【ラヴァル】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場した、ラヴァルモンスターを使用するビートダウンデッキ
 墓地に関する効果を持つモンスターが多く、それらを生かした展開からのビートダウンが基本戦略となるため、デッキ構築とプレイングの両面で墓地リソースを的確にコントロールする能力が求められる。
 切り札たる2つの「爆発」、大量展開につながる《真炎の爆発》と豪快な除去効果を持つ《炎塵爆発》の存在から、決まった時の威力は凄まじい。

 誕生から暫くは中々実力が上がらなかったが、次第にカードプールが充実していったことで、2011年の秋以降は時折トーナメント上位に食いこむほどに成長を遂げた。
 反面、被メタ要素が豊富でやや安定性に欠けるところもあるため、プレイヤーにはこれをいかに克服していくかという戦略観が求められる。

《ラヴァル炎火山の侍女/Laval Volcano Handmaiden》
チューナー(効果モンスター)
星1/炎属性/炎族/攻 100/守 200
自分の墓地に「ラヴァル炎火山の侍女」以外の
「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在し、
このカードが墓地へ送られた時、
デッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。
《真炎の爆発/Rekindling》
通常魔法
自分の墓地から守備力200の
炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは
このターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。
《炎熱伝導場/Molten Conduction Field》
通常魔法
デッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター2体を墓地へ送る。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 ラヴァル守備力200の炎属性モンスターを比較的多く擁するため、《真炎の爆発》等も活用しやすい。
 そのため、似たような立場のモンスターであれば、守備力200のモンスターを優先して採用するのがいいだろう。

ラヴァルモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

《ラヴァル炎樹海の妖女》全体強化除外からの《ラヴァル・キャノン》による帰還と、ラヴァルの名を冠する事自体がメリットとなっている。
ラヴァルは全体的にステータスが低いため、序盤から積極的に場に出していきたい。

魔法・罠カードについて

ラヴァルサポートカード

炎属性サポートカード

―その他のカード

墓地肥やしカードについて

 【ラヴァル】は墓地肥やしを起点とするデッキではあるが、墓地肥やしの代名詞であるライトロード《カードガンナー》といったカードの投入は危険である。
 【ラヴァル】は「特定のモンスター墓地へ送り《真炎の爆発》で一気に決める」デッキであり、《真炎の爆発》墓地へ送られてしまうと展開が止まってしまう可能性も高くなる。
 投入するとしても《魔導雑貨商人》等、被害が少ないものを選択したい。

戦術

 《炎熱伝導場》墓地を肥やし《真炎の爆発》からシンクロモンスターを大量展開するのが、現在の【ラヴァル】の基本戦術である。
 そのため、何としてでも《炎熱伝導場》《真炎の爆発》の2枚を手札に加えておかなければならない。
 前述した《カードカー・D》《強欲で謙虚な壺》等のドローソースをフル活用しよう。
 特に《封印の黄金櫃》はピンポイントのサーチ《ラヴァル・キャノン》とのコンボの使い分けが要求される。
 これらのサーチと並行して汎用除去《ラヴァル炎湖畔の淑女》等、《真炎の爆発》を確実に決めるためのカードも揃えておきたい。
 《炎熱伝導場》墓地を肥やすことは同時にデッキ圧縮にもなるため、キーカードを揃える確率を少しでも上げるためになるべく早く使用したい。
 また、《炎熱伝導場》手札にない場合でも《ラヴァルバル・ドラグーン》がその役目を果たすことも覚えておくといいだろう。

 カードがそろえば、いよいよ《真炎の爆発》からモンスターを大量展開する。
 下級モンスターだけでは1ターンキルに届かないので、シンクロ召喚エクシーズ召喚をメインとする。
 墓地を肥やす行為は、必ずこの連続シンクロ召喚エクシーズ召喚につながるように計算して行いたい。
また、仕留めそこなって相手に反転攻勢に出られると危険なため、《真炎の爆発》を使用したターン内に可能な限り確実に決着をつけられるよう万全の態勢を整えておこう。

 この過程でラヴァル除外されれば《ラヴァル・キャノン》の出番になる。
 《ラヴァル炎湖畔の淑女》の再利用、戦線の維持、《真炎の爆発》後の追撃など大いに活用したい。

デッキの派生

【フロフレラヴァル】

 DUEL TERMINALの隠しデッキ火水(カミ)合成禁術(アンチマター)】を元にしたデッキで、そちらの名称でも呼ばれる。
 ラヴァルの高速墓地肥やしリチュア効果を利用しデッキを圧縮しつつ、《氷炎の双竜》特殊召喚
 そこで除外したラヴァルモンスター《ラヴァル・キャノン》帰還させる。
 《氷炎の双竜》により、除去も並行できるのが強み。
 しかしOCGにおいては《氷炎の双竜》以外にシナジーがあまりないため、構築難易度が上昇するのが難。

