【ネフティス】

デッキの概要

 カードの効果破壊された時に自己再生する能力を持つ《ネフティスの鳳凰神》を軸とするビートダウン
 登場当初は【ガジェット】に対するメタとして注目されていたが、《邪帝ガイウス》《次元幽閉》《マクロコスモス》等の天敵が増えるにつれ、相対的に評価を落としていった。
 第10期のデッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズネフティスカテゴリし、新規カードが多数登場したことにより、カテゴリデッキとしてより能動的な動きが可能になった。

《ネフティスの鳳凰神/Sacred Phoenix of Nephthys》
効果モンスター
星8/炎属性/鳥獣族/攻2400/守1600
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、
次の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
《ネフティスの祈り手》
効果モンスター
星2/風属性/魔法使い族/攻   0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札を1枚選んで破壊し、デッキから「ネフティスの祈り手」以外の「ネフティス」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、次の自分スタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「ネフティス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
《ネフティスの祀り手》
儀式・効果モンスター
星2/風属性/魔法使い族/攻1200/守1200
「ネフティスの輪廻」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ネフティス」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動したターンのエンドフェイズにこのカードは破壊される。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
手札の「ネフティス」カード1枚を選んで破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。
《守護神−ネフティス》
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/鳥獣族/攻1200
【リンクマーカー:下/右下】
「ネフティス」モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚している場合、以下の効果から1つ選択して発動できる。
●デッキから鳥獣族・レベル8モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
●このカードのリンク先の「ネフティス」モンスター1体を選んで破壊し、
そのモンスターと元々のカード名が異なる「ネフティス」モンスター1体を自分の墓地から選んで効果を無効にして特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 手札消費が激しいためアドバンテージを失わないカードを多く採用したい。
 また、ネフティスモンスターは次の自分スタンバイフェイズ効果発動するので、それまでの時間稼ぎとなるカード相手の動きを牽制できるカードとも相性が良い。

モンスターカードについて

―それ以外のモンスター
手札消費が激しいためそれを補える儀式召喚サポートや効果破壊された時にアドバンテージを確保できるカードを採用したい。

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて

このデッキの弱点

 カードの効果による破壊以外の方法で除去されてしまうと自己再生不可能。
 《邪帝ガイウス》《次元幽閉》《D.D.クロウ》等の除外カードで容易に対応されてしまう。

 墓地からの自己再生を封じる《次元の裂け目》などの全体除外、あるいは特殊召喚を封じる《神の警告》なども脅威。
 また、ネフティスの多くが本領を発揮するのは破壊された後の自分スタンバイフェイズと遅めなので、速度が重視される現環境では効果発動前にゲームエンドに持っていかれる事も少なくない。

デッキの派生

【恐竜ネフティス】

 同じく破壊にまつわる効果を有する恐竜族モンスター出張した型。
 少々使いづらいネフティス除去を補い、攻撃力や妨害能力を付与することが可能。
 《ジュラック・ガリム》を採用することで《虹光の宣告者》へ繋げることも可能であり、相性がいい組み合わせである。

【真竜ネフティス】

 破壊された時に発動する効果を有する最上級真竜を採用した型。
 下級ネフティスと同じ属性である《真竜凰マリアムネ》を軸に、《真竜皇V.F.D.》の制圧力を活かして戦う。
 《真竜皇V.F.D.》効果ランクエクシーズモンスターである《No.29 マネキンキャット》とも相性がよく、好きな属性のモンスターリクルート可能となる。

【ネフロード】

 同様の自己再生効果を持つ《ヴァンパイア・ロード》を併用するデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【ネフライダー】

 自己再生能力を備えた《ネフティスの鳳凰神》の場持ちの良さと、《光と闇の竜》蘇生効果回転させるデッキ
 《ネフティスの鳳凰神》リリースして《光と闇の竜》召喚し、相手カードを消費させた後、再び《ネフティスの鳳凰神》蘇生する。
 《光と闇の竜》は大抵の場合戦闘破壊されて墓地に行くため、その後特殊召喚された《ネフティスの鳳凰神》戦闘破壊されにくい点でも相性が良い。

【ネフユベル】

 《ネフティスの鳳凰神》魔法・罠除去《ユベル−Das Abscheulich Ritter》モンスター除去相手の動きを封じるデッキ
 上級モンスターを大量に積む構成上、デッキ構築難度はかなり高いが、うまく回転すれば毎ターン《大嵐》《ブラック・ホール》が使えるのと同じ状況になる。
 詳細は、【ユベル】を参照のこと。

【炎王】

 自軍モンスター破壊自壊を多用する、炎王モンスターを軸としたデッキ
 《ネフティスの鳳凰神》の弱点をカバーしつつ何度も自己再生を狙える。
 詳細は、【炎王】を参照のこと。

このデッキの歴史

第4期(2004年〜2006年)

 FLAMING ETERNITY《ネフティスの導き手》《ネフティスの鳳凰神》が登場。
 《ライトニング・ボルテックス》をはじめとする当時主力の効果破壊に強く、2400と下級モンスターに倒されない程度の攻撃力を持ち、専用リクルート手段まである《ネフティスの鳳凰神》の性能は、当時としては破格のものであった。
 更に当時魔法・罠カードに対する全体除去手段は制限カード《大嵐》くらいしかなかったため、魔法・罠除去能力も評価された。
 ただし、登場当初は《異次元の女戦士》《D.D.アサイラント》無制限カードであり環境で多用されており、また自己再生能力が意味をなさない【サイエンカタパ】が現役であった。
 このため、環境との折り合いが悪く、【ネフティス】はこの時点では環境中堅クラスといった所であった。

 登場から約3ヶ月後の05/03/01《ネフティスの鳳凰神》制限カード化されたが、同時に《異次元の女戦士》制限カード《魔導サイエンティスト》禁止カードに指定される。
 むしろ【ネフティス】が目立った活躍を初めたのはこの制限カード指定後からであり、【ガジェット】に対する強力なメタデッキとして活躍した。
 減ってしまった《ネフティスの鳳凰神》の枚数を《ヴァンパイア・ロード》で補う【ネフロード】も活躍を見せている。

 第4期末のSHADOW OF INFINITYでは《黄泉ガエル》が登場。
 魔法&罠カードゾーンがカラである事を要求する《黄泉ガエル》と、お互いの魔法・罠カード全体除去する《ネフティスの鳳凰神》は相性がよく、《ネフティスの導き手》生け贄要員として有用なカードであった。
 この時期には《ネフティスの鳳凰神》【黄泉帝】に採用された例も見られる。

第5期(2006年〜2008年)

 《黄泉ガエル》に加え《ダンディライオン》などの生け贄要員の充実により【帝コントロール】が発展。
 2400という《ネフティスの鳳凰神》相打ち戦闘破壊できる攻撃力を持つ《ネフティスの鳳凰神》の天敵であり、更に《ネフティスの鳳凰神》バウンス除外で一方的に処理できる《風帝ライザー》《邪帝ガイウス》の登場は致命的であった。
 また、メタ対象であった【除去ガジェット】《次元幽閉》を獲得したことも《ネフティスの鳳凰神》の立場を悪くした。
 結局、《ネフティスの鳳凰神》は重さの割りに除去されやすくなってしまい、【ネフティス】は環境から姿を消す事となる。

第10期(2017年〜)

 デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズでついにネフティスカテゴリ化される。
 これにより【ネフティス】のデッキとしての性能が大幅に底上げされ、以前とは大幅に異なる動きが可能となった。

代表的なカード

関連リンク

広告