《パワー・ツール・ドラゴン/Power Tool Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2300/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
デッキから装備魔法カードを3枚選んで相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
相手が選んだカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードをデッキに戻す。
また、装備魔法カードを装備したこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカードに装備された装備魔法カード1枚を墓地へ送る事ができる。 

 RAGING BATTLEで登場した地属性機械族シンクロモンスター
 デッキから装備魔法サーチする起動効果装備魔法を身代わりにする永続効果を持つ。

 毎ターン装備魔法サーチでき、その度1枚のアドバンテージを得られる。
 サーチしたいカードが必ず手札に加えられるとは限らないが、同名装備魔法を3枚選択すれば、そのカードを加えられる。
 モンスター効果の発動のためにはデッキに3枚以上装備魔法が残っている必要がある。
 多数の装備魔法デッキに投入すれば、それでデッキのバランスが崩れる危険が大きい。
 とはいえ、シンクロ素材は特に指定がないので、【装備ビート】等3枚以上装備魔法が入っているデッキならば、エクストラデッキに投入する価値は十分あるといえる。

 また、装備していれば破壊を免れる事ができるので、このカード除去されて装備魔法分のディスアドバンテージを負う危険性は少ない。
 《リミッター解除》などの自壊を回避することもできるが、破壊以外の効果には注意。
 《次元幽閉》等の除外《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の存在には特に気をつけたい。
 一応、効果《D・D・R》サーチしておけば、除外時も対応できる。

 強化以外にも装備魔法には様々なものが存在し、使い道は広い。
 《D・D・R》《戦線復活の代償》など蘇生帰還系のカードはその筆頭である。
 1ターンキル系統のデッキの場合、鍵となる装備魔法を3枚デッキに投入しておく事で確実なサーチが可能となる。
 【デュアル】では《スーペルヴィス》【植物族】では《薔薇の刻印》サーチできる。
 【ディフォーマー】においては《ダブルツールD&C》を共有できるため相性が良い。
 《シンクロ・ヒーロー》《降格処分》サーチし、シンクロ召喚レベル調整をサポートする手もある。

 装備魔法を毎ターン、安定して供給したいなら《リサイクル》を使って装備魔法を毎ターン戻しても良いだろう。
 《団結の力》等、単体でも機能する装備魔法を少しだけ投入しておくのも手である。
 《悪魔のくちづけ》ならばサーチ対象を確保しやすく、ドロー阻害のデメリットを解消できるため相性が良い。
 《パワー・ブレイク》《ヴァイロン・マター》装備魔法を回収するのも良い。

  • 「パワーツール」とは、英語で「電気工具」の事。
  • アニメでは以下の効果だった。
    1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
    自分のデッキからランダムに装備魔法カード1枚を手札に加える事ができる。
    また、装備魔法カードを装備したこのカードが破壊される場合、
    代わりにこのカードに装備された装備魔法カード1枚を墓地へ送る事ができる。
    デュエルディスクが自動的に選んでくれるアニメならともかく、この効果では装備魔法だけをランダムに選ぶことが難しいので変更となった。
    OCGではある程度サーチするカードを選べるが、デッキ装備魔法が3枚無ければ効果発動できない。
  • シンクロ召喚の際の台詞は「世界の平和を守るため、勇気と力をドッキング!シンクロ召喚!愛と正義の使者、《パワー・ツール・ドラゴン》!」
    「龍亞vsミシェル」戦でのみ「地球の平和を守るため〜」と言っていた。
  • 第5期のOPのタイトルのバックになっている6体の竜の内、5体は3DCGなのに対し、このカードだけ2Dである。
    小野監督曰く、「使用頻度が少ないから作らなかった」との事。
  • アニメでは3DCGが無いのに対し、TAG FORCEシリーズでは召喚ムービーが存在する。
    この事からアニメとゲームでCGが使いまわされていない事がわかる。

関連カード

―《パワー・ツール・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:装備魔法カードサーチする効果起動効果装備魔法カードを代わりに墓地へ送る効果永続効果です。(09/02/19)

Q:デッキ装備魔法が3枚存在しない場合に効果発動することはできますか?
A:できません。(09/02/14)

Q:デッキから選んだ装備魔法相手確認させるのはいつですか?
A:相手ランダムに選ぶ前に選択した3枚を確認させ、その後に選ばれたカードデッキ戻すカード公開する必要はありません。(10/10/06)

Q:このカードに装備された相手コントロールする装備魔法を身代わり効果墓地へ送って使用することはできますか?
A:はい、できます。(09/04/02)

Q:装備カードを装備した《パワー・ツール・ドラゴン》が、《ブラック・ローズ・ドラゴン》などの全体破壊効果で同時に破壊される場合、《パワー・ツール・ドラゴン》の身代わり効果は使えますか?
A:このカードと装備カードが同時に破壊される場合は身代わり効果は使えません。(09/03/09)

Q:《マクロコスモス》適用中にこのカードが破壊される場合、装備魔法除外される場合でも、身代わりにする効果は適用できますか?
A:はい、装備魔法除外されますがその場合でも効果は適用されます。(09/03/26)

Q:《アームズ・エイド》ユニオンモンスター破壊無効にする効果墓地へ送ることはできますか?
A:《パワー・ツール・ドラゴン》に《アームズ・エイド》ユニオンモンスターが装備されている時に、《パワー・ツール・ドラゴン》が破壊される場合、代わりに《アームズ・エイド》又はユニオンモンスター墓地へ送る事ができます。(09/03/26)

Q:装備カード扱いの《暗黒魔族ギルファー・デーモン》破壊無効にする効果墓地へ送り再び装備することは可能ですか?
A:破壊の後に処理がなければ可能です。(09/07/31)

Q:《パワー・ツール・ドラゴン》が破壊される場合、装備カード扱いになる罠カード《鎖付き爆弾》など)を代わりに墓地へ送ることはできますか?
A:《鎖付き爆弾》等の罠カードが装備されている場合、《パワー・ツール・ドラゴン》が破壊される代わりに、《鎖付き爆弾》等を墓地へ送る事はできません。(09/06/03)

Q:このカード起動効果チェーンして《針虫の巣窟》発動しました。
  《針虫の巣窟》によってデッキ装備魔法が3枚未満になってしまった場合、このカード効果処理はどうなりますか?
A:不発になります。その場合デッキを公開する義務はありません。(10/12/29)

広告