炎属性(ほのおぞくせい)/FIRE

 水属性と対極にある「赤」をカラーとする属性
 種族炎族がメインとなっている。

 神属性を除いた全属性の中でモンスターの数が最も少なく、サポートカードもまた少ない。
 数少ないサポートカードの中でも頭ひとつ抜けた性能を持つ《真炎の爆発》《フレムベル・ヘルドッグ》の存在から、この属性モンスターは「守備力200か否か」が採用基準になることも多い。
 一方で、【炎属性】でありながらこれらを採用しない【インフェルノイド】等が環境に姿を見せることもある。
 第10期に新登場したサイバース族には近年珍しく新種族ながら炎属性モンスターが多く、中でも【サラマングレイト】は燎原の火の如く急成長し、2019年の世界大会を席巻する勢いを見せた。
 また、最多の種類を誇る戦士族でも第10期後半頃から戦士族・炎属性に関するカードが多数登場するようになり、炎属性に属する事がメリットとなっている。
 

 属性の特徴として、「炎」は「火力」のイメージを持つためか、効果ダメージを与えるカードが多い。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等のモンスターだけでなく、《バックファイア》等のサポートカードにもその傾向が見られる。
 フレムベルヴォルカニックは、このイメージが反映されたカテゴリだと言える。
 霊術など、各属性で固有効果が異なる場合、炎属性関連には高確率でバーンが割り当てられる。
 

 また「自分の体を焼き払い、新たな体を生み出す」という伝承を意識してか、第8期以降は自分カード破壊する効果破壊された時に効果発動するものが多くなっている。
 (前者はメタルフォーゼ、後者は《アップル・マジシャン・ガール》《Emヒグルミ》炎王が合致する。)
 その他、開祖となる《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》の影響からか、能動的に相手フィールド送りつけられるものも全体数の割合から見ると多い。

関連リンク

―現在禁止カードである炎属性モンスター

―現在制限カードである炎属性モンスター

―現在準制限カードである炎属性モンスター

―炎属性に関連する効果を持つカード

―素材に炎属性を指定するモンスター

―炎属性トークン

―炎属性罠モンスター

―炎属性のチューナー

―炎属性のペンデュラムモンスター

―炎属性の融合モンスター

―炎属性の儀式モンスター

―炎属性のシンクロモンスター

―炎属性のエクシーズモンスター

―炎属性のリンクモンスター

―炎属性のシリーズモンスター

―炎属性メタ

―その他のリンク

広告