《アルバスの落胤(らくいん)/Fallen of Albaz》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に手札コスト1枚と引き換えに自身と相手フィールドモンスター融合素材融合召喚を行う誘発効果を持つ。

 さながら生きる《超融合》といった趣のモンスターだが、融合素材は事実上このカード+相手フィールドモンスターに固定されてしまう。
 カテゴリ指定の融合モンスター融合召喚するのは難しいため、属性種族などより緩い条件の融合モンスターを狙っていくことになる。
 縛りの緩さと効果ステータスを踏まえると、融合召喚先の筆頭候補は《灰燼竜バスタード》だろう。
 相手闇属性を利用しているのならば《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》も候補。
 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》効果闇属性にすることで、それらの融合素材を能動的に用意できる。

 通常の融合召喚と比較した場合、魔法カードを必要としない代わりに手札1枚を消費する。
 もっとも、相手モンスターを利用できる分消費は少ない。
 《超融合》と比べても、自身に効果が内蔵されている分カード枚数の消費が少ない。
 ただ、あちらはチェーンを封じる効果を持ち合わせており、カウンターに強い。
 特殊召喚にも対応するため、フリーチェーン特殊召喚を用いればあちら同様の柔軟なタイミングでの使用も可能。

 このカード融合素材に含む必要があるため、この効果チェーンされた効果除去されると不発になる。
 自分ターンの場合は《エフェクト・ヴェーラー》にも無効化されてしまう。

  • 「落胤」とは父親に認知されない庶子・私生児のことであり、主に高貴な人物の出自に使われやすい。
    ドラグマと関連性がある事や下記の設定でエクレシアと比較されている事からすると、恐らくは《教導国家ドラグマ》の出自なのだろう。
  • カード名をそのまま解釈すれば、「アルバス」とはこのカードイラストにある少年ではなく、その父親の名前ということになる。
    よって本人の名前は不明だが、落胤という立場を考えればそもそもまともな名を与えられていない可能性も考えられるだろう。
  • 「落胤」は刑罰として罪人の額などに焼き押し当てられる”烙印”とも掛かっており聖痕とのも意識されているのかもしれない。
    「アルバス」はラテン語で白を意味する。

関連カード

―《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスター

サポートカード

―「《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスター」のサポートカード

―類似効果

―《アルバスの落胤》の姿が見られるカード

このカード融合召喚できる融合モンスター

―《アルバスの落胤》指定

―その他の組み合わせは《竜魔導の守護者》参照。
 ただし、《氷獄龍 トリシューラ》融合素材の指定の都合上、このカードの効果融合召喚できない。

収録パック等


Tag: 《アルバスの落胤》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1800 守0

広告