【フォーチュンレディ】

デッキの概要

 ANCIENT PROPHECYで登場した魔法使い族モンスター群、フォーチュンレディを使うデッキ
 全てのモンスターステータスが「?」という特殊な性質を持っており、様々なモンスター効果デッキ構築を楽しむことができる。
 フォーチュンレディの中でも特に重要となるのは以下の2体であり、いずれもデッキ回転させる軸になる。
 また、《フォーチュンレディ・ライティー》モンスター効果の発動をサポートできる《フューチャー・ヴィジョン》は癖が非常に強く、このカードを採用するか否かでデッキの内容が大きく変わってくる。

《フォーチュンレディ・ライティー/Fortune Lady Light》
効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   ?/守   ?
(1):このカードの攻撃力・守備力はこのカードのレベル×200になる。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードのレベルを1つ上げる(最大12まで)。
(3):表側表示のこのカードが効果でフィールドから離れた時に発動できる。
デッキから「フォーチュンレディ」モンスター1体を特殊召喚する。
《フォーチュンレディ・ダルキー/Fortune Lady Dark》
効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻   ?/守   ?
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのレベル×400ポイントになる。
また、自分のスタンバイフェイズ時、このカードのレベルを1つ上げる(最大レベル12まで)。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「フォーチュンレディ」と名のついたモンスターが
戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
自分の墓地の「フォーチュンレディ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。
《フォーチュンレディ・コーリング》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「フォーチュンレディ」モンスターが存在する場合に発動できる。
同名カードが自分フィールドに存在しない「フォーチュンレディ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
《フォーチュン・ヴィジョン》
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「フォーチュンレディ」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカードが効果で除外された場合に発動できる。
このターン、自分フィールドのモンスターは効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカードが効果で除外された場合に発動できる。
このターン、自分が受ける戦闘ダメージは1度だけ0になる。

デッキ構築に際して

 7体のフォーチュンレディは、相性の良いカードがそれぞれ異なっており、その全てをデッキに組み込むのは到底不可能である。
 そのため、どのカード、どのギミックを優先するかはよく考える必要がある。
 各フォーチュンレディを活かすカードに弱点対策カードを加えるとかなりの選択肢が存在するので採用するカードは慎重に選びたい。

モンスターカード

フォーチュンレディ
 フォーチュンレディは、スタンバイフェイズ毎に自身のレベルを上げ、そのレベルステータスが決定するという効果を持っている。
 フィールドに長く維持できればステータスは上がるが、序盤からまともに戦闘ができるのは上級フォーチュンレディの2体のみ。
 それらも過信できる攻撃力ではないので、《フォーチュンレディ・ライティー》効果を使う際は状況によって使い分けていきたい。

―相性の良いモンスター

チューナーモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター
 《フォーチュンレディ・コーリング》の制約のため、エクストラデッキにはシンクロモンスターが多く採用される。

エクシーズモンスター
 レベル4・水属性魔法使い族である《フォーチュンレディ・ウォーテリー》を複数体並べることが多いため、ランク4のエクシーズモンスターを採用できる。
 《フォーチュンレディ・ウォーテリー》を早く墓地に送るために、エクシーズ素材を即座に取り除けるエクシーズモンスターを選びたい。

リンクモンスター

融合モンスター
 フォーチュンレディ属性がばらけているため、召喚獣シャドールとの混合構築が考えられる。
 これらのテーマは魔法使い族のサポートも共有できる。
 また、《簡易融合》を採用してシンクロ召喚エクシーズ召喚の補助に使うのも良い。《サウザンド・アイズ・サクリファイス》(魔法使い族レベル1)、《沼地のドロゴン》水属性レベル4)、《テセウスの魔棲物》チューナー)などが採用候補。

魔法・罠カード

フォーチュンレディサポートカード
 様々なカードが存在しているが、手札事故のことを考えるならば、下記のカード以外はあまりお勧めできない。
 除外に関するカードが多めなので採用するならば意図的なデッキ調整が必要になってくる。
 もちろん《フォーチュン・インハーリット》《タイムパッセージ》も悪いカードではないので、こちらは構築内容と好み次第である。

《フォーチュンレディ・ライティー》効果を有効に使う手段
 《フォーチュンレディ・ライティー》リクルート効果は単体では発動不可能なため、運用には他のカードの補助が不可欠になる。

