【インフェルノイド】

デッキの概要

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場したインフェルノイドを中心としたビートダウンデッキ
 インフェルノイド《インフェルノイド・デカトロン》を除き全て特殊召喚モンスターであり、自分フィールド効果モンスターレベルランク合計が8以下の場合に手札または墓地インフェルノイドモンスター除外して特殊召喚する効果を有する。
 特殊召喚コスト重い代わりに個々のカードパワーが高く、墓地さえ肥えていれば容易く戦況を傾けられる程の爆発力を秘めている。

《インフェルノイド・デカトロン/Infernoid Decatron》
チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/悪魔族/攻 500/守 200
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「インフェルノイド・デカトロン」以外の
「インフェルノイド」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルをそのモンスターのレベル分だけ上げ、
このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
《インフェルノイド・アドラメレク/Infernoid Attondel》 
特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻2800/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの全ての効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時、
自分の手札・墓地から「インフェルノイド」モンスター2体を
除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《インフェルノイド・ネヘモス/Infernoid Onuncu》 
特殊召喚・効果モンスター
星10/炎属性/悪魔族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの全ての効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時、
自分の手札・墓地から「インフェルノイド」モンスター3体を
除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカード以外のフィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし除外する。
《煉獄の死徒/Void Seer》
速攻魔法
(1):自分フィールドの「インフェルノイド」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のモンスターは相手の効果を受けない。
(2):自分フィールドの「インフェルノイド」モンスターが効果で破壊される場合、
その破壊されるモンスター1体の代わりに墓地のこのカードを除外できる。
《煉獄の狂宴/Void Feast》
通常罠
(1):手札及び自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードの中から
「煉獄」魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
レベルの合計が8になるように、デッキから
「インフェルノイド」モンスターを3体まで選んで召喚条件を無視して特殊召喚できる。

デッキ構築に際して

強力な効果を持つ上級最上級インフェルノイド手札墓地インフェルノイド除外して自身を蘇生できる効果を持つ。
手札から除外するとカード消費が激しく、墓地を肥やすカードを多めに採用し、墓地除外をメインに運用することになる。

メインデッキモンスターについて

 インフェルノイド特殊召喚コストインフェルノイドを要求するので、基本的にインフェルノイドモンスターは多めに積んでおきたい。
 ただし、むやみに比率を高くしすぎるとスムーズに墓地を肥やすのが難しくなる恐れがあるため、単に可能な限り採用するのではなく、ある程度の調整が必要となる。

インフェルノイドモンスター

インフェルノイド以外のモンスター
 墓地インフェルノイドが溜まらなければ、最上級インフェルノイド特殊召喚しにくいため、インフェルノイド墓地へ送るためのモンスターを中心に採用するといい。
 しかし、あまりにも多く採用しすぎると、インフェルノイド特殊召喚が難しくなってしまう点には注意したい。
 召喚に成功した時に効果を発揮するものやリバースモンスター《名推理》《モンスターゲート》との相性が悪く、採用枚数は気を付けたい。

エクストラデッキモンスターについて

 カテゴリの全てのモンスター特殊召喚可能なこのデッキにおいては比較的容易にシンクロ召喚エクシーズ召喚を狙うことができる。
 ただし、インフェルノイドの性質上、レベルの合計が減らないシンクロモンスターは相性が悪く、基本的にはレベルの合計を減らすエクシーズモンスターを優先したい。
 《インフェルノイド・ルキフグス》《インフェルノイド・アスタロス》デメリットを補える点を考慮し、エクシーズモンスターランク3・4を中心に採用すると良いだろう。
 インフェルノイドを多めに投入しているなら、《煉獄の狂宴》《インフェルノイド・デカトロン》と任意のインフェルノイドリクルートすることで、ランク7までのエクシーズ召喚が狙える。
 なお、効果を持たないエクシーズモンスターシンクロモンスターならインフェルノイドの展開を阻害しないため、併用できる。
 レベルランクを持たないリンクモンスターも併用しやすく、効果を持つものでも良い。

融合モンスター

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

リンクモンスター
レベルランクを持たないリンクモンスターは、インフェルノイドにとって展開を阻害することなく打点を稼ぐことが可能な存在である。

魔法・罠カードについて

 基本的には、墓地を肥やすためのカードがメインになる。
 インフェルノイドサポートカード煉獄というカテゴリがあるが、汎用性の高いものが少ないのが難点。
 墓地に落ちることも多いため、重要視されるのは少なく、有用なのは墓地発動できる《煉獄の死徒》ぐらいのため、無理に多く採用する必要はない。

煉獄魔法・罠カード

煉獄以外の魔法・罠カード

戦術

 序盤はインフェルノイド墓地を満たすために、墓地を肥やすためのカードを運用する。
 墓地が肥えたところで状況に合わせた高レベルインフェルノイド特殊召喚し、高い攻撃力モンスター効果ボード・アドバンテージを取り返し、フィールドを制圧する。
 墓地へ送られても手札バウンスされても、コストさえあれば何度でも特殊召喚できるのがこのデッキの強みである。

デッキの種類

【芝刈りノイド】

 デッキ枚数を上限の60枚にすることで、《隣の芝刈り》による大量墓地肥やしを狙う構築。
 出来る限り序盤に《隣の芝刈り》発動したいので、3積みした上に《左腕の代償》も採用して可能ならば初手に引き当てたい。
 この際、インフェルノイドの採用枚数を増やすことで《名推理》《モンスターゲート》による大量墓地肥やしも行いやすくなる。
 インフェルノイド以外のモンスターでは、墓地肥やしを行えるライトロード墓地アドバンテージを有効利用できるものを採用したい。
 特に、《妖精伝姫−シラユキ》は防御とインフェルノイド効果コストを兼ねつつ、フィールドの状況に関わらず墓地魔法・罠カードを使って蘇生できるため抜群の相性を誇る。
 魔法・罠カードではインフェルノイドを増やすことで柔軟な特殊召喚が可能な《煉獄の狂宴》サーチコスト用の《煉獄の消華》墓地発動可能な《ブレイクスルー・スキル》等を投入するのが良い。
 完成すれば、何度除去されてもしぶとく蘇生して相手墓地利用を邪魔できるインフェルノイド達の布陣が築き上げられる。

このデッキの弱点

 《インフェルノイド・デカトロン》以外のインフェルノイドモンスターが全て特殊召喚モンスターであるが故に、特殊召喚封じに滅法弱い。
 また特殊召喚墓地インフェルノイド除外することが多いので、墓地封じにも除外封じにも弱く、《虚無空間》《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》は天敵になる。
 うまく特殊召喚できても、そこを《奈落の落とし穴》《激流葬》などで狙い撃ちされては墓地インフェルノイドを無駄に失ってしまう。
 《サイクロン》《煉獄の死徒》などできっちり対抗しよう。

 見かけることは少ないが、墓地へ送った枚数×300ダメージを与えてくる《死霊の誘い》は天敵とも言える。
 大幅な墓地肥やしを行っただけで初期ライフの半分近くは吹っ飛ぶことになるため、エンドカードになりやすい。
 特に【芝刈りノイド】で《隣の芝刈り》発動チェーンされた場合、下手をしたら1枚で8000以上のダメージを食らいかねない地雷となる。

このデッキの歴史

 登場当初は爆発力は高いものの墓地肥やしが安定して行えなかったこともあり、環境では然程注目されなかった。
 その後、新規カードの登場や《モンスターゲート》の規制緩和、更には2015年末にサーチカード《左腕の代償》が登場したことにより安定感が大きく向上。
 これを受けて、2015年末〜2016年の春にかけては時折トーナメントで結果を残すようになった。
 しかし2016/04/01において《モンスターゲート》《名推理》の両方が制限カードに指定されたことで大きくデッキパワーを落とし、環境から姿を消した。
 半年後の2016/10/01《モンスターゲート》準制限カードに復帰、同時期に大幅な墓地肥やしを行える《隣の芝刈り》墓地肥やし効果を持つ《武神帝−カグツチ》を容易に呼び出せる十二獣が登場したことで再びデッキパワーを上げた。
 ライバルの減少した2017/01/01では再び環境で一定の結果を残すようになった。
 しかしマキシマム・クライシスにて強力なメタカード《灰流うらら》が登場。
 《モンスターゲート》《名推理》《隣の芝刈り》など【インフェルノイド】における展開の起点となるカード全てに刺さり、かつ登場と同時に多くのデッキで採用されたため、現在環境で結果を残す事は少なくなっている。

代表的なカード

関連リンク

広告