【TGラヴァル】

 《TG ストライカー》《TG ワーウルフ》《TG ラッシュ・ライノ》を組み込み、より広範囲のシンクロエクシーズ召喚を狙う。
 例えば、《ラヴァル炎湖畔の淑女》効果《ラヴァル炎湖畔の淑女》レベル4以下のラヴァルモンスター除外し、その後《ラヴァル・キャノン》《ラヴァル炎湖畔の淑女》帰還させる。
 この帰還成功時に《TG ワーウルフ》特殊召喚し、《ラヴァル炎湖畔の淑女》《TG ワーウルフ》《虚空海竜リヴァイエール》エクシーズ召喚効果を発動すれば、エクシーズ素材となった《ラヴァル炎湖畔の淑女》墓地へ戻しつつボード・アドバンテージを稼ぐことができる。
 《TG ラッシュ・ライノ》《TG ワーウルフ》、そして《フレムベル・ヘルドッグ》《幻獣の角》を共用できるため、【TGフレムベル】寄りの構築にしてもよいだろう。

【炎王ラヴァル】

優秀なサポートカードを複数擁した炎王デッキに組み入れたタイプ。
下級モンスター《真炎の爆発》に対応しており、自壊によってアドバンテージも稼げるのでラヴァルの弱点である序盤〜中盤の不安定さをカバーしやすい。
《炎王獣 キリン》による墓地肥やし効果にも期待できる。

【陽炎ラヴァル】

《真炎の爆発》に対応した《陽炎獣 サーベラス》《陽炎獣 ヒュドラー》を組み込んだデッキ
レベル6なので高ランクエクシーズモンスター召喚条件の厳しいシンクロモンスター等も出しやすくなり、強力な効果を持った《陽炎獣 バジリコック》も採用できるなど、炎王とはまた違った独自の強みがある。

このデッキの弱点

 墓地肥やしへの依存が強いため、無差別除外には当然弱い。
 《サイクロン》《砂塵の大竜巻》等の除去手段はもちろん、《ラヴァル・キャノン》等の除外を利用できるラヴァル帰還カードで対応しよう。

 墓地が肥えていなければ効果が発揮できないカードも多く、序盤は思うように展開できない点も注意が必要。
 墓地が肥えたとしても、除外しすぎると肝心な時に発動できなくなる恐れもあるため注意すること。

 また、どうしても《炎熱伝導場》《真炎の爆発》という魔法カードに依存したデッキとなるので、魔法カードメタにも弱い。
 特に《闇のデッキ破壊ウイルス》を発動されるとこれらが根絶やしにされ、最悪何も出来ずに終わる可能性もある。
 カウンター罠を適宜投入するなどの対策も必要となる。

 《真炎の爆発》を封じられる《王家の眠る谷−ネクロバレー》を擁する【墓守】との相性は最悪である。

 それ以外にも、墓地依存のデッキでありながらデッキ破壊にも弱く、《ニードルワーム》等で上記のキーカード墓地へ送られると途端に厳しくなってしまう。
 【デッキ破壊】でなくとも、1〜3枚のデッキ破壊を行う汎用的なモンスターは少なくないため、《月の書》等で対処できるようにしておきたい。

このデッキの歴史

2010年〜2011年夏

 DUEL TERMINAL −ヴァイロン降臨!!−で登場するも、なかなか火が付かずくすぶり続ける時期が続いた。
 「墓地モンスターを溜め込み、《真炎の爆発》で大爆発」というコンセプト自体は明確だったものの、墓地肥やし役の《ラヴァル炎火山の侍女》墓地ラヴァルが存在する時に効果墓地に送られる必要があり、下準備に時間が掛かったのである。

2011年10月〜2012年

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した《炎熱伝導場》が問題を一気に解決した。
 ラヴァル2枚を墓地に送り込む効果により、《ラヴァル炎火山の侍女》効果を確実に発動させ、一挙に5枚のラヴァルを墓地に送り込むという破格の墓地肥やし能力を獲得したのである。
 これ以降【ラヴァル】は急速にその勢力を伸ばし、大会レベルでも通用するデッキへと生まれ変わる。
 ここから【征竜】【魔導書】の二大パワーデッキが環境を席巻するまでの1年余りが【ラヴァル】の全盛期であった。

2013年以降

 《炎熱伝導場》を最後に、【ラヴァル】の強化は途絶えた。
 2大キーカードである《炎熱伝導場》《真炎の爆発》のどちらもサーチ手段がないのが大きな欠点となり、後続デッキと徐々に実力差を空けられていくようになる。
 それでも《カードカー・D》《強欲で謙虚な壺》《エア・サーキュレーター》等を積み、ドロー強化によって《炎熱伝導場》《真炎の爆発》を引き込むタイプは細々と結果を残し続けたが、2014年を最後にその火は絶えた。

代表的なカード

関連リンク

広告