手札モンスター効果発動後のフォーチュンレディの処理
 下級フォーチュンレディのほとんどは、一度フィールドに出してしまうと、戦闘破壊されるのを待つしかない貧弱なモンスターである。
 特に《フォーチュンレディ・ウインディー》《フォーチュンレディ・ファイリー》効果使用後は表側攻撃表示で残ってしまう。
 フィールドに残ったフォーチュンレディはこれらのカードで有効に活用してアドバンテージを稼いでいきたい。

―打点を補うカードの採用
 下級モンスターの打点の低さはもちろん、《フォーチュンレディ・アーシー》でさえもフィールドに出てすぐは2400止まりと心許ない。
 《フォーチュンレディ・ダルキー》の関係上、戦闘がそのままアドバンテージを稼ぐことに繋がるので、戦闘補助のカードも採用を検討したい。

―その他のカード

戦術

 《フォーチュンレディ・ライティー》《フォーチュンレディ・コーリング》を起点にフォーチュンレディを展開していくのが基本となる。
 序盤は《フォーチュンレディ・ウォーテリー》手札を補充するか、《フォーチュンレディ・アーシー》で攻めていき、ある程度墓地が肥えた後は、《フォーチュンレディ・ダルキー》から連鎖的に特殊召喚を狙うのが理想的。

 ただし、これはあくまで一例であり、どのフォーチュンレディに重きを置くかでデッキのバランスや戦術が多少変化する。
 駆け引きや運の要素も大きく絡んでくるため、それぞれのフォーチュンレディの持つ効果の特性をよく理解して検討したい。

デッキの種類

《フューチャー・ヴィジョン》

 メタカードとしても機能する《フューチャー・ヴィジョン》を採用するタイプ。
 しかし、相手デッキ《フューチャー・ヴィジョン》効果を受けにくい場合、恩恵を受けられるのが《フォーチュンレディ・ライティー》だけでは物足りない。
 そこで《神獣王バルバロス》《霞の谷のファルコン》等、《フューチャー・ヴィジョン》を有効に使うためのカードを採用するのがこのタイプ。
 各フォーチュンレディとは直接はシナジーしないが、それらのカードは弱点の補強やデッキ回転率の向上等多くの面で貢献してくれる。

《フォーチュンレディ・ファイリー》

 《フォーチュンレディ・ファイリー》モンスター効果による除去バーンを主な勝ち筋にしたデッキタイプ。
 《フォーチュンレディ・ファイリー》効果をより有効に使うために、壊獣などの相手フィールド特殊召喚できるモンスターを採用するのが最大の特徴。
 苦手な《スターダスト・ドラゴン》《人造人間−サイコ・ショッカー》を撃退しつつ、除去バーンで大きなダメージを与えることができる。
 またフォーチュンレディレベルを上げる事もできる《ギブ&テイク》と共に、《G・コザッキー》等を採用してバーンするのも面白いだろう。

種族統一型

 《一族の結束》による打点アップを利用するタイプ。
 《ディメンション・マジック》によるラッシュが行いやすくなるので合わせて採用しておきたい。
 魔法使い族は層が厚いのでフォーチュンレディ以外の魔法使い族も適宜採用できる。
 《魔法族の里》《群雄割拠》による【メタビート】寄りの構築も可能。
 《死霊の巣》があれば魔法使い族以外のシンクロモンスターエクシーズモンスターも気軽に使えるのは他の種族統一デッキには無い利点。

《封印されしエクゾディア》

 豊富なドローソースを活かして《封印されしエクゾディア》による特殊勝利を狙う。
 封印されしモンスター魔法使い族のサポートを共有できる点や、《魔神火炎砲》により《フォーチュンレディ・ライティー》効果を繰り返し発動できる点でもシナジーがある。

デッキの派生

《地縛神 Aslla piscu》採用型

 《フォーチュンレディ・ライティー》のために《亜空間物質転送装置》等を採用する際に、さらに《地縛神 Aslla piscu》を採用するタイプ。
 フォーチュンレディ戦闘破壊できないモンスターはあまり得意ではないので、直接攻撃できるこのカードは十分フィニッシャーになり得る。
 フィールド魔法として《死皇帝の陵墓》を投入しておけば、上級モンスターである《フォーチュンレディ・ダルキー》《フォーチュンレディ・アーシー》もその恩恵を受けることができる。
 これに《フューチャー・ヴィジョン》《魔法族の里》《オレイカルコスの結界》等のフィールド魔法から、任意のものを任意の枚数選択して採用していこう。
 さらにフィールド魔法が存在しない時に《ギブ&テイク》蘇生し、自壊させた上でフォーチュンレディを大きく強化することもできる。

