【除去ガジェット】

デッキの概要

 召喚時にサーチ効果発動するガジェットによってアドバンテージを得るデッキ
 ガジェットの弱点である攻撃力の低さをモンスター除去やそれに類するカードで補う構成となる。
 モンスター除去カード相手モンスターを徹底的に除去しつつ、ガジェット召喚し後続が切れないように殴りきる。
 通称「除去ガジェ」。

《グリーン・ガジェット/Green Gadget》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1400/守 600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「レッド・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。
《レッド・ガジェット/Red Gadget》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1300/守1500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「イエロー・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。
《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守1200
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「グリーン・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの派生

【メタガジェット】

 主流のデッキに対してメタを張ったデッキタイプ。
 通常の【メタビート】に比べると、メタの強度が弱い反面アドバンテージを失いにくいという利点がある。
 主に《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等の特殊召喚メタ《閃光の追放者》等の墓地メタが投入される。
 また、相性こそ最悪だがサーチ特殊召喚対策として《ライオウ》を投入する事もある。

【罠ガジェット】

 罠カードモンスター除去を主体にした【除去ガジェット】。
 罠カードによるモンスター除去を軸にする事で受動的かつ守備的に動くタイプで、パーミッションデッキの要素を持つ事もある。
 ハンド・アドバンテージを稼げる事を生かして、《サンダー・ブレイク》《鳳翼の爆風》等を採用する場合もある。

【魔法ガジェット】

 魔法カードモンスター除去を主体にした【除去ガジェット】。
 魔法カードによるモンスター除去を軸にする事で能動的かつ攻撃的に動くタイプで、《地砕き》《地割れ》等が投入され、ボードコントロールデッキの要素を持つ。

 除去カードとして除去通常魔法戦闘補助の速攻魔法のどちらを採用するかの熟慮が必要である。
 前者はほぼ確実にモンスター破壊できるが、相手ターンには使えず戦闘破壊からガジェットを守ることはできない。
 後者は戦闘を介する分確実性に欠けるが、戦闘破壊からガジェットを守ることができ、《スターダスト・ドラゴン》に無効化されない。
 ガジェットディスアドバンテージを軽減してくれるため、両者の中間的な立場の《死者への供物》を採用する手もある。
 《王宮のお触れ》《人造人間−サイコ・ショッカー》を投入してさらに特化する事もでき、【スキルドレイン】等【除去ガジェット】が苦手とするデッキの一部に耐性がつく。

【次元斬ガジェット】

 【次元斬】の三人組、《異次元の戦士》《異次元の女戦士》《D.D.アサイラント》を投入したタイプ。
 【ネフロード】【ネフティス】【お触れホルス】といった、オーソドックスな【除去ガジェット】では相性が悪いデッキに対しても十分対抗できるのが魅力。
 《異次元の戦士》《D.D.アサイラント》ガジェット地属性サポートカードを共有できる。
 その反面やや展開力が落ちるが、1:1交換除外という形で行えるので除去能力は高い。

【反転ガジェット】

 サイクル・リバースモンスターを採用したタイプ。
 【除去反転】との折衷で《デス・ラクーダ》《番兵ゴーレム》《スカラベの大群》等が採用される。
 《抹殺の使徒》《シールドクラッシュ》の対象を作ってしまうことは、他の【除去ガジェット】にない弱点。

【装備ガジェット】

 除去魔法の一部を強化装備魔法に置き換えた派生デッキ
 通常の【除去ガジェット】より戦闘破壊をする機会が多くなる。

 《デーモンの斧》《悪魔のくちづけ》等のデッキトップ戻る効果を持つ装備魔法が採用候補。
 通常、デッキトップ戻る効果をもつカードドローを潰してしまうため間接的なディスアドバンテージになってしまうが、このデッキではガジェット効果デッキ圧縮モンスターの確保が容易なためさほど大きな問題にはならず、純粋に「繰り返し使いまわせる強化装備魔法」として機能する。
 それでも他のカードを引けなくなるのは少々厳しいので、やはり《カードトレーダー》と併用するのが望ましい。
 採用しやすい装備魔法コストが軽い《悪魔のくちづけ》や、展開力のあるガジェットと相性が良い《団結の力》等。
 チューナーを併用し、《パワー・ツール・ドラゴン》装備魔法関連のシンクロモンスターを扱えるようにしても良い。

このデッキの弱点

 ガジェットサーチ効果を封じられるとただの弱小モンスターになってしまい、《ライオウ》《スキルドレイン》は採用率も高い。
 能動的にアドバンテージを稼ぐすべに乏しい【メタビート】が相手の場合、相手のわずかなアタッカー除去することができれば勝機は十分にある。
 他にはガジェットデッキトップへのバウンスハンデス、低攻撃力故に《王虎ワンフー》《魔のデッキ破壊ウイルス》エクシーズモンスターを多用するので特殊召喚封じにも弱い。
 サーチを多用するためデッキ内のガジェットが一部分に固まりやすいという弱点も存在するので、手札事故を防ぐためにもシャッフルは念入りに行っておきたい。

このデッキの歴史

05/03/01

 【変異カオス】全盛期においては、特殊召喚対策として《王宮の弾圧》が積まれているタイプ【弾圧ガジェット】が多かった。
 しかし、CYBERNETIC REVOLUTIONの登場後は特殊召喚能力を持つ《サイバー・ドラゴン》融合モンスターを呼び出す《デビル・フランケン》の採用率が上昇。
 それに伴い《王宮の弾圧》の採用率は減少していった。

 上記のカード《リミッター解除》を併用したデッキはそれぞれ【サイバーガジェ】【ガジェフラ】と呼ばれた。
 また、それらの特殊召喚を封じるため、あえて《サイバー・ドラゴン》等を採用せずに《王宮の弾圧》を積んでいるパターンもあった。
 なお、選考会で勝ち進んだのは《王宮の弾圧》不採用のデッキである。

05/09/01

 【除去ガジェット】の対抗馬であった【変異カオス】の衰退後、ミラーマッチ対策に【魔法ガジェット】【お触れガジェット】が生まれる。
 この時期では罠カードが多い【除去ガジェット】は【罠ガジェット】と呼ばれる。
 同時期に【代償ガジェット】等の多数の派生デッキも登場し【除去ガジェット】時代が到来。
 【リクルーターカオス】【雑貨貪欲ターボ】【黄泉帝】【MCV】等のデッキと併せてまさに群雄割拠の時代であった。

06/03/01

 上記のデッキキーカード禁止・制限カードになり、デッキそのものが消滅したことで【除去ガジェット】の天下が始まる。
 【ダークカオス】【バブーン】【未来オーバー】等の新たな強力デッキの登場後も頭一つ抜けた存在として猛威を振るう。
 これらの墓地依存デッキに対するメタとして《閃光の追放者》を採用した【閃光ガジェット】が選考会を席巻した。
 また、《王宮の弾圧》入りのデッキも成果を残している。

06/09/01

 次の環境では【ダークゴーズ】【エアブレード】等、優秀な展開力を誇るデッキの前で主流デッキの中から落ちた。
 《マインドクラッシュ》《ダスト・シュート》といったハンデスが流行してサーチ効果があだとなったりもした。
 一方で【鎖ビート】を応用した、新しい【装備ガジェット】(【斧ガジェット】【キスガジェット】)が登場した。

07/03/01

 猛威を振るった【ダークゴーズ】【エアブレード】制限改訂により消滅し、【帝コントロール】【光と闇の竜】【デミスドーザー】と覇権を争った。
 《グリーン・ガジェット》《レッド・ガジェット》《イエロー・ガジェット》は各2枚積みが主流だった。

07/09/01

 07/09/01制限改訂で優秀な除去カードである《地砕き》《地割れ》が揃って制限カードに、ガジェット3種も準制限カードになったことから、このデッキの使い手は非常に大きな痛手を受けた。
 しかし構成上《閃光の追放者》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等流行のデッキメタとなるモンスターを容易に組み込めたため、【メタビート】の亜種としてそれなりの実績を残す事もあった。

08/03/01

 制限改訂により、《グリーン・ガジェット》《レッド・ガジェット》《イエロー・ガジェット》制限解除となる。

 これまで1枚1,000円以上した各種ガジェットだったが、ストラクチャーデッキ−機械の叛乱−にて各種ガジェットが再録され初心者や新規参入者も容易にこのデッキを構築できるようになった。
 このため【ガジェット】が再びトーナメントシーンで猛威をふるうかと思われたが、予測に反して《スキルドレイン》を主軸にした【メタビート】環境で活躍。
 《スキルドレイン》適用下では単なる弱小モンスターと化してしまうガジェットは、むしろ採用が見送られるケースが多くなってしまった。
 しかしシンクロ召喚の登場後は、《スキルドレイン》の影響を受けずに特殊召喚対策ができる《ライオウ》《王宮の弾圧》と共に採用され、全盛期の頃までとはいかないまでも、シンクロ召喚の対策をメインから張れるデッキの一つとして一定の評価を取り戻しつつあった。
 また逆にシンクロ召喚を取り入れた【コアガジェット】も登場し、ガジェット汎用性が改めて認知されることになった。

09/09/01

 制限改訂により、《地割れ》制限解除となる。

 《スターライト・ロード》により大量破壊への耐性を、ストラクチャーデッキ−マシンナーズ・コマンド−の登場により機械族サポートカードを大量に獲得。
 ストラクチャーデッキ−マシンナーズ・コマンド−で獲得した新カードを中心とし、シナジーを追求した【マシンガジェット】や、さらに《歯車街》《古代の機械巨竜》コンボを組み込んだ、爆発力重視の【歯車マシンガジェット】といった型が増えはじめる。

10/03/01

 制限改訂により、《地砕き》制限解除となりこのデッキは完全復活を遂げる。
 かつての様に環境の主流とまではいかないが十分にその強さと安定感を見せ付け、トーナメントシーンでも2010年の西日本代表選考会日本代表が使用する等、結果を残している。

10/09/01

 制限改訂により、《サイバー・ドラゴン》制限解除され《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》との遭遇率が増した一方、《大嵐》禁止カードとなり相対的に防御力が高まった。

11/03/01

 制限改訂により、《大寒波》禁止カードとなったことで苦手とする魔法・罠封じが減った。
 エクシーズ召喚の登場で攻撃性能が上がり、さらにTG《サモンチェーン》《カゲトカゲ》シナジー等も発揮される。

11/09/01

 制限改訂により、《大嵐》制限カードに復帰、さらに《サイクロン》無制限カードとなったことで苦手とする魔法・罠除去が増える。
 一方でガジェットと相性のよい《ダイガスタ・エメラル》の登場により、《貪欲な壺》なしでも後続を補給できるようになった。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告