ墓地からの特殊召喚が可能。
 《竜の霊廟》《竜の渓谷》等で墓地へ送ることができ、また《蒼眼の銀龍》《銀龍の轟咆》《ダイガスタ・エメラル》等で容易に蘇生できる。
 最上級モンスター特殊召喚補助カードである、《死皇帝の陵墓》《名推理》《古のルール》等で特殊召喚するのも良いだろう。
 更には《王者の看破》《無力の証明》による妨害、《オネスト》による強化も可能である。

  レベル8であるため、《トレード・イン》手札コストとして墓地へ送り手札を調整しつつ蘇生の準備を整える事もできる。
 このカード自身が《伝説の白石》《ドラゴン・目覚めの旋律》等でサーチ可能なため、手札事故を軽減できる。
 また《伝説の白石》《調和の宝札》等で墓地へ送ることで、このカードサーチ手札交換墓地肥やしを同時に行える。
 これらを用い、デッキ回転に特化した構築も可能である。

  • 収録された回数も多いが、エキスパンションの番号が1番目であった回数はダントツである。
    DUEL TERMINALANNIVERSARY PACK等、カード再録を含む販売形態ではよく先頭に収まっている。
    これらの事からも、このカードの人気の高さが窺える。
  • COSMO BLAZER発売日の読売新聞朝刊に掲載された、遊戯王OCGの広告に用いられているカードの1枚である。
    この広告では、最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されており、このカードは日本語版であった。
    黎明期から存在し、非常に高い知名度と人気を誇るこのカードは、遊戯王OCGの代名詞的存在と言っても過言ではないだろう。
  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では、全20体中2位を獲得した。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作初期から登場する、海馬瀬人が最も信頼するしもべ
    「あまりの強さのためにすぐ生産中止となった」ため、世界に4枚しか出回っていないという超レアカードである。 *1
    最初は、このカード4枚に対して所持者が4人いたのだが、その内の1枚を海馬が双六の店で見つけた所から、海馬を取り巻くデュエルの物語は始まる。
    攻撃名は、「滅びの爆裂疾風弾」。
    《ホーリー・エルフ》モンスター効果によりパワーアップした時の攻撃名は、「ホーリー・バーストストリーム」。
    • 海外では「ホワイト・ライトニング・アタック」になっている。
  • 「DEATH−T編」の「遊戯vs海馬」(2戦目)において、最初にドローしたこのカードがずれていた。
  • 「記憶編」では、3000年前の古代エジプトにおける、白い肌に青い瞳を持つ女性キサラがその身に宿す精霊「白き龍」として描かれた。
    詳細は、《青き眼の乙女》参照。
  • 原作初期や東映版遊戯王では、「ブルーアイズ・ドラゴン」という名前で通されていた。
    バンダイ版の遊戯王では、カード名の表記が《青眼の白》だった。
    この《青眼の白》名義は原作初出のJC2巻でも同様であり、現在の《青眼の白龍》が定着するのは4巻以降である。
    また、東映製作の劇場版「遊☆戯☆王」では、3体の《青眼の白竜》が《邪悪なる鎖》によって繋がれた《青眼の白竜3体連結》が登場した。
  • 作中には海馬の趣味なのか、《青眼の白龍》や《青眼の究極竜》を模した物が大量に登場する。
    自家用ジェット機や海馬コーポレーション入口の像に始まり、ぬいぐるみ、帽子、電車、ドーム、ジェットコースター、その他海馬ランドのアトラクション等にも用いられている。
    文庫版で描かれた「世界海馬ランド計画」に至っては、最早「海馬ランド」というより「ブルーアイズランド」と呼ぶべき代物である。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)にも登場。ただし海馬のモンスターではない。
    とある村で、伝説の勇者が現れるまで村を守ると誓った「神の白龍」として崇められており、その力を維持するためには1年に1人を生け贄に捧げなければならないという伝承があった。
    普段は石板に封印されているが、村を襲う《F・G・D》が現れた時に生け贄になるはずだった少女の祈りによって降臨、遊戯本人と融合して《F・G・D》を倒した。
  • アニメ5D'sの「遊星vsジャック」(1戦目・2戦目)において、遊星が使用した罠カード《メテオ・ストリーム》のイラストでは、《正義の味方 カイバーマン》と共に描かれている。
    また、ジャックが「ブルーアイズ・マウンテン」という一杯3000円のコーヒーを好んで飲んでおり、周りのキャラの反応からジャックの浪費癖の象徴となっている。
    コーヒーの価格は、このカード攻撃力と掛けているのだろう。
    また、第5期OPの冒頭部分で、このカードが登場している。
  • 週刊少年ジャンプにて連載していた漫画「いぬまるだしっ」において、怪盗ドッグアイが落としていった。
  • 月刊少年チャンピオンに連載していた漫画「WORST」において、子供達がこのカードを持っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王の最初のゲーム化作品であるモンスターカプセルブリード&バトルから登場している。
    この作品では、名前が「B・E・Wドラゴン」及び「BEWドラゴン」と表記されている。
    原作通りやはり海馬が使用しており、ゲーム上では所謂ラスボス的ポジションということもあってステータスは全体的に高く、特技「バーンアウト」も強力である。
    モンスターカプセルGBでも同様に、名前が「BEWドラゴン」と表記されている。
    やはりステータスは全体的に高めで、レベル40以降の時に進化カプセルを使うとBEAドラゴン(《青眼の究極竜》)に進化する。 *5
  • 3以降のTAG FORCEでは、このカード召喚攻撃宣言すると、専用のムービーを見る事ができる。
    TAG FORCEシリーズでは、主にその作品のキャラのエースカードがムービー化されるが、作中には海馬もカイバーマンも登場していない。
    このカードが遊戯王を代表するカードとして特別扱いされている事が伺える。
  • GCソフト「フォルスバウンドキングダム」では、3体の《青眼の白龍》にそれぞれアズラエル、イブリース、ジブリールという名前が付いている。
    アズラエルのみ他の2体よりライフが100高い事を除いて初期ステータスは同じだが、成長率は若干違っている。
    このゲームでの《青眼の白龍》は、低成長型の上にライフ中心であり、加えてドラゴン族には攻撃力を上げる装備がない事もあって、単体での戦闘力は低めである。
    《融合》をうまく使う事で、活躍が期待できる。
  • また、WCS2011では、ステファニーが「ブルーアイズ・マウンテン」を販売している喫茶店で働いているためか、なんと【青眼の白龍】を使用してくる。

関連カード

サポートカード

―派生モンスター

―その他

―《青眼の白龍》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告