【ヴァレット】

デッキの概要

 ドラゴン族闇属性で統一されたヴァレットを中心としたビートダウンデッキ
 モンスター及びサポートカードはいずれも高いリクルート能力を持つため粘り強く長期戦も戦える。

《ヴァレルロード・ドラゴン/Borreload Dragon》
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。
《クイック・リボルブ/Quick Launch》
速攻魔法
(1):デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。
《スクイブ・ドロー/Squib Draw》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。
《リボルブート・セクター》
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、
その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ヴァレット
 以下の共通効果を持つ。

(1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、(カード毎の固有効果)。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから(同名カード)以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 (2)のリクルート効果で戦線を途切れないようにできるのがメリット
 下記の固有効果はいずれも対象をとらない効果なので通じるカードは多い。
 ただし、直接チェーンしなくてはならないため、対象をとる効果相手が何かしらのチェーンを重ねた場合は効果発動しない
 また現状では、トリガーにできるリンクモンスター相互リンクが必要になるものが多いため、実質的に《ヴァレルロード・ドラゴン》《アンダークロックテイカー》との併用が必須と言える。
 《リボルブート・セクター》効果を最大限活かす事を狙うのならばなるべく多くの種類を採用しておきたい。

―相性の良いドラゴン族
 闇属性のものは属性サポートをヴァレットと共有でき、下級モンスター《ツイン・トライアングル・ドラゴン》リンク素材になる。

最上級モンスター

ドラゴン族以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター

シンクロモンスター
 《亡龍の戦慄−デストルドー》を採用する場合はレベル7のシンクロモンスターシンクロ召喚しやすい。
 《ラブラドライドラゴン》を用いる場合は《ツイン・トライアングル・ドラゴン》による蘇生に対応するため、うまく利用したい。
 ヴァレットレベルがばらついているため、様々なレベル帯のシンクロ召喚に対応するが、選択肢を増やすほどエクストラデッキの取捨選択が重要になる。
 レベル5以上の場合は《ツイン・トライアングル・ドラゴン》蘇生させる手もある。

エクシーズモンスター
 展開の起点にしやすい《ゲートウェイ・ドラゴン》レベル4なのでランク4は用意しておくと便利。

魔法・罠カードについて

ヴァレットに関するもの

ドラゴン族サポートカード

モンスター破壊できるカード
 ヴァレットの共通効果トリガーとなる。
 全体除去を行える《ブラック・ホール》《激流葬》フリーチェーン且つサーチ効果を持つ《ジェネレーション・チェンジ》などが基本的な候補。

―その他相性の良いカード

戦術

 ヴァレット効果サポートカードで積極的にリクルートを狙っていき、アドバンテージ差で押し切るのが基本。
 ヴァレットステータスは全体的に低いため、アタッカーフィニッシャーリンクモンスターシンクロモンスター等、エクストラデッキモンスターがメインとなる。
 《スクイブ・ドロー》でのサクリファイス・エスケープ《激流葬》での全体除去アドバンテージが稼げれば理想的。
 ただしリクルートエンドフェイズと遅いため、発動タイミングを見誤ってそのターン中に一斉攻撃で敗北しないように気を付けたい。

デッキの種類

《ヴァレルロード・ドラゴン》

 《ヴァレルロード・ドラゴン》を中心とした構築。
 トークンや展開力のある汎用性の高いカードを多めに採用して安定して出せるようにしたい。
 特に1枚で《ヴァレルロード・ドラゴン》に繋がる《トーチ・ゴーレム》《スケープ・ゴート》は是非とも採用したい。
 《精神操作》の様なコントロール奪取除去リンク素材の確保と二重の意味で相性が良い。
 蘇生カードも投入して除去された場合でもすぐに復帰できるようにしたい。

デッキの派生

【ヴァレッドアイズ】

 同じ闇属性ドラゴン族を中心とした【真紅眼の黒竜】との混合構築。
 種族属性サポートの共有の他、レッドアイズには上級モンスターが多いため《ツイン・トライアングル・ドラゴン》蘇生対象も用意しやすい。
 特に《竜の霊廟》通常モンスター(またはデュアルモンスター)を墓地へ送りつつ《霊廟の守護者》などを墓地へ送れれば下準備が1枚で整う。
 相性の良い《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》サーチ蘇生手段も豊富に存在する。

このデッキの弱点

 基本戦術に繋げるうえで蘇生リクルート、大量展開を主軸にした構成にする必要があるため、弱点が明確であり以下のメタカードがほぼ全て刺さる
 そのため、それらメタカードが対抗手段が無いまま先攻で出されると最悪詰みかねない。
 なのでモンスター及びサポートカードリクルート能力を活かして粘り強く戦うためには、如何にバランスを崩さずに打開策サイドデッキから投入出来るかが鍵となる。
 環境次第では《タイフーン》《幽鬼うさぎ》除去カードの採用も検討したい。

墓地利用封じ

 墓地ヴァレットを利用出来ず、《ダイガスタ・エメラル》《貪欲な壺》等による回収すら出来なくするにする《王家の眠る谷−ネクロバレー》《マクロコスモス》等は厄介。
 加えてヴァレット闇属性で統一されているため墓地発動まで封じる《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》は要注意。

蘇生封じ

 《ツイン・トライアングル・ドラゴン》を用いてリンクモンスターシンクロモンスター等に繋ぐプレイングを行う場合、《王家の眠る谷−ネクロバレー》《王宮の牢獄》等の蘇生メタカードがあると、身動きが取れなくなる。

特殊召喚封じ

 大量展開やリクルートを主軸にした構成にする以上、《虚無魔人》《虚無空間》などの特殊召喚メタカードは厄介。
 加えてヴァレット闇属性で統一されているため展開を封じる《コアキメイル・ドラゴ》の存在を許してしまうと機能不全に陥ってしまう。

エクストラデッキ封じ

 アタッカーフィニッシャーリンクモンスターシンクロモンスター等に頼らざるを得ない程、エクストラデッキへの依存度が高いデッキなので、《浮幽さくら》を始めとするエクストラデッキメタカード相手も厄介。
 特に《真帝王領域》《轟雷帝ザボルグ》を有する【帝王】等は天敵といえる。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告