【レベル9】

デッキの概要と歴史

 レベル9は古くからモンスターの層が薄く、有用なサポートカードにも乏しいレベル帯であった。
 また、ランク9の数も少なかったため、長らく「レベル9を中心としたデッキ」を構築する意義も乏しかったと言える。
 しかし、第10期になって汎用性の高いレベルモンスターレベル9のサポートカードが複数登場し、漸くレベル9中心でデッキを組めるようになった。

 「同じレベルモンスター中心のデッキ」と言う観点では【エクシーズ召喚】の各ランクデッキに近い。
 特に上級最上級モンスターが中心と言う点で【ランク5】以上の上級ランクデッキとの共通点が多い。
 相性の良いカードについては【エクシーズ召喚】も参照すると良い。

 なお、レベル9ともなると単体で高い性能を持つモンスターも少なくはない。
 それ故、必ずしもエクシーズ召喚が求められているわけではなく、場合によってはエクシーズ召喚リンク召喚せずにそのまま戦った方が良い事もある。
 当ページのデッキ名も【ランク9】ではなく【レベル9】にしているのはそのためである。

《星遺物の胎導》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。
●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なる
レベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

デッキ構築に際して

 《星遺物の胎導》リクルート《機怪神エクスクローラー》サーチ《星遺物の守護竜メロダーク》サルベージはいずれも「種族属性が異なる」という条件がある。
 これらの効果を重視する場合はなるべく種族属性をばらけさせておきたい。
 一方、種族属性サポートを活用したい場合はある程度固めておき、上記の(特に受動的な後者2枚)の効果は使えれば使う程度に捉えておくのも手。
 構築の段階で方針をはっきりと決めておかないとデッキの動きが鈍るので注意したい。

 この都合上、当ページではレベル9(またはレベル9になれる)モンスター属性種族を表示しておく。

メインデッキモンスターについて

―主なレベルモンスター

レベル9以外のモンスター
 レベルモンスターだけでは手札事故は必至なので、これらも採用しておくのが無難。

エクストラデッキについて

エクシーズモンスター

シンクロモンスター

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

デッキの種類

【機械族】

 上述した通り、機械族レベル9は比較的特殊召喚が容易なカードが多くデッキの中心にしやすい。
 特に地属性機械族《爆走軌道フライング・ペガサス》《無限起動ロックアンカー》《緊急ダイヤ》といった使いやすい特殊召喚サポートが存在する。
 《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》も安定して特殊召喚できるようになり、コストレベルモンスターを使えば蘇生カードともシナジーする。

 ただし、《星遺物の胎導》リクルートとの相性が悪くなる点は考慮すべき。
 《夢幻転星イドリース》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》など、汎用性の高いレベルモンスターを何体か採用しておけば序盤ならば問題ないだろう。
 終盤ではリクルート先が無くなる可能性があるため、その場合は諦めて1つ目の効果を使うのが良いか。

《聖占術姫タロットレイ》

 儀式モンスター《聖占術姫タロットレイ》リバースモンスターを中心とした構築。
 《機怪神エクスクローラー》《禁忌の壺》の2体はいずれも優秀な効果を持ち、これらと《聖占術姫タロットレイ》を並べるだけでもそれなりに高い制圧力となる。
 この上で《星遺物の胎導》によるリクルートから《真竜皇V.F.D.》エクシーズ召喚すればかなり固い布陣となり、そのまま完封もあり得る。

 《聖占術姫タロットレイ》《聖占術の儀式》と共に《儀式の下準備》サーチできるため手札に加えやすい。
 通常は儀式召喚の際にネックとなる《聖占術姫タロットレイ》レベルの高さも、レベル9が多いこの構築ならば然程問題にならない。
 《聖占術の儀式》墓地から除外すれば《聖占術姫タロットレイ》《占術姫コインノーマ》サーチできるので、上手くデッキが回ればデッキ圧縮もかなり進む。
 召喚権を使うが、《裏風の精霊》《機怪神エクスクローラー》《禁忌の壺》サーチ可能なため、《星遺物の胎導》の1つ目の効果とも相性が良い。

 派生構築としてリバースモンスターテーマでもある【シャドール】と混合させてみるのも手。
 《影依融合》1枚で《エルシャドール・アノマリリス》水属性悪魔族)を出すことができ、《星遺物の胎導》リクルートも阻害しない。
 融合素材としては《守護竜ユスティア》ならば《ドラコネット》リクルートできるため無理なくデッキに採用できる。
 リバースモンスターの割合が増えるため《シャドール・ネフィリム》も出しやすくなる。

ランク9のエクシーズ召喚を得意とするカテゴリデッキ

【真竜】(真竜皇軸)

 【真竜】の中でもレベル9の真竜皇(凰)を中心とした構築が該当する。
 真竜皇(凰)の(1)で1体を特殊召喚し、更に破壊された別の真竜皇(凰)の(2)でディスアドバンテージを補うのが基本の動き。
 この時、破壊されたのが《真竜皇バハルストスF》《真竜皇リトスアジムD》のいずれかならば直接特殊召喚できるため、召喚権を使わずレベル9を2体揃えられる。
 また、《炎王の孤島》炎王モンスター出張採用して手札真竜皇(凰)破壊する動きもある。
 「真竜皇」軸の戦術「真竜皇」軸についても参照のこと。

 必然的に幻竜族の割合が増えるため、上記同様《星遺物の胎導》リクルートとの相性がやや悪くなる点は注意。

【無限起動】

 レベルモンスターを直接使用するというよりは、レベル変動効果とランクアップでランク9のエクシーズ召喚も行うデッキである。
 《無限起動ロックアンカー》レベル5の無限起動特殊召喚し、レベルを合計数値にすれば手札2枚でランク9のエクシーズ召喚が可能となる。
 レベル5以上の機械族の割合が高いため《マーシャリング・フィールド》レベルを9に変更してエクシーズ召喚を狙う手もある。
 このデッキにギミックを採用する場合は上記の【機械族】軸《無限起動ロックアンカー》レベル無限起動数枚を出張させると良いだろう。

戦術と弱点

 基本的な戦術や弱点も【エクシーズ召喚】に通じる部分はある。
 ただ、冒頭でも述べたようにエクストラデッキモンスターを出さずとも戦う事はできるため、他のレベル帯の【エクシーズ召喚】に比べれば弱点はそこまで刺さらないとも言える。
 とは言え、構築次第では大きく刺さる事もあり得るので警戒はしておきたい。

 キーカード《星遺物の胎導》は早めに握っておき、なるべくならアドバンテージが取れる2つ目のリクルート効果を狙いたい。
 対モンスターでは《真竜皇V.F.D.》が屈指の制圧力を持つので、モンスター中心のデッキに対しては積極的に出していきたい。
 また、リンク召喚中心のデッキに対しては《夢幻転星イドリース》が有効なメタカードとして機能し得るので意識しておくと良い。

関連リンク

広告