融合識別(フュージョン・タグ)/Fusion Tag》

通常魔法
(1):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せる。
このターン、対象のモンスターを融合素材とする場合、
その見せたモンスターの同名カードとして融合素材にできる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した通常魔法
 自分フィールドモンスターを、エクストラデッキ融合モンスター同名カードとして融合素材にできるようにする効果を持つ。

 《究極竜騎士》など、「融合モンスター融合素材に要求する融合モンスター」のサポートカードである。
 しかし、大抵の場合は《沼地の魔神王》などの融合素材代用モンスター融合モンスターの代わりにした方がカード消費が少なくて済む。
 ただでさえ消費が激しい融合召喚に、何も考えずにこのカードまで使ってしまうのは得策ではない。

 一方、採用価値のある融合モンスターデッキとしては、以下のものがあげられる。

  1. 《月光舞豹姫》《月光舞獅子姫》融合モンスター融合素材に指定し、融合素材代用モンスターが使えない融合モンスター
  2. 【幻奏】《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》を見せる事で、最上級モンスターばかりの幻奏の音姫の代わりに融合素材にできる。
  3. 《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《E・HERO マリン・ネオス》融合モンスター融合素材に指定し、なおかつ特殊な融合方法ゆえに融合素材代用モンスターが使えないカード
    特に《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》を出す際に、《XYZ−ドラゴン・キャノン》を代用することでディスアドバンテージ軽減にもなる。
  4. 《C・HERO カオス》《デストーイ・マッド・キマイラ》《聖霊獣騎 ガイアペライオ》融合モンスターカテゴリ融合素材に指定するカード
    具体的なカード名を指定しないため、融合素材代用モンスターが使えない。

