【エーリアン】

デッキの概要

 POWER OF THE DUELISTで登場した「エーリアン」と名のついた爬虫類族モンスター群によるビートダウンデッキ
 Aカウンターを利用したモンスター効果と多くのサポートカードで、相手カード除去してアドバンテージを稼ぎながらペースを掴む。
 基本的にはデッキの中核である《宇宙砦ゴルガー》効果とのシナジーを重視しつつ、魔法・罠カードを採用していくことになる。

《エーリアンモナイト/Alien Ammonite》
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/爬虫類族/攻 500/守 200
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地からレベル4以下の「エーリアン」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。
《宇宙砦ゴルガー/Cosmic Fortress Gol'gar》
シンクロ・効果モンスター
星5/光属性/爬虫類族/攻2600/守1800
「エーリアンモナイト」+チューナー以外の「エーリアン」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードを
任意の枚数選択して持ち主の手札に戻し、
その後手札に戻したカードの数だけAカウンターを
フィールド上に表側表示で存在するモンスターに置く。
また、1ターンに1度、フィールド上のAカウンターを2つ取り除く事で、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。 

デッキ構築について

モンスターカード

魔法・罠カード

デッキの種類

《エーリアン・ヒュプノ》

 強力なコントロール奪取効果を持つ水属性デュアルモンスター《エーリアン・ヒュプノ》を最大限に活かすためのデッキ
 効果は強力なのだが、コントロール奪取するにも奪取した後も様々な制約が伴うため、通常の構築では安定した運用は難しい。
 このカード自身を特殊召喚するカードはもちろん、デュアルでは定番の《二重召喚》《スーペルヴィス》が有効な補強手段となる。
 《エーリアン・ヒュプノ》と共に《エーリアン・ソルジャー》も複数採用しておけば、《スーペルヴィス》の追加効果もより機能するだろう。
 また《E・HERO アナザー・ネオス》を採用すれば《デュアルスパーク》を有効に使える他、《ミラクル・フュージョン》も採用可能になる。
 上記の様な《エーリアン・ヒュプノ》と共にE・HEROデュアルの要素を取り入れたものは、【エーリアンHERO】とも呼ばれている。

《宇宙砦ゴルガー》

 《宇宙砦ゴルガー》の「表側表示魔法・罠カードを任意の枚数持ち主手札戻す」という効果を利用することに特化したデッキ
 《平和の使者》《禁止令》《デモンズ・チェーン》といった、戦闘をはじめとする相手の様々な行動を制限するカードが取り入れられる。
 このデッキではAカウンターはそれほど重要ではないので、Aカウンター関連の各種カードは基本的に採用しない方が良いだろう。
 下級エーリアン《宇宙砦ゴルガー》に繋ぎやすいレベル4のものに絞り、特に攻撃力が高い《エーリアン・ソルジャー》を優先したい。
 そうやって空いた枠に《霞の谷のファルコン》を採用すれば、より有効に《ビッグバン・シュート》《デモンズ・チェーン》を利用できる。
 またエーリアンには光属性のものが多いので、《ライオウ》《オネスト》を投入して、光属性軸の【メタビート】の様な構築にしても良い。

エクシーズ召喚

 《エーリアンモナイト》サーチできる《キングレムリン》を素早くエクシーズ召喚するため、ランク4のエクシーズ召喚に特化した構築。
 ランク4を出すデッキでは定番である《フォトン・スラッシャー》《召喚僧サモンプリースト》を用いてエクシーズ召喚のスピードを強化する。
 同じ爬虫類族《カゲトカゲ》や、【セルフ・バウンス】の性質を持つ【エーリアン】と相性の良い《BF−精鋭のゼピュロス》も使えるだろう。
 また【セルフ・バウンス】繋がりの線では、レベル4の罠モンスターなども《キングレムリン》エクシーズ素材として適していると言える。
 さらにこれらのモンスターを採用する場合、光属性闇属性の割合が多くなる関係で、【カオス】の要素を組み込むことも可能になる。
 他にも《エーリアン・ソルジャー》が存在する関係で、【レスキューラビット】の要素を取り入れた【兎エーリアン】といった構築も考えられる。

このデッキの弱点

デッキ回転に関する弱点

 《エーリアンモナイト》サーチする方法は決して少なくはないが、現状では《増援》の様に「素早く確実にサーチ」というわけにはいかない。
 《キングレムリン》の存在は心強いが、あちらもエクシーズ召喚モンスター効果の発動を伴うため、やはり相手に妨害される危険性は高い。
 また《闇の誘惑》等の使い勝手の良いドロー効果を持つカードを取り入れにくいため、デッキ回転の悪さからくる手札事故も比較的目立つ。
 Aカウンターが必要な割には効果が今一つなモンスターが多いので、他の多くのデッキと比較しても攻めの初速度がかなり遅いのも難点。

デッキの性質に関する弱点

 全体的に除去罠カードに頼る傾向にあるので、《王宮のお触れ》を使われると守りが手薄になり、対応力・突破力共に大きく低下する。
 また《毒蛇の供物》《惑星汚染ウイルス》は強力だが消耗も激しく、手札を稼ぎにくいこのデッキではモンスター不足に陥りやすい。
 モンスターを切らしたところでバウンス用の永続魔法罠カードを一気に全体除去されると、戦線を立て直すのはかなり厳しいだろう。
 他にも特殊召喚を封じる効果を持つカードや、《エーリアンモナイト》を根こそぎ除外されてしまう《連鎖除外》等にも注意したいところ。

弱点対策について

 《宇宙砦ゴルガー》《毒蛇の供物》で大抵の永続魔法永続罠突破できるので、相手メタカードで身動きが取れなくなることはそう多くない。
 しかし攻めの早い相手は苦手なので、魔法・罠カード除去するカード、特に《サイクロン》等の素早く使えて防ぎにくい魔法カードには要注意。
 こういったカードに対しては、汎用性の高い《神の宣告》《魔宮の賄賂》《宇宙砦ゴルガー》との相性も良い《禁止令》等で対策しておきたい。
 デッキの安定性や展開力・持久力などに残る不安に関しては、《強欲で謙虚な壺》エーリアン以外のモンスターでカバーするしかないだろう。  

関連リンク

広告