【魔導フォーチュン】

 《ネクロの魔導書》とのシナジーに着目したデッキ
 詳細は当該ページを参照。

ペンデュラム召喚【魔力カウンター】

 《フォーチュンレディ・ライティー》サーチレベル4以上のフォーチュンレディペンデュラム召喚が可能な《マジカル・アブダクター》を利用した型。
 相性の良いフィールド魔法が複数あるため《テラ・フォーミング》魔力カウンターを増やしつつ状況に応じたサーチも可能。

占い魔女混合型

 上記でも述べた通り占い魔女とはシナジーが強く、それらを複数種類投入した構築である。
 《フォーチュンフューチャー》《ルドラの魔導書》《ワンダー・ワンド》など以外にも《強欲で金満な壺》等の汎用ドローカードも採用してトリガーを満たしやすくするとよい。
 占い魔女の中でも《占い魔女 ヒカリちゃん》キーカードである《フォーチュンレディ・ライティー》《フォーチュンレディ・パスティー》リクルート可能なので初動札として機能する。
 また、《占い魔女 スィーちゃん》《占い魔女 アンちゃん》除外アドバンテージを稼ぐ事で《フォーチュンフューチャー》《フォーチュンレディ・リワインド》のサポートになる。
 逆に《占い魔女 フウちゃん》除外された魔法使い族サルベージできるため、《フォーチュンレディ・ライティー》等を再利用しやすい。

 欠点は初手に占い魔女が来てしまうと腐る点であり、余裕があれば処理できる手段も合わせて投入しておきたい。
 また、効果発動後の占い魔女は攻守0の弱小モンスターでしかないため、各種素材にして処理できる様にエクストラデッキは調整しておきたい。
 《ディメンション・マジック》フィールドフォーチュンレディ占い魔女コストにしつつ、初手に来て手札腐った占い魔女特殊召喚できるため相性が良い。

このデッキの弱点

攻撃力守備力「?」の持つ性質の弱点

 フォーチュンレディは全てステータスが「?」のため、モンスター効果無効になると攻撃力守備力も0にされ大幅な戦力低下となる。
 特に《スキルドレイン》の影響下ではまともに動くのは困難な状況となるため、サイドデッキには必ず《ギャラクシー・サイクロン》等の対策を用意しておきたい。

 《エフェクト・ヴェーラー》対策に、バトルフェイズに入ってから《フォーチュンレディ・ライティー》効果へ繋げるといったプレイングも意識しておきたい。

《フォーチュンレディ・ライティー》効果に関する弱点

 《フォーチュンレディ・ライティー》効果は「時の任意効果」なのでタイミングを逃す恐れがある。
 そのため、相手がこちらの《亜空間物質転送装置》等へチェーンして先に除去してくると、こちらの展開が阻害される事になる。
 また、《フォーチュンレディ・ライティー》に対して《連鎖除外》を使われると、1回の効果の発動と引き換えに全て除外させるか、効果の発動を捨ててでも守るかの二択を迫られる。

 カードプールの増加により他の展開手段も増えたが、依然として《フォーチュンレディ・ライティー》の重要度は高いため、マストカウンターを見極めなければならない。

デッキの性質に関する弱点

 《激流葬》《強制脱出装置》等の罠カードを多用するので、《王宮のお触れ》を使われると回転力も防御力も大幅に低下する。
 逆に言えば、そういった除去カードを多く採用できるためモンスター相手には積みにくい。
 前述の通り《スキルドレイン》が刺さり、《フォーチュンレディ・ウインディー》でも除去できないため《サイクロン》などを用意しておきたい。
 また、戦闘破壊によるアドバンテージを得られなくなる《マクロコスモス》ペンデュラムモンスターも辛い。
 特にペンデュラムモンスターには一般的な対策をしても《フォーチュンレディ・ダルキー》効果によるアドバンテージが得られないため苦しい戦いを迫られる。

代表的なカード

関連リンク

広告