DD(ディーディー)

デッキの概要

 週刊少年ジャンプ(2014年36号) 付属カードで登場したDDと名のついた悪魔族とそのサポートカード契約書を中心としたビートダウンデッキ
 契約書DDをサポートし、特殊召喚効果を利用した大量展開で相手を圧倒する。
 ダメージを受けるデメリットのあるカードも多いため、いかにダメージを減らすかも問題となる。

《DDスワラル・スライム/D/D Swirl Slime》
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 200/守 200
「DDスワラル・スライム」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
「DDD」融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。
《DDD神託王ダルク/D/D/D Oracle King d'Arc》
融合・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2800/守2000
「DD」モンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分にダメージを与える効果は、自分のLPを回復する効果になる。
《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》
融合・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻2800/守2400
レベル5以上の「DD」モンスター+「DD」モンスター
「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分ターンに魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
《地獄門の契約書/Dark Contract with the Gate》
永続魔法
「地獄門の契約書」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「DD」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

DD下級モンスター

DD上級モンスター

DD最上級モンスター
 《DDD制覇王カイゼル》以外はペンデュラムモンスターである。

DD以外のモンスター

エクストラデッキについて

DDDモンスター
 DDモンスター契約書効果を利用すれば容易に特殊召喚でき、このデッキの主力となる。

DDD以外のエクストラデッキモンスター
 ここでは、【DD】とのシナジーがある程度期待できるモンスターに絞って紹介する。

魔法・罠カードについて

DDサポートカード

―相性の良い魔法・罠カード

戦術

基本的な動き

 《地獄門の契約書》で状況に合わせたDDサーチして以下の展開方法に繋げていくのがこのデッキの基本戦術となる。
 初手の状況によっては《DD魔導賢者ケプラー》効果《地獄門の契約書》サーチする必要もある。
 《DDスワラル・スライム》墓地肥やしを行いつつ展開を行えるために特に優先してサーチしておきたい。
 

その他の動き

デッキの種類

レベル7ペンデュラム召喚(《DDD制覇王カイゼル》)軸

 《DDプラウド・オーガ》を利用した《DDD制覇王カイゼル》《DDD反骨王レオニダス》《霞の谷の巨神鳥》等のレベルモンスターペンデュラム召喚を主力とするデッキ
 《DDプラウド・オーガ》《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》ペンデュラム効果を合わせると《DDD制覇王カイゼル》攻撃力4100での3回攻撃となり容易に1ターンキルが狙える。

レベル8ペンデュラム召喚軸

 スケール10の《DD魔導賢者ニュートン》《DD魔導賢者ケプラー》によりDDレベルモンスターを展開するデッキ
 DDレベルモンスターは現在3体のモンスターが該当し、《トレード・イン》等のドローソースに対応している。
 ペンデュラム召喚以外にも《DD魔導賢者トーマス》によるリクルート《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》による蘇生と柔軟に対応できる。

デッキの派生

【メタビート】型

 《スキルドレイン》《虚無空間》といった妨害系の永続罠を採用した【メタビート】寄りの構築。
 相手ターンはそれらで相手の動きを制限しつつ、こちらのターンではそれらを《誤封の契約書》無効にして展開を行う。
 自分ターンには《誤封の契約書》相手罠カード無効になっており、展開の安定性が大きく増す。
 また、ペンデュラムモンスターを軸にする事で、《虚無空間》自壊をある程度抑える事ができる。

 ただし、本来【DD】自体もこれらのメタ要素が刺さるデッキであり、《誤封の契約書》がない状態でそれらを発動すると、こちらも動きにくくなってしまう。
 また、特殊召喚フィールドでのモンスター効果の発動相手ターン中は少ないといっても、全く行わないわけではない。
 これらに該当する《DDD呪血王サイフリート》《DDD怒濤王シーザー》は使い勝手がかなり変わってくるので、併用する際には細心の注意を払いたい。

このデッキの弱点

 基本的な動きに繋げるうえで蘇生や大量展開を主軸にした構成にする必要があるため、弱点が明確であり以下のメタカードがほぼ全て刺さる
 そのため、それらメタカードが対抗手段が無いまま先攻で出されると最悪詰みかねない。
 なので如何にバランスを崩さずに打開策サイドデッキから投入出来るかが鍵となる。
 環境次第では《タイフーン》《幽鬼うさぎ》除去カードの採用も検討したい。

墓地利用封じ

 墓地DDを利用出来ず、《ダイガスタ・エメラル》《貪欲な壺》等による回収すら出来なくするにする《王家の眠る谷−ネクロバレー》等は厄介。
 特に《マクロコスモス》適用されてしまうと墓地カードが少なくなりやすいので効果を十分に発揮できず、アドバンテージの獲得に繋がらない状況を招くので劣勢に陥りやすい。
 加えて《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》闇属性なので墓地発動まで封じる《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》は要注意。

蘇生封じ

 基本的な動きに繋げるうえで《DDラミア》DDDモンスター等を蘇生するプレイングが求められるため、《王家の眠る谷−ネクロバレー》《王宮の牢獄》等の蘇生メタカードがあると、身動きが取れなくなる。

特殊召喚封じ

 大量展開や蘇生を主軸にした構成にする以上、《虚無魔人》などの特殊召喚メタカードは厄介。
 加えて《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》闇属性なので展開を封じる《コアキメイル・ドラゴ》の存在を許してしまうとこちらの挙動が大きく制限されてしまう。
 とはいえ【メタビート】型 の項にもあるように《虚無空間》の場合は《誤封の契約書》無効にして展開を行うことが出来るので、併用する際には基本的な動きを阻害しないプレイングが求められる。
 

エクストラデッキ封じ

 アタッカーフィニッシャー基本的な動きを行う上でエクシーズモンスターシンクロモンスターを多用したプレイングが求められる程、エクストラデッキへの依存度が高いデッキなので、《浮幽さくら》を始めとするエクストラデッキメタカード相手も厄介。
 特に《真帝王領域》《轟雷帝ザボルグ》を有する【帝王】等は天敵といえる。

サーチ封じ

手札誘発、特に汎用性・採用率共に高い《灰流うらら》《地獄門の契約書》を起点としたサーチを封じるため、天敵といえる。
こちらに及ぶ影響や被害を最小限度に抑えつつ基本的な動きに持ち込むプレイングを心掛けるのが基本だが、状況に応じてこちらも手札誘発カードを採用し、なるべく相手だけに一方的に動かれない様にしたい。

契約書の管理

 【メタビート】型 の項に限らず、このデッキでは契約書を用いて基本的な動きを補助していくプレイングが求められる。
 なので相手から《サイクロン》《幽鬼うさぎ》などで契約書破壊されてしまうとその後の展開が厳しく制限されるので、対策は必要となる。
 また契約書によるダメージも決して小さくなく、対策なしで放置しておくとライフポイントがどんどん削られていきそのまま敗北しかねない。
 一方、逆に相手契約書破壊を妨害されても自爆してしまうので、対策が必要となる。

このデッキの歴史

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜)

 新マスタールールが施行され、エクストラデッキからモンスター特殊召喚する場合、原則としてエクストラモンスターゾーンにしか出せなくなった。
 既存の動きができなくなったため、エクストラデッキからの連続特殊召喚の動きを大幅に変える必要がでた。
 具体的には、エクストラモンスターゾーンDDを各種素材として墓地へ送りながら更なるエクストラデッキからの特殊召喚を行い、豊富な蘇生手段でそれを蘇生する等が考えられる。

関連リンク

広告