下位互換

 「下位」とは低い順位のことで、「互換」とは互いに取り替えがきくことである。
 「下位互換」とは互いに役割を同じにして(取り替えがききながら)明らかに一方が劣る場合を言う。
 また、その逆を上位互換と言う。

  • 他のカードとの兼ね合いもあって、下位互換の方が上位互換より勝る局面も存在する。
    上位・下位の関係は絶対的なものでなく、「単体での扱いやすさ」という一つの方向から見たものでしかない。
    ステータスが低かったり、デメリットが付いていたりしたために特定のカードの恩恵を受けるなど、下位互換の方がデッキに組み込みやすい場合もある。
  • 一般的には、2つのカードを比較して、一方のメリットがわずかしかない場合に使用されることが多い。
    双方のメリットが同じくらいあるならば相互互換と呼ばれる。
  • しかし、それらの要素を加味しても、使い道や利点の少ないカードが一部に存在するのも事実である。
    特に、初期に登場した通常モンスターなどは効果を持たないだけでなくステータスも低いため、現在の環境では使用に堪えないものが多い。
    その多くが絶版となっていることは、その証拠と言えるだろう。
  • 下位互換が採用される理由としては以下のようなものがある。
    • 数合わせなどにより、追加枚数が必要になる場合
    • 上位互換が高価なカードで、金銭的に余裕がない場合
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画やアニメでは既にOCGで上位互換があるにもかかわらず、下位互換が多数登場している。
    OCG化の際に強化されているものもあれば、そのままカード化されるものも存在する。

上位互換・下位互換例

 《上位互換カード》⇒《下位互換カード

関連リンク

広告