 変わったところでは、【E・HERO】【シャドール】等において、そのカテゴリに属さないモンスターを強引に融合素材に組み込む事が可能となる。

関連カード

イラスト関連

このカード融合召喚を補助できる融合モンスター

 ※はその融合モンスター自身が含まれる融合素材

サポート先の融合モンスター見せる融合モンスター備考
《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》レッドアイズ
デーモン
レッドアイズの場合)対象通常モンスターのみ
デーモンの場合)対象レベル6・通常モンスターのみ
《アマゾネス女帝》アマゾネス
《古代の機械究極巨人》アンティーク・ギア
《古代の機械混沌巨人》
《古代の機械魔神》
《インフェルノイド・ティエラ》インフェルノイド
《WW−クリスタル・ベル》WW
《エルシャドール・アノマリリス》シャドール
《エルシャドール・ウェンディゴ》
《エルシャドール・エグリスタ》
《エルシャドール・シェキナーガ》
《エルシャドール・ネフィリム》
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《E・HERO アクア・ネオス》《N・マリン・ドルフィン》
《N・アクア・ドルフィン》として)
融合召喚ではない
《E・HERO アブソルートZero》HERO
《E・HERO エスクリダオ》E・HERO
《E・HERO ガイア》
《E・HERO カオス・ネオス》《N・ティンクル・モス》
《N・グロー・モス》として)
融合召喚ではない
《E・HERO Great TORNADO》E・HERO
《E・HERO グロー・ネオス》《N・ティンクル・モス》
《N・グロー・モス》として)
融合召喚ではない
《E・HERO Core》E・HERO
《E・HERO ゴッド・ネオス》ネオス
HERO
《E・HERO The シャイニング》E・HERO
《E・HERO シャイニング・フェニックスガイ》《E・HERO フェニックスガイ》
《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E・HERO フレイム・ウィングマン》
《E・HERO ストーム・ネオス》《N・マリン・ドルフィン》
《N・アクア・ドルフィン》として)
融合召喚ではない
《E・HERO ノヴァマスター》E・HERO
《E・HERO マリン・ネオス》《N・マリン・ドルフィン》融合召喚ではない
《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》EM
オッドアイズ
《EMガトリングール》EM
《おジャマ・ナイト》おジャマ
《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》オッドアイズ
《極戦機王ヴァルバロイド》ロイド
《剣闘獣エセダリ》剣闘獣融合召喚ではない
《剣闘獣ガイザレス》
《剣闘獣ゲオルディアス》
《剣闘獣ネロキウス》
《剣闘獣ヘラクレイノス》
《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》捕食植物
《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》幻奏
《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》幻奏の音姫
幻奏
《幻奏の華歌聖ブルーム・プリマ》
《剛竜剣士ダイナスターP》竜剣士融合召喚ではない
対象ペンデュラムモンスターのみ
《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》《炎の剣士》
《C・HERO カオス》M・HERO
《ジェムナイト・アクアマリナ》ジェムナイト
《ジェムナイト・アメジス》
《ジェムナイト・ジルコニア》
《ジェムナイト・セラフィ》
《ジェムナイト・パーズ》
《ジェムナイト・プリズムオーラ》
《ジェムナイトマスター・ダイヤ》
《ジェムナイト・マディラ》
《ジェムナイト・ルビーズ》
《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》
《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》
《召喚獣エリュシオン》召喚獣
《聖霊獣騎 ガイアペライオ》聖霊獣騎融合召喚ではない
《ツイン・フォトン・リザード》フォトン
《DDD剋竜王ベオウルフ》DDD
DD
《DDD神託王ダルク》DD
《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》DDD
《DDD烈火王テムジン》DD
《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》
《D−HERO デッドリーガイ》D−HERO
《D−HERO ディストピアガイ》
《デストーイ・サーベル・タイガー》デストーイ対象融合モンスターのみ
《デストーイ・マッド・キマイラ》
《覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》スターヴ・ヴェノム
オッドアイズ
《彼岸の巡礼者 ダンテ》彼岸
《V・HERO アドレイション》HERO
《V・HERO トリニティー》
《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《VW−タイガー・カタパルト》
《XYZ−ドラゴン・キャノン》
融合召喚ではない
《フルメタルフォーゼ・アルカエスト》メタルフォーゼ
《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》ペンデュラム・ドラゴン
《捕食植物キメラフレシア》捕食植物
《ペアサイクロイド》※何でも良い対象機械族のみ
かつ他の融合素材は「見せたモンスターと同名の機械族」のみ
《究極竜騎士》《青眼の究極竜》
《月光舞猫姫》ムーンライト
《月光舞豹姫》《月光舞猫姫》
ムーンライト
《月光舞獅子姫》《月光舞豹姫》
ムーンライト
《メタルフォーゼ・アダマンテ》メタルフォーゼ
《メタルフォーゼ・オリハルク》
《メタルフォーゼ・カーディナル》
《メタルフォーゼ・ミスリエル》
《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》レッドアイズ対象レベル7のみ
《LL−インディペンデント・ナイチンゲール》LL
《レア・フィッシュ》《フュージョニスト》
《ワーム・ゼロ》ワーム対象爬虫類族のみ

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《N・マリン・ドルフィン》を見せた場合、対象モンスター《N・アクア・ドルフィン》としてデッキ戻して《E・HERO アクア・ネオス》特殊召喚できますか?
A:できます。(16/01/08)

Q:1体のモンスター対象にこのカードを複数回発動し、異なる融合モンスターを見せた場合はどうなりますか?
A:その場合、見せた融合モンスターのどれとしても融合素材にできます。(16/01/08)

Q:《サイキック・ブロッカー》効果《月光蒼猫》宣言されています。
  すでにフィールドにいた《月光蒼猫》対象にこのカード発動し、《月光舞豹姫》を見せました。
  この《月光蒼猫》《月光舞豹姫》扱いとして融合召喚の素材とする事はできますか
A:《月光蒼猫》プレイできないため、《月光蒼猫》《月光舞豹姫》として扱い融合素材とする事はできます。(16/01/29)

Q:《サイキック・ブロッカー》効果《月光舞豹姫》宣言されています。
  《月光蒼猫》対象にこのカード発動し、《月光舞豹姫》を見せました。
  この《月光蒼猫》《月光舞豹姫》扱いとして融合召喚の素材とする事はできますか
A:《月光舞豹姫》プレイできないため、《月光蒼猫》《月光舞豹姫》として扱い融合素材とする事はできません。(16/01/29)


Tag: 《融合識別》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告