D−HERO(デステニーヒーロー)

デッキの概要

 闇属性戦士族で統一されたD−HEROを軸にしたデッキ
 墓地に関連する効果を持つ下級モンスターを軸に、大型モンスター特殊召喚していく。

《デステニー・ドロー/Destiny Draw》
通常魔法
手札から「D−HERO」と名のついたカード1枚を捨てて発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

デッキ構築に際して

D−HEROモンスターについて

 いずれのD−HEROも、デッキを組むうえでの役割分担が明確化されているのが特徴である。
 逆に言えばモンスター間でのシナジーは薄く、他のカードも取り入れなければ強力なデッキを組むのは難しい。

その他のモンスター

魔法・罠カードについて

デッキの種類

 D−HEROには切り札となるモンスターが複数存在する。
 それらを複数枚使う事も可能だが、いずれにせよ構築段階から戦術を明確にしておきたい。

《D−HERO ドグマガイ》《D−HERO Bloo−D》

 3体のリリースが必要な最上級D−HEROを軸としたタイプ。
 一般的な【D−HERO】のフィニッシャーとして両方を使うタイプと、召喚条件が軽い《D−HERO Bloo−D》に特化したタイプに分けられる。
 後者に関しては【Bloo−D】を参照。

 リリース用に《ダンディライオン》《スケープ・ゴート》等のモンスタートークン生成カードを採用する。
 《D−HERO ドグマガイ》リリースには最低1枚のD−HEROが必要な点に注意。
 これに関しては《ヒーローアライブ》《E・HERO プリズマー》リクルートしてD−HERO扱いにしつつ、《戦士の生還》《オーバー・デステニー》に繋ぐと良い。
 展開手段をレベルモンスターで固めれば、リリースが足りない場合《ズババジェネラル》を代わりにエクシーズ召喚できる。
 《D−HERO ドグマガイ》を装備すれば5400と破格の数値を得られるため、もうひとつのフィニッシャーとなりうる。

《D−HERO ドレッドガイ》

 他2種の最上級D−HEROと違い、召喚制限がないモンスター
 専用サポートカードとして《幽獄の時計塔》があるが、高速化した現環境では使用に若干難が出てきている。
 使用する場合は《D−HERO ドレッドサーヴァント》《エターナル・ドレッド》カウンターを乗せた後、全体除去に巻き込むと良い。

 前者の場合、《トレード・イン》を共有できる《古代の機械巨竜》《歯車街》が利用できる。
 後者は《デブリ・ドラゴン》から《D−HERO ドレッドサーヴァント》蘇生し、《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚すると効率的。
 《幽獄の時計塔》だけでなく、《D−HERO ダッシュガイ》《D−HERO ドゥームガイ》等で特殊召喚する手段も用いたい。
 召喚後は高い攻撃力を持たせる為、《D−HERO ダイヤモンドガイ》《D−HERO ダッシュガイ》複数を場に留めておく。
 特殊召喚した後に《オーバー・デステニー》《つり天井》《激流葬》等を発動するコンボも有効。

【Dragoon D−END】

 融合モンスター《Dragoon D−END》を軸としたビートダウン
 詳しくは該当ページを参照。

【ダイヤモンドガイ】

 《D−HERO ダイヤモンドガイ》を軸としたコントロールデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

デッキの派生

【デステニーライダー】

 フィニッシャーとして《光と闇の竜》を投入したビートダウン
 詳しくは該当ページを参照。

このデッキの弱点

 D−HERO墓地に関連する効果が多く、特殊召喚を多用するので除外特殊召喚封じに弱い。
 下級D−HEROステータスが低く戦闘破壊されやすい他、《スキルドレイン》《魔のデッキ破壊ウイルス》等も脅威。
 D−HERO闇属性戦士族で統一されており、それらの天敵である《聖なるあかり》《サイファー・スカウター》等も厄介。
 とはいえ、《D−HERO Bloo−D》の先出しやエクシーズモンスターで対処は可能なので、むしろこれらを狙う除去等に注意したい。

このデッキの歴史

 ENEMY OF JUSTICEで初登場した際はカードの種類が少なかったが、POWER OF THE DUELISTデュエリストパック−エド編−にて大幅に強化された。
 特に《D−HERO ディスクガイ》《D−HERO ディアボリックガイ》は単体でも強力なカードであり、《デステニー・ドロー》はそれらを強固にサポートしていた。
 【ドグマブレード】等の純然なD−HEROではない強力なデッキが登場し、D−HEROデッキの核となるこれらのカードが次々と規制されていった。
 運命をあやつるD−HERO制限改訂という運命に翻弄され続け、純粋なD−HERO使いは大きな被害を被った。
 現在は《デステニー・ドロー》が制限解除されている。

代表的なカード

関連リンク

広告