【バハムート・シャーク】

デッキの概要

 《バハムート・シャーク》を軸に、複数のエクシーズモンスターを展開して戦うビートダウンデッキ
 《バハムート・シャーク》効果によって直接エクストラデッキから限定されたエクシーズモンスター特殊召喚することから、複数のランクが並ぶことも多い。
 エクシーズ素材水属性を指定していることから、他のエクシーズ召喚を組み込んだデッキとは違う専用の構築が必要になる。

《バハムート・シャーク/Bahamut Shark》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2600/守2100
水属性レベル4モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
EXデッキからランク3以下の水属性Xモンスター1体を特殊召喚する。
このターン、このカードは攻撃できない。

デッキ構築に際して

 《バハムート・シャーク》の展開及び効果を使用できる様にする為、あちらを展開するカード及び水属性サポートカードが基本となる。
 エクストラデッキ《バハムート・シャーク》効果や相性の良いカードの都合上、水属性がほぼ大半を占めやすい。

メインデッキモンスターについて

 《バハムート・シャーク》エクシーズ素材となる展開しやすい水属性レベルモンスターが中心となる。

エクシーズ召喚に適したレベル水属性モンスター

―それ以外で相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 このデッキの最大の課題と重要点はエクストラデッキである。
 どういった戦術を盛り込むのかによってエクストラデッキに投入するカードの種類・枚数は異なってくるのでよく吟味したい。

エクシーズモンスター

リンクモンスター
 第10期の新マスタールール下では必須だったが、第11期以降は採用せずともデッキの基本が成立する。
 レベルが揃わない場合でも展開できる点や素材を即座に墓地へ送れる点などの利点はあるが、いずれにせよ採用枚数は以前より抑え気味でよい。

シンクロモンスター
 チューナーを採用する場合に検討できるのだが、枠に全く余裕がないこのデッキでは厳選は必至である。
 《ダブルフィン・シャーク》《竜宮の白タウナギ》蘇生してそのままシンクロ召喚できる《白闘気白鯨》が筆頭候補であり、効果ステータス共に申し分ない性能を持つ。
 《フィッシュボーグ−アーチャー》を採用しているのならば《ダブルフィン・シャーク》から出せる《氷結界の龍 グングニール》も検討できる。
 レベルモンスターを何枚か採用する場合はレベル6も採用でき、除去ドロー効果を持つ《瑚之龍》《水神の護符》を回収できる《氷結界の虎王ドゥローレン》等が検討できる。

融合モンスター
 《簡易融合》で出せるレベル4の水属性が採用候補。
 《ダブルフィン・シャーク》《エクシーズ・リモーラ》蘇生効果《フィッシャーチャージ》に対応する《レア・フィッシュ》を優先したい。
 制限カードではあるが、《マスク・チェンジ・セカンド》から出せる《M・HERO アシッド》は大きなアドバンテージを稼ぎ得るモンスターなので検討する価値はある。
 《E・HERO バブルマン》を投入する場合は《ミラクル・フュージョン》と共に《E・HERO アブソルートZero》を入れておくのもよい。

魔法・罠カードについて

 水属性モンスターエクシーズモンスターが主体のデッキであることから、それらのサポートカードを中心に採用する。
 また、モンスターだけでは全体的に打点・除去が少なめなので、それらを《激流葬》《ブラック・ホール》などの汎用除去カードでカバーしたい。

水属性サポートカード

魚族サポートカード

エクシーズモンスターサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《バハムート・シャーク》を中心としているため当然だが、まずは《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚を第一に考え行動する。
 そこからどのように戦っていくかは手札次第ではあるが、基本は《バハムート・シャーク》効果で複数のエクシーズモンスターを並べビートダウンを行っていく事になる。
 定石は《バハムート・シャーク》《餅カエル》または《FA−ブラック・レイ・ランサー》の2体が並ぶ布陣だろう。
 《バハムート・シャーク》や展開したエクシーズモンスターでは越えられない攻撃力効果への耐性を持つモンスター《No.101 S・H・Ark Knight》などで排除していく。

 《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚自体は簡単で、自身の効果によってエクシーズ召喚ディスアドバンテージもすぐに回復でき、なおかつ《サルベージ》など素材を使い回す手段も豊富にあるので、除去されても再展開しやすく粘り強く相手に食らいつく事ができる。
 1ターンキルなどは無理をせず絶対に成功する自信がある時のみ狙い、じわじわとアドバンテージを稼いで場を固めながら戦うのが最善だろう。

 また、《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》《強制転移》等のコントロール転移系統を採用した場合は【ロックバーン】の要素も持てる。
 その場合は普通のビートダウンデッキが苦手とする【終焉のカウントダウン】のような特殊勝利系のデッキも苦としない利点を持つ。
 常に相手デッキフィールドの状況・自分手札によって臨機応変に戦局へ対応して立ち回りたい。

展開例

 条件:手札《カッター・シャーク》《エクシーズ・リモーラ》
 (前者は《レスキューラビット》《鰤っ子姫》、後者は《ジェネレーション・フォース》でも可)

  1. 《カッター・シャーク》召喚して自身を対象効果発動し、レベル4・水属性魚族リクルート
  2. 2体で《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚し、任意のランク水属性特殊召喚して《FA−ブラック・レイ・ランサー》を重ねる。
  3. 《エクシーズ・リモーラ》手札から特殊召喚し、2体のレベル4・水属性魚族守備表示蘇生
  4. 守備表示魚族2体で2体目の《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚し、《餅カエル》特殊召喚
  5. 2体の《バハムート・シャーク》《FNo.0 未来皇ホープ》エクシーズ召喚し、《FNo.0 未来龍皇ホープ》を重ねる。

 手札2枚の消費で《FA−ブラック・レイ・ランサー》《餅カエル》《FNo.0 未来龍皇ホープ》《エクシーズ・リモーラ》の布陣が完成する。
 総攻撃力は2100+2200+3000+800=8100で1ターンキルラインとなり、更に《餅カエル》《FNo.0 未来龍皇ホープ》で返しのターンの守りにも強い。

デッキの派生

【転移アシッド・ゴーレム】

 略称として【転移アシゴ】とも。
 ビートダウンとしての要素を薄くし、《バハムート・シャーク》《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》コンボを重視したデッキタイプ。
 詳しくは【モンスター転移】を参照。

【リチュア】

 《リチュア・ビースト》《リチュア・エリアル》《リチュア・アバンス》以外にも多くのリチュアと混合したタイプ。
 リチュアモンスター種族の都合上魚族の要素は取り入れにくいが、その代わりリチュア儀式モンスターを戦術に取り込む事ができる。
 特に、《イビリチュア・ジールギガス》はこのデッキの弱点である除去・打点不足の両方を補ってくれるためそれを軸とした構築にすると良いだろう。
 その他リチュアの詳細は【リチュア】を参照。

【E・HEROビート】

 《E・HERO バブルマン》が中心のHEROと混合し、《M・HERO ダーク・ロウ》《餅カエル》を並べることを目的としたデッキ
 《ブリキンギョ》《簡易融合》が無理なく採用できる。

このデッキの弱点

特殊召喚へのメタ

 エクシーズ召喚を中心にしている以上、その系統のデッキ全てに言える事だが特殊召喚を封じられると何もできなくなる。
 よく見るカードでは《ライオウ》《虚無空間》がこれに当たるので、そこは汎用除去カードでしっかりと対策しておきたい。
 さらに、構築そのもの自体が《バハムート・シャーク》一点に頼ったものであるため、相手の妨害が《バハムート・シャーク》だけに集中するとデッキ自体が上手く機能しないこともある。
 そのため、《バハムート・シャーク》が欠けてもある程度は戦えるよう、あまり《バハムート・シャーク》に頼りすぎない構築を心がけたい。

除去カード・打点の不足

 このデッキは何度も言うように《バハムート・シャーク》を戦術の要にそこからモンスターを展開していくため、打点が不足しがちである。
 除去もこのデッキではほぼ《No.101 S・H・Ark Knight》などに頼りきりなので、そこを封じられると【Sin】などの高打点デッキ相手には苦戦を強いられるだろう。
 汎用除去カード、汎用エクシーズモンスターでの対策はもちろんのこと、そのようなデッキと対戦する時は【ロックバーン】の戦術で戦うなど、上手く対処したい。

エクストラデッキ破壊

 《轟雷帝ザボルグ》《浮幽さくら》などによってエクストラデッキから根こそぎ《バハムート・シャーク》《餅カエル》除去されると途端にデッキのコンセプトが崩壊する。
 《餅カエル》墓地へ送られた場合、サルベージを行う効果があり、自身を回収することである程度カバーが効くが《浮幽さくら》によって除外されてしまうとそれすら発動できない。
 《浮幽さくら》【ABC】の切り札である《ABC−ドラゴン・バスター》対策としてもサイドデッキに投入されていることが多いため注意したい。

このデッキの歴史

第9期(2014年〜2017年)

 インベイジョン・オブ・ヴェノムにて高攻撃力・凶悪な制圧効果除去された時のリカバリー効果と非のつけどころのない《餅カエル》が登場。
 それに伴い、このデッキはとにかく《餅カエル》を何度も特殊召喚する効果に特化したパーミッションデッキへと変化を遂げた。
 《餅カエル》無制限カードだった時代には《バハムート・シャーク》での特殊召喚の選択肢が実質的にほぼ一択となっており、17/01/01にてあちらが制限カードとなるまでは、このデッキに他の候補モンスターはほぼ投入されない事態が続いた。
 また、魚族サポートカード《ダブルフィン・シャーク》等制約のあるモンスターを採用せず、ガエルやそのサポートカードなどレベル水属性水族を採用して《餅カエル》とのシナジーを重視した構築も可能。
 ギミックがエクストラデッキ内で完結するため、《E・HERO バブルマン》が中心のHEROと混合し、《M・HERO ダーク・ロウ》《餅カエル》を並べる出張構築も存在した。

第10期(2017年〜2020年)

 新マスタールールが施行され、エクストラデッキからモンスター特殊召喚する場合、原則としてエクストラモンスターゾーンにしか出せなくなった。
 これにより、《バハムート・シャーク》エクストラモンスターゾーンに出しても効果を使用できず、単体では機能しないモンスターとなってしまった。
 下方向に2つ以上のリンクマーカーを持ったリンクモンスターリンク召喚するか、《バハムート・シャーク》メインモンスターゾーンに移動する必要があった。
 その後、相性の良い《マスター・ボーイ》が登場したり、《餅カエル》制限解除されたりなど後押しもあったが、やはり基本の動きに手間が必要な分だけ弱体化したのは否めなかった。

第11期(2020年〜)

 マスタールール(11期)が施行され、第9期以前の様にエクストラデッキから直接エクシーズモンスターメインモンスターゾーンに出せるようになった。
 これによりかつての機動力を取り戻し、更に第10期末に《カッター・シャーク》などの相性の良いカードも複数登場した。
 第11期の開始と同時に《餅カエル》が再び制限指定を受けたが、総合的には第10期よりも大きく強化されたと言えるだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告