【サイファー】

デッキの概要

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−カテゴリ化されたサイファーを中心としたビートダウンデッキ
 レベル変更効果を用い、ランク4とランク8のエクシーズ召喚を使い分ける。
 エース級のモンスターギャラクシーアイズであるため、エクストラデッキギャラクシーアイズで固めやすいのも特徴。
 フォトンギャラクシーの一部カードとの共存も可能で、構築の選択肢はそれなりに広い。
 どちらかと言えば、サイファーを軸にしたギャラクシーアイズデッキに近い。

《光波翼機/Cipher Wing》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1400/守1200
(1):自分フィールドに「サイファー」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドの全ての「サイファー」モンスターのレベルをターン終了時まで4つ上げる。
《光波双顎機/Cipher Twin Raptor》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1600/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「サイファー」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「サイファー」モンスターしか特殊召喚できない。
《光波複葉機》
効果モンスター
星6/光属性/機械族/攻1000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「サイファー」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「サイファー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで8にする。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイファー」モンスター1体を手札に加える。
《銀河眼の光波竜/Galaxy-Eyes Cipher Dragon》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。
《光波干渉》
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに同名モンスターが存在する、
自分の「サイファー」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘を行う自分のサイファー」モンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで倍になる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

サイファー

特殊召喚が容易なレベルモンスター
 既にフィールドレベル8が存在するなら、《光波双顎機》《光波翼機》特殊召喚するだけで《銀河眼の光波竜》に繋がる。

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

融合モンスター

シンクロモンスター

リンクモンスター
 《銀河眼の光波竜》コントロール奪取したモンスターリンク素材にし、コントロールが戻るのを防ぐのが主な役割になる。
 もしくは展開サポートとして使う。

魔法・罠カードについて

サイファー
 《光波鏡騎士》および《光波異邦臣》サーチ可能。
 罠カードについては発動条件の癖が強いものが多いが、同名カードを並べることで《光波干渉》に繋ぐことが狙える。
 罠カードコストにも転用することを考えて採用したい。

ギャラクシーおよびギャラクシーアイズ関連の魔法・罠カード

モンスターを展開できる魔法・罠カード

ステータスを変更する魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《光波複葉機》を自身の効果《光波双顎機》で展開し、《銀河眼の光波竜》エクシーズ召喚する。
 《銀河眼の光波竜》を出した後は、《光波干渉》強化して攻めるのが基本となる。
 豊富なギャラクシーアイズエクシーズモンスターサポートカードを駆使して高打点を並べていく。
 蘇生エクシーズ素材の補充手段も多く持つため、一度や二度破壊された程度では息切れしないのも長所。

このデッキの弱点

 《銀河眼の光波竜》への依存度が大きいため、早急にエクシーズ召喚できないと動きが大幅に鈍ってしまう。
 サイファー魔法・罠カードはほとんどがランク8以上のエクシーズモンスターを要求するため、十分に展開できなければ腐ってしまう。
 【フォトン】と違い、ランク4等のエクシーズ召喚が殆ど視野に入っていないのも上記の弱点で、特に展開の起点となる《光波双顎機》効果を使ってしまうと、サイファー以外の特殊召喚が封じられてしまうため、他のギャラクシーアイズ腐ってしまうのが痛い。
 【フォトン】と比較した場合、あちらはフォトンギャラクシーを軸にランク4もエクシーズ召喚しやすいために小回りが利きやすく、こちらは大型のサイファー・ドラゴンギャラクシーアイズを維持する戦術が豊富である代わりに小回りが利きにくく、投入できるギャラクシーを活かすのが難しいのも特徴。

このデッキの歴史

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜2020年)

 元々複数のエクシーズモンスターを並べられる展開力がなく、さらにコントロール奪取したモンスターメインモンスターゾーンに移ることが判明したこともあり、新マスタールール移行による影響が少なかった。
 またリンクモンスターの登場により、サイファー・ドラゴンコントロール奪取したモンスター相手フィールドに戻る前に処理できるようになったため、リンク素材の指定が緩いリンクモンスターが登場するにつれて強化されていった。

第11期(2020年〜)

代表的なカード

関連リンク

広告