【ブラック・マジシャン】

デッキの概要

 OCGの中でも人気の高い《ブラック・マジシャン》を中心とするビートダウンデッキ
 【魔法使い族】の派生の一つだが、豊富な専用サポートカードの存在が特徴である。
 最上級モンスター魔法・罠カードで補助して戦うトリッキーなデュエルが楽しめる。

《ブラック・マジシャン/Dark Magician》
通常モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラス。
《マジシャンズ・ロッド/Magician's Rod》
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1600/守 100
「マジシャンズ・ロッド」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、
自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。
《黒の魔導陣/Dark Magical Circle》
永続魔法
「黒の魔導陣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。
その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード
または「ブラック・マジシャン」があった場合、
その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。
残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
《永遠の魂/Eternal Soul》
永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

デッキ構築に際して

 《ブラック・マジシャン》サポートモンスター魔法使い族であることから、【魔法使い族】に近い構成になりやすい。
 サポートカードは数多いが、あまり専用カードばかり投入すると手札事故を招く。
 各種サポートカード《マジシャンズ・ロッド》《永遠の魂》等でサーチ可能なことから少数でも機能するため、採用枚数を吟味しながらデッキ構築をする必要がある。
 また、《永遠の魂》は毎ターンアドバンテージを稼げる強力な効果を持つため主軸に据えられる性能だが、デメリットも持ち合わせることは意識しておきたい。

モンスターカードについて

《ブラック・マジシャン》及び関連モンスター

―相性の良い魔法使い族モンスター
 下記以外で代表的なものは【魔法使い族】を参照。

魔法使い族以外の相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

融合モンスター
 《ブラック・マジシャン》及び《ブラック・マジシャン・ガール》融合素材に指定する融合モンスターは、正規の融合召喚以外にも《ティマイオスの眼》で出すことができる。

エクシーズモンスター

シンクロモンスター
 チューナーを採用する場合は投入が考えられる。
 構築にもよるが、基本的には特殊召喚の容易な《ブラック・マジシャン》シンクロ素材になるため、レベル8以上に絞られやすい。

リンクモンスター
 エクストラデッキから複数体の展開を狙う場合に必要になる。
 また、自分のモンスターを能動的に墓地へ送る手段としても有用である。

魔法・罠カードについて

《ブラック・マジシャン》サポートカード
 《ティマイオスの眼》以外は《ブラック・マジシャン》カード名が記されているため、《マジシャンズ・ロッド》《黒の魔導陣》《黒魔術の継承》手札加えることができる。

魔法使い族サポートカード

―その他の相性の良い魔法・罠カード

戦術

 《ブラック・マジシャン》フィールドに出すこと自体はさほど難しくないが、現在の環境では攻撃力2500のモンスターのみで戦うのは難しい。
 そのため、なるべく早く《ブラック・マジシャン》召喚し、サポートカードによって相手カード除去、あるいは相手除去から身を守りビートダウンを行う。
 《ブラック・マジシャン》を絶えず展開できるようにしつつ、より強力な融合モンスターエクシーズモンスターシンクロモンスターに繋げていきたい。

基本的な動き

 まずはフィールド《黒の魔導陣》《永遠の魂》手札または墓地《ブラック・マジシャン》を揃えるのが基本となる。
 これにより、《ブラック・マジシャン》を継続的に特殊召喚できるようになり、その度に相手フィールドカードを1枚除外できる。

《マジシャンズ・ナビゲート》《永遠の魂》の使い分け

どちらも《ブラック・マジシャン》特殊召喚する重要なカードであり、利点・欠点が大きく異なる。
以下の内容と状況を考えてサーチ先を選びたい。

《マジシャンズ・ナビゲート》の利点と欠点

《永遠の魂》の利点と欠点

デッキの派生

マジシャン・ガール

 マジシャン・ガールを中心にした【魔法使い族】
 シナジーが強い各マジシャン・ガール効果を駆使し、相手モンスター弱体化させつつ《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》を展開して戦うのが主な戦術。
 他の派生デッキより《ブラック・マジシャン・ガール》の展開が容易なので、《賢者の宝石》《黒・魔・導・爆・裂・破》《黒・爆・裂・破・魔・導》等のサポートカードが扱いやすい。
 相手攻撃対象にならなければ効果発動できないので、攻撃を強制するカードもいくつか採用しておきたい。

【魔術師ブラマジ】

 魔法使い族サポートを共有でき、ペンデュラム召喚を得意とする【魔術師】との混合構築。
 デメリットの無いペンデュラムスケール8のモンスターを複数持つので、《ブラック・マジシャン》を始めとしたレベル7以下のモンスターペンデュラム召喚で展開できる。
 ただし蘇生カードペンデュラム召喚のギミックはやや相性が悪いので、通常の構築より蘇生カードを少な目にすることは考慮したい。

サポートカードは以下のものを共有できる。

【魔導ブラマジ】

 《魔導教士 システィ》によるサーチを軸とし、《ヒュグロの魔導書》による打点強化を計るデッキ。
 魔導書サーチする《グリモの魔導書》および、魔導書を再利用しつつドロー加速ができる《魔導書院ラメイソン》も併せて採用したい。
 この構築では、通常の型よりも《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》の働きが顕著になるだろう。
 基本的な動きを邪魔しないよう、採用する魔導書は上記のものの他は数枚程度に収めたい。
 魔導書にスペースを割くぶん汎用カードを入れにくくなるが、デッキが回転し始めた時の爆発力はかなりのもの。
 サイドデッキメタカードを積み、マッチ2戦目以降では魔導書カードと入れ替えるのもいいだろう。
 デッキの大部分を魔導書で埋め、切り札的に《ブラック・マジシャン》関連モンスターを数体投入する構築は【魔導書】を参照。

【ガガガブラマジ】

 レベルの変動が行えるガガガを用いて、《幻想の黒魔導師》《マジマジ☆マジシャンギャル》エクシーズ召喚を狙うデッキタイプ。
 《ガガガマジシャン》以外にも、相手モンスター攻撃力を0にできる《ガガガガール》召喚成功時にガガガ魔法・罠カードサーチできる《ガガガシスター》などが中核を担う。
 《ドドドバスター》《ゴゴゴジャイアント》なども採用しておけば、《オノマト連携》ディスアドバンテージ無くガガガモンスターサーチできるので安定性が高まる。
 《幻想の黒魔導師》を使う関係上、《ブラック・マジシャン》デッキ内にいた方が都合が良く、墓地を肥やす類のカードとは相性が悪い。
 《E・HERO プリズマー》等を併用する場合は、《貪欲な壺》《転生の予言》などのデッキ戻すカードも併せて採用したい。

【HEROブラマジ】

 カード名のコピーと墓地肥やしを同時に行う《E・HERO プリズマー》をフル活用するデッキ
 《増援》《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》《E−エマージェンシーコール》などを採用してサーチを行いやすくすることでデッキの安定性が増す。
 《ブラック・マジシャン》サポートカードの使いやすさ、豊富な蘇生手段による展開力の高さが活かせるが、魔法使い族サポートはその分数を減らした方が良い。

 光属性《E・HERO プリズマー》からのカオスモンスター《ティマイオスの眼》からの《呪符竜》《超魔導剣士−ブラック・パラディン》等、様々なフィニッシャーを持つのが特徴。
 採用するHEROの枚数が多い様ならば、HERO融合モンスター墓地融合を行える《ミラクル・フュージョン》も採用候補となる。
 墓地肥やしにより自身の効果を活かし易く、《ティマイオスの眼》の選択肢を増やせる《ブラック・マジシャン・ガール》も採用候補に上がる。

【執行官バーン】

 【HEROブラマジ】から派生した、《黒魔導の執行官》を使用するバーンデッキ
 名前をコピーした《E・HERO プリズマー》から《黒魔導の執行官》を素早く特殊召喚し、高速で相手ライフを削り取る。
 通常魔法を多く投入することが求められるが、とりわけ《トゥーンのもくじ》必須になる。
 《黒魔導の執行官》がいる時に同名カードサーチする事で実質3000ダメージを与えられるだけでなく、《熟練の黒魔術師》に一気に魔力カウンターを乗せることができるためである。

このデッキの弱点

 《ブラック・マジシャン》魔法使い族サポートカードの中核が魔法・罠カードであるため、それを封じられてしまうと辛い。
 発動自体を封じてしまう《ホルスの黒炎竜 LV8》《人造人間−サイコ・ショッカー》ナチュルシンクロモンスター、間接的に妨害してくる《魔封じの芳香》《ダーク・シムルグ》等は天敵になるだろう。
 こちらの後攻ターン目のメインフェイズより前に《闇のデッキ破壊ウイルス》を受けようものなら手札事故で完封負けすらあり得る。
 相手がそれらのカードを出す前に対応するのが理想だが、出された場合は《魔導戦士 ブレイカー》《執念深き老魔術師》等のモンスター効果で対処したい。

 構築によってはアドバンス召喚が行えないわけでは無いが、基本的には特殊召喚による展開が中心となるので特殊召喚メタも厄介である。
 魔法・罠カードに対しては、このデッキならば下級モンスターモンスター効果《黒・魔・導》除去しやすいものの、モンスターに対しては決定的な解決策を持っていない。
 少なからず汎用除去カードも採用しておく必要があるだろう。

 また、現環境では除去が豊富な上に、攻撃力2500を超えるモンスターは簡単にフィールドに出されるものである。
 《幻想の見習い魔導師》でのコンバットトリックである程度の戦闘は熟せるが、複数の攻撃にはやはり耐え切れない。
 多少除去を受けても何度でも場に出せる様な粘り強さや、それなりの耐性を付与する、戦闘補助と併用するなどの工夫がなければジリ貧となりやすい。

 他にも主力サポートである《黒の魔導陣》《永遠の魂》が永続系のため、魔法・罠除去に弱いのも弱点の一つ。
 特に後者は重篤なデメリットを抱えており、《幽鬼うさぎ》《ツインツイスター》一発でフィールドが半壊しかねない。
 また、デッキ内の除去対象をとる(指定する)効果が大半のため、対象にならない高攻撃力モンスターが出るとそれだけで詰んでしまうこともある。
 環境によっては《ブラック・ホール》等の全体除去手段も用意しておきたい。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告