カード名

 カードの名前が表示されています。
 ルール上ではイラストが違っていても、カード名が同じならば同じカードとしてカウントします。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • OCGTCGの差異を是正するため変更が多い英語名と異なり、日本語のカード名の変更は極めて稀である。
    発売後に変更された例は下記の4例しかなく、いずれも読みは変わらず、漢字のみの変更、または半角スペースの追加とわずかな違いに留まる。
    また、特殊な事例としては、発売前に公式から漢字の訂正が入った《機動砲塁 パワー・ホールド》が存在する。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメで登場しその後OCG化される場合、カード名が変更されることがある。
    理由としてはサポートカードの都合等と思われるが、単なる記号の追加や削除など変更理由が謎なものも多い。
    また、同アニメ中で同じカード名であっても効果カードの枠自体が変更される場合があるが、これらは基本的に変更後の効果カードの枠を軸にしてOCG化される。
  • カードが作中で映らなかった場合、正式名称が判明しないままである事も多い。
    こういったカードは、ゲーム作品やアニメサイトなどで初めてカード名が判明するのも珍しくない。
    例えば、装備魔法黒の魔法槍(ブラック・スピア)》や《呪符竜》は放送から10年経った後で(海外の)アニメサイトで公開され、正式なカード名が判明した。
    なお、当Wikiではそういった未判明のカードはアニメの字幕等に書かれた名前で記載している。
  • アニメDMの初期の頃には、OCGで付いているルビがない場合があった。
    また、以前は台本に振り仮名が打たれていなかったのか、カード名の漢字をそのまま読まれてしまう事があった(「じばくれい」・「せんぼんナイフ」等)。
  • 極めて珍しい例としては公式サイトでのみ断片的な情報が書かれていた《ZW−弩級兵装竜王戟》が該当する。
    もはや没設定とも呼ぶべき代物だが、これすらもOCG化に至っているあたり、カード名さえ明かされれば何がOCG化されても不思議でないとも言える。
  • アニメARC-Vの「遊矢vs零児」(3戦目)では同1戦目と同じアクションフィールド魔法デュエル前に使用している。
    しかし、何故か《アスレチック・サーカス》であったカード名が《エンタメ・コロッセオ》に変化していた。
    アニメ・漫画でカード名を述べる際に細かなミスが生じることは幾度かあるが、全く異なるカード名を述べるのは異例である。
  • アニメVRAINSは、高度なネットワーク社会が築かれてる世界なためか時折インターネット画面が映されるのだが、ネット掲示板のハンドルネームや広告のバナーに実在するカード名の捩りが使用されてることが多い。

関連カード

―カード名が変更されたカード

変更後のカード名変更前のカード名
《仮面魔士》《仮面魔師》
《墓りグール》《墓りグール》
《氷結界の番人 ブリズド》《氷結界の番人ブリズド》
《氷結界の虎王 ドゥローレン》《氷結界の虎王ドゥローレン》

テキストに記載された特定のカード名を参照するカード

※「○○記されたカード」を指定するカードについてはテキストを参照。
※「○○のカード名が記されたカード」そのものの一覧は各カードのページの「関連カード」の項目もしくはサポートカードを参照。

―「○○のカード名記されたカード」を指定するカード
 (《ティマイオスの眼》は厳密には異なるが、実質的にはこれに近いので記載)

参照される側のカード名(○○の部分に該当)参照するカード
《E・HERO ネオス》《E・HERO ブレイヴ・ネオス》
《クィーンズ・ナイト》
《キングス・ナイト》
《ジャックス・ナイト》
《Joker's Wild》
《青眼の白龍》
《青眼の究極竜》
《ビンゴマシーンGO!GO!》
《ブラック・マジシャン》《マジシャンズ・ロッド》
《黒の魔導陣》
《黒魔術の継承》
《魂のしもべ》
《竜騎士ガイア》《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》
《魔道騎竜カース・オブ・ドラゴン》
《アルバスの落胤》《烙印の気炎》
《古代の機械巨人》《古代の機械素体》
《サイバー・ドラゴン》《アーマード・サイバーン》
《サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー》
《神炎皇ウリア》
《降雷皇ハモン》
《幻魔皇ラビエル》
《暗黒の招来神》
《七精の解門》
《人造人間−サイコ・ショッカー》《魔鏡導士サイコ・バウンダー》
《宇宙の法則》
《聖光の夢魔鏡》
《闇黒の夢魔鏡》
《夢魔鏡の夢語らい》
《ハーピィ・レディ三姉妹》《ハーピィ・オラクル》
《ハーピィ・パフューマー》
《ブラック・マジシャン・ガール》《黒魔術の継承》
《魂のしもべ》
《ラーの翼神竜》《ガーディアン・スライム》
《ワイト》《ワイトベイキング》
《Dragoon D−END》
D−HEROモンスター
《ブレイク・ザ・デステニー》
《スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・シンクロン》
《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》
《光来する奇跡》
《スターダスト・イルミネイト》
《セイヴァー・アブソープション》
《セイヴァー・ミラージュ》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》《ロクスローズ・ドラゴン》
《薫り貴き薔薇の芽吹き》
《化石融合−フォッシル・フュージョン》《風化戦士》
《フリント・クラッガー》
《新生代化石マシン スカルバギー》
《コアキメイルの鋼核》《コアキメイル・サプライヤー》
《シュトロームベルクの金の城》《シュトロームベルクの金の城》
《ダーク・フュージョン》《E−HERO アダスター・ゴールド》
《天空の聖域》《天空神騎士ロードパーシアス》
《代行者の近衛 ムーン》
《天空の聖水》
《トゥーン・ワールド》《トゥーンのしおり》
《バスター・モード》《サイキック・リフレクター》
《バスター・スナイパー》
《バスター・リブート》
ブラック・マジシャンモンスター《ティマイオスの眼》

関連リンク

広告