【ペンギン】

デッキの概要

 水属性で統一されたペンギンを中心としたビートダウンデッキ
 バウンス効果によるコントロールをしつつ、エクシーズ召喚シンクロ召喚リンク召喚を狙う。

《大皇帝ペンギン/The Great Emperor Penguin》
効果モンスター
星5/水属性/水族/攻1800/守1500
このカードをリリースして発動する。
自分のデッキから「大皇帝ペンギン」以外の
「ペンギン」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚する。
《否定ペンギン/Nopenguin》
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1600/守 100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
「ペンギン」カードの効果でフィールドから手札に戻るカードは手札に戻らず除外される。
(2):このカードが墓地に存在し、
「ペンギン」モンスターの効果が発動した時に発動する。
このカードを特殊召喚する。
《極氷獣ポーラ・ペンギン/Glacial Beast Polar Penguin》
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ペンギン
 基本となるモンスターは、特殊召喚効果を持つものとバウンス効果を持つものになる。

水属性または水族モンスター

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター
 《大皇帝ペンギン》効果ペンギンレベル配分から、ランク4と3が中心になりやすい。

シンクロモンスター
 ペンギンにはレベルチューナー《極氷獣ポーラ・ペンギン》が存在する。
 《大皇帝ペンギン》効果から直接出せる範囲はレベル4〜7に限定されるが、予め墓地《否定ペンギン》が存在すればそれ以上のレベルも出せる。
 レベル6は《否定ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》の組み合わせで出せるのでなるべく採用しておきたい。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

水属性または水族、またはその両方に対応するサポートカード

―その他のカード

戦術

 《大皇帝ペンギン》などでモンスターを並べ、エクシーズ召喚などによってアタッカーを出していく。
 バウンス効果を持つペンギン《否定ペンギン》の併用で、除外による除去もこなせる。

このデッキの弱点

 ペンギン自体のステータスは貧弱なため、エクシーズ召喚などを封じられると非常に厳しい。
 各種素材の展開・アタッカーの確保・除去の全てに特殊召喚が絡むため、特殊召喚を封じられるとほとんど何もできなくなってしまう。
 特にエクストラデッキを直接破壊してくる《轟雷帝ザボルグ》を持つ【帝王】は天敵となる。

このデッキの歴史

 2011年に《大皇帝ペンギン》の登場と同時にペンギンカテゴリが成立し、デッキが構築可能になった。
 2014年の《否定ペンギン》の登場によりバウンス除外に変換する戦術が確立され、アドバンテージを得やすくなる。
 2020年にはペンギン初のチューナーである《極氷獣ポーラ・ペンギン》が登場し、除外戦術の強化に加え、シンクロ召喚も取り入れやすくなった。

代表的なカード

関連リンク

広告