【トーチ・テンペスト】

デッキの概要

 【ヘルテントーチ】とも呼ぶ。
 《ヘル・テンペスト》キーカードに据え、登場当初は《ネクロフェイス》(現在は壊獣)とのコンボによって相手の戦力を削ぎ落とすのみならず、上手くいけば一瞬で相手デッキを削りきることも出来るデッキ

《ネクロフェイス/Necroface》
効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/アンデット族/攻1200/守1800
このカードが召喚に成功した時、
ゲームから除外されているカード全てをデッキに戻してシャッフルする。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻したカードの枚数×100ポイントアップする。
このカードがゲームから除外された時、
お互いはデッキの上からカードを5枚ゲームから除外する。
《トーチ・ゴーレム/Grinder Golem》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。
このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トーチトークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、
相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。
《ヘル・テンペスト/Inferno Tempest》
速攻魔法
3000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
お互いのデッキと墓地のモンスターを全てゲームから除外する。

コンボについて

 基本的に以下のプランから《ヘル・テンペスト》発動を狙うのが目的である。

 という動きに持っていくのが理想。
 成功すれば、大量のカードデッキから除外される事になる。
 さらに、使用可能なモンスターが、実質お互いフィールド手札に存在するものだけになってしまう。
 この時点で相手デッキ枚数が0枚になれば、次の相手ターンドローフェイズにて勝利することが可能になる。

 ただし、このコンボだけで相手デッキを削りきれる可能性は、さほど高くない。
 実際に使ってみると、相手デッキ内容、発動ターン数にもよるが、相手ビートダウンタイプであっても、コンボ成立後に魔法・罠カード相手デッキに残ってしまう状況が結構ある。
 モンスター20枚、魔法・罠合計20枚の計40枚デッキを例に取れば、《ヘル・テンペスト》モンスターは16,7枚前後、そして《ネクロフェイス》制限カード)で5枚。
 合計でせいぜいよくて25枚程度である。
 それだけ削れば確かに相手にとっては致命傷だろうが、後述の通り、3000のライフロスと3000の攻撃力を持ったモンスターを寄贈しているので、相手デッキが少なくなっても、そのデッキ切れの前にこちらが殴り倒される状況も十分考えられる。
 また最近は、比較的手軽に魔法カードを封殺する《餅カエル》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》《ナチュル・ビースト》等が容易に現れやすい。
 破壊耐性効果を持つ《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》《魔王龍 ベエルゼ》マジェスペクター等も手強い相手である。
 特殊召喚のウェイトが非常に大きいため、モンスター特殊召喚を封印する効果内蔵した《青眼の精霊龍》《虚無魔人》等も要警戒となる。
 それらへの除去を怠っていると肝心のキーカード全く役に立たず、こちらが無抵抗状態で敗北することも十分考えられる。

 一方、最近は【ライトロード】等のモンスター比重の高いデッキも多く存在しているため、《ヘル・テンペスト》効果でより多くのカード除外できる可能性が高まった。
 また《強欲で貪欲な壺》等の採用により大規模な自己デッキ破壊を織り込み、デッキアドバンテージそのものを軽視するデッキが増加している事も追い風と言える。

 それらの相対的要素を理解し、想定してデッキ構築を行わなければこのデッキでの勝利は望めないのである。
 コンボさえ決めれば勝てると思いこんで迂闊にコンボ発動させると、相手デッキを削りきれず、相手フィールド手札モンスターによるラッシュにより敗北することにもなりかねないので注意。
 コンボに最低限必要な手札こそ比較的少ないが、3000のライフロスと、3000の攻撃力を持ったモンスターを寄贈するという莫大な代価を支払うことを見落としてはいけない。
 従って、後述するコンボ発動後のアフターケアが、コンボ発動と等しく重要になる。

 1ターンキルコンボとは言いづらいのは、このためでもある。

デッキ構築に際して

 《トーチ・ゴーレム》《ヘル・テンペスト》積めるだけ積む
 但し《ネクロフェイス》制限カードなので、安定性を求める場合は無理してでも積む必要性は低い。
 一方、壊獣を採用する場合は上記のコンボを実現させる為に《カバーカーニバル》《妨げられた壊獣の眠り》《怒炎壊獣ドゴラン》《壊星壊獣ジズキエル》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》といった相手フィールドに出せる攻撃力3000以上の壊獣積めるだけ積むことが求められる。
 その他のカードに関しては、コンボ発動前の下準備、コンボ発動後のアフターケアを担うカードで構築するのが望ましい。

 【ネクロフェイス】との違いは、《マクロコスモス》《次元の裂け目》のような除外専用カード積まなくても良い点にある。
 《ヘル・テンペスト》でまとめて除外するためである。
 転じて、墓地利用カードを使用しやすいのも、【ネクロフェイス】にはない強みである。

 《トーチ・ゴーレム》《ヘル・テンペスト》だけでなく、《ヘイト・バスター》とも併用でき、相手に3000のダメージを与えることができる。

コンボの下準備

コンボ後のアフターケア

 先にも記したが、コンボが成功しても相手フィールドには攻撃力3000の高攻撃力モンスターが居ることを忘れないで欲しい。
 次のターントーチトークン攻撃されて大ダメージを受けるのは非常にまずい。
 よって、モンスター除去は入れるべきである。
 《トーチ・ゴーレム》壊獣の元々の持ち主自分であることを利用して、《所有者の刻印》《洗脳解除》等でコントロールを奪い返すのも良いし、より汎用性の高い《強制脱出装置》を採用してもいい。
 →【ゴーレム】
 いずれにせよ、相手手札フィールド上に残ったモンスターさえ除去または無力化してしまえば、勝ち手段をモンスターに頼っているデッキの勝機は奪ったも同然である。
 また、自分カード除外されるため、《カオス・エンド》の採用も検討できる。
 特に《カオス・エンド》発動後に《手札抹殺》発動できれば、相手デッキ手札フィールドの全てにモンスターが存在しない事となり、相手蘇生帰還ギミックを発動させなければこれだけでほぼ勝利が確定する。

 あるいは単純に、大量の除外アドバンテージを利用して《原始太陽ヘリオス》で高攻撃力を得て相手フィールド上の《トーチ・ゴーレム》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》攻撃力3000以上の壊獣もろとも殴り倒すのも面白い。
 自分相手を合わせて31枚以上のモンスター除外できれば攻撃力で勝てるので、そのままビートダウンが行える。
 コンボ直前に《マクロコスモス》からあらかじめ特殊召喚しておけば《トーチ・ゴーレム》通常召喚できないデメリット《ヘル・テンペスト》自分モンスター除外されてしまうリスクを無視して1ターンで展開できる。
 《魂吸収》《異次元の偵察機》などの除外を利用するカードを採用するならそれなりに無理なく組み込める。
 《混沌空間》で進化体の《ヘリオス・デュオ・メギストス》《ヘリオス・トリス・メギストス》を用意できれば1ターンキルも視野に入る。
 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》でも高攻撃力は得られるが、《トーチ・ゴーレム》特殊召喚するターン通常召喚ができず、《混沌空間》での特殊召喚にも対応しないので、何らかの特殊召喚ギミックを利用するか、あらかじめフィールド上に維持しておく必要がある。
 そのかわり自分除外カードのみを参照するため、相手の構築に依存しないというメリットもある。
 一方、壊獣を採用する場合は《壊星壊獣ジズキエル》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》相手フィールドに出せる光属性でかつ攻撃力3300なのを利用して、《シャイニング・アブソーブ》《カバーカーニバル》(又は《超カバーカーニバル》)と組み合わせることで相手側の壊獣を処理しつつ相手ライフポイントを6600以上削ることが可能となる。
 別途シンクロ召喚のギミックが必要になるが、《ゼラの天使》アタッカーとしても使え、予めシンクロ召喚して墓地に置いておくだけで勝手に帰還し、仮に効果無効化されても攻撃力が極端に低くなるといった事もない。
 レベル8のシンクロモンスターは層が厚いのでコンボ始動までの戦線維持にもなり、《緊急同調》で奇襲をかけられるのも魅力。
 またトーチトークン等のトークンを使って更なる展開に繋げることも出来る。
 特に新マスタールール導入に伴い登場したリンク召喚リンクモンスター《トーチ・ゴーレム》トークン生成カードを活用する手段と親和性が高いので、相手側の壊獣の処理と相手の動きを拘束とを両立しつつ相手ライフポイントを大幅に削る戦略も可能である。

 除去の他にカウンター罠も採用候補。
 汎用性の高い《神の宣告》《魔宮の賄賂》等は、相手の急所を押さえて、勝利をもたらすのに貢献してくれる。
 ただし、《ヘル・テンペスト》発動前に、何も考えずに《神の宣告》を使うのは危険であるので、注意が必要である。
 回復手段がないと、コンボ発動が不可能になってしまう場合がある。

 《魂吸収》とは相性抜群。
 《ヘル・テンペスト》と組むと一撃20000以上回復することも可能。
 2枚以上張っておけば、ライフ切れの心配はまずなくなる。

 《D.D.ダイナマイト》によって壮絶なダメージを与えて勝利することもできる。
 相手除外カードの枚数が27枚ならば8100ものダメージとなり、1枚だけでほぼ勝利が決まる。
 発動を狙うならば相手除外カードの枚数を頭に入れておく必要があるだろう。
 ただし、27枚以上除外できるかは相手デッキに依存するので、もし確実に決めたいのであれば、最低でも2枚以上は入れておきたい。

このデッキの弱点

 コンボ依存度の高いデッキなので、ある程度の手札事故は覚悟する必要があるが、その肝心のコンボを阻害されると、それだけで敗戦濃厚となってしまう。
 特に阻害されやすいのは、

  1. 《トーチ・ゴーレム》(又は攻撃力3000以上のモンスター)を相手フィールド攻撃表示特殊召喚
  2. トーチトークン自爆特攻3000被ダメージ

又は

  1. 《妨げられた壊獣の眠り》発動
  2. 《カバーカーニバル》発動カバートークン自爆特攻3000被ダメージ

 前述の内、いずれも最初の2つ。
 従って《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》等に除去される。
 《月の書》には《トーチ・ゴーレム》本体又は《妨げられた壊獣の眠り》で出した《壊星壊獣ジズキエル》等が裏側守備表示にされ、《エネミーコントローラー》には2つ目の効果《トーチ・ゴーレム》《壊星壊獣ジズキエル》等をリリースされる。
 《収縮》に至っては、自爆特攻中のダメージステップ《トーチ・ゴーレム》《怒炎壊獣ドゴラン》等に使われると1500ダメージという、中途半端かつ手痛い被害を受けるハメになる。
 いずれも汎用性が高い=遭遇率が高いカードなのが厳しい。
 また壊獣を採用している場合は【ゴーレム】並びに【壊獣】での弱点がこちらにも及ぶので留意したい。

 もちろん他のフリーチェーンで対策されることもある。
 《トーチ・ゴーレム》及び《壊星壊獣ジズキエル》等を特殊召喚という時点でもうこちらが悪巧みをするということが筒抜けであろうから、それを妨害されるのは当然といえる。

 《ヘル・テンペスト》発動に成功した後で、相手《D・D・R》等の帰還カードを握っていた場合、高攻撃力モンスターを呼び戻されて殴り負けるという可能性もある。

 また、【フルバーン】等とも相性が悪い。
 デッキの特性上、あちらもモンスターをあまり投入しないため、《ヘル・テンペスト》であまり多くのモンスター除外できないためだ。
 あっという間にライフ3000以下まで詰められてしまい、コンボ発生さえ許されない可能性もある。
 この場合、コントロールを奪い返すギミックを仕込んでおければ殴り合いで勝つ目が残ってくれる。
 最近では、罠モンスターを主軸とし、《餅カエル》を容易に呼び出せる【バージェストマ】も苦手である。

このデッキの歴史

第5期(2006年〜2008年)

 【ネクロフェイス】の一派生ともいえる形で発祥したデッキであった。
 とはいえ、あちらが除外アドバンテージを活かした「低速デッキ破壊デッキであったのに対し、こちらはデッキ破壊コンボに特化したコンボデッキであった。
 また手札に揃えるべきキーカード《トーチ・ゴーレム》《ヘル・テンペスト》の実質2枚だけでいいので、コンボを決めること自体は比較的簡単であった。

第7期(2010年〜2012年)

 《ネクロフェイス》10/03/01制限改訂により制限カードとなった。
 この結果、コンボデッキとしての威力は大きく落ちてしまった為コンボを決めてもデッキ切れの前にこちらが殴り倒されるケースが増えてしまった。

第9期(2014年〜2017年)

 EXTRA PACK 2016で登場した【壊獣】の登場に伴い、それまでのデッキ破壊コンボ一辺倒から一転、【壊獣】及び【ゴーレム】の戦略要素と折衷したコントロール色重視のデッキ破壊コンボデッキへと変化していった。
 またカードプールの増加に伴い戦術の幅が拡張されたのも大きく、相手側の壊獣を処理しつつ相手ライフポイントを大幅に削り1ターンキルを狙うことも可能となった。

第10期(2017年〜)

 17/04/01制限改訂での《妨げられた壊獣の眠り》規制新マスタールール導入等に伴い、《ヘル・テンペスト》を軸に据えたコンボデッキとしての威力は再び落ちてしまっている。
一方でリンク召喚リンクモンスターの登場に伴い、《トーチ・ゴーレム》トークン生成カードを活用する手段が拡張された結果、相手側の壊獣の処理と相手の動きを拘束とを両立しつつ相手ライフポイントを大幅に削る戦略も可能となった。

関連デッキ

関連リンク

広告