【正規融合】

デッキの概要

 第1期から存在する魔法カード《融合》を軸に戦うデッキ
 《融合》は非常に手札消費が多い魔法カードなので、それをいかに解消するかがこのデッキの肝である。

 後にE・HERO等の融合召喚を軸としたカテゴリや、《未来融合−フューチャー・フュージョン》等の類似効果を持つカードが登場したため、デッキの派生も多様に存在する。

《融合/Polymerization》
 通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

デッキ構築に際して

 採用する融合モンスター融合素材を何にするかを始めに決定したい。
 続いて、常に《融合》(またはそれに代わるカード)を手札に保持できる様な構築を意識する。
 融合モンスターに幅を出すためにも、縛りが緩い融合モンスター融合素材代用モンスターも採用しておきたい。

モンスターカードについて

《融合》サポートカード
 《融合》サーチサルベージできるモンスターはこのデッキでは必須。
 融合素材《融合》の調達という二役を同時にこなせる為、事故回避と手札消費の軽減に役立つ。

融合フュージョンサポートカード
 《融合》以外の融合手段にもアクセスできるためより多彩な融合召喚が可能となる。

融合素材代用モンスター
 多種多様に存在するが、どれも一長一短であり、デッキコンセプトに合ったものを選択したい。
 上記の《沼地の魔神王》の他には、以下のようなものが考えられる。

融合素材として適したモンスター

エクストラデッキについて

融合モンスター
 種類は実戦で扱いやすいものは限られやすい。
 特定のモンスターのみを軸としたものに関しては、下記の派生デッキを参照。

リンクモンスター
 新マスタールール以降は連続融合召喚を行うのにほぼ必須となっている。
 素材を手札墓地に用意すれば良い融合召喚とは異なり、フィールド表側表示で揃える必要があるため展開方法はよく考えておきたい。
 汎用性が高いものやリンクマーカーが利用しやすいものを優先して採用すれば良いだろう。

魔法・罠カードについて

 直接的なサポートカードの他、融合召喚手札消費が激しいため、それを補うものを採用したい。
 なお、大前提として《融合》はフル投入が基本となる。

《融合》サポートカード

《融合》以外の融合召喚を行えるカード
 《融合》サポートカードが豊富なものの、手札消費が激しい弱点を持つ。
 使いまわせる永続カードや、墓地融合デッキ融合が行えるカードで弱点である手札消費の軽減が図れる。
 時には共存させ、時にはどちらかのみを採用し、プレイスタイルや環境に合ったデッキ構築を目指したい。

―その他

デッキの種類

水属性

 《沼地の魔神王》《沼地の魔獣王》《サルベージ》で回収できることに目をつけたデッキ
 《E・HERO バブルマン》《ヒューマノイド・スライム》《ひょうすべ》等の融合素材を採用すれば、ますます《サルベージ》が活躍する。

地属性

 《E・HERO フォレストマン》《融合呪印生物−地》地属性である事に目を付けたデッキ
 両者とも《巨大ネズミ》からリクルートできるのにも注目したい。

光属性

 《E・HERO プリズマー》《融合呪印生物−光》が同じ光属性であり、《救援光》などのサポートが使える点に着目したデッキ
 《E・HERO The シャイニング》等、光属性融合モンスターには強力なものも多く、《オネスト》が使える。

デッキの派生

【E・HERO】

 融合召喚を得意とするE・HEROを軸としたデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ジェムナイト】

 専用の融合モンスターを多数抱えるとともに、連続した融合召喚が可能なジェムナイトを軸としたデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【サイバー・ドラゴン】

 《サイバー・ドラゴン》系統の融合モンスターを扱うデッキ
 《パワー・ボンド》《未来融合−フューチャー・フュージョン》を使っての、1ターンキルを得意とした。
 詳しくは当該ページを参照。

【シャドール】

 専用の融合召喚サポートを持ち、カードの効果墓地に置かれたときに発動する効果によってアドバンテージを失わずに融合を繰り返す。
 詳しくは当該ページを参照。

【レインボー・ネオス】

 召喚条件は厳しいが、圧倒的なステータスを持つ《レインボー・ネオス》融合召喚をメインとするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【Dragoon D−END】

 場持ちが良く、サポートカードも豊富な《Dragoon D−END》融合召喚をメインとするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ブラック・パラディン】

 多様な効果を持つ《超魔導剣士−ブラック・パラディン》融合召喚をメインとするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【究極竜騎士】

 最大の固定ステータスを持つ《究極竜騎士》融合召喚をメインとするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ファーニマル】

 《融合》に関連するサポートカードを持つファーニマルと、それを融合素材とするデストーイを軸とするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【凡骨融合】

 通常モンスター融合素材とし、そのサポートカード《凡骨の意地》手札消費を補う。
 詳しくは当該ページを参照。

【○○召喚獣】

 《召喚師アレイスター》《召喚魔術》による、召喚獣モンスター融合召喚ギミックを戦術に組み込んだデッキ
 召喚獣はその性質上、カテゴリカードのみでのデッキ構築が不可能であり、召喚獣を使用したデッキを作ろうとすると必然的に既存デッキとの混成デッキとなる。
 基本的には《召喚師アレイスター》《召喚魔術》《暴走魔法陣》出張セットとして既存デッキに採用する。

【融合天魔神】

 《心眼の女神》光属性天使族《破壊神 ヴァサーゴ》闇属性悪魔族であることに目をつけ、天魔神を織り交ぜたデッキ
 自身が光属性天使族であり、融合素材がそれぞれ光属性天使族闇属性悪魔族である《聖女ジャンヌ》が相性がよい。

このデッキの弱点

 「魔法カードを用いてエクストラデッキから融合召喚を行う」という基本の動きを阻害されると脆い。
 具体的には魔法カードを妨害する《ナチュル・ビースト》エクストラデッキ破壊する《轟雷帝ザボルグ》特殊召喚融合召喚)を妨害する《虚無空間》など。
 メインデッキモンスター融合素材中心で組んだ場合は弱小モンスターの集まりになりやすいため、上記の動きを阻害されるとジリ貧となりやすい。

 最大の欠点は手札フィールド融合素材融合カードをバランス良く揃えなければならないこと。
 どちらかだけが初手に集中した場合、下手をしたら何もできずに敗北する事すら起こり得る。
 また、《融合》を用いての融合召喚手札消費が非常に荒く、持久力が求められる長期戦は苦手。
 これら2つの問題を解決するためにもサーチサルベージカードは必須であり、同時にこれを《ライオウ》などで妨害されると機能不全に陥りかねない。

このデッキの歴史

 第6期のマスタールールにてエクストラデッキの枚数に制限ができた。
 そのため、【E・HERO】融合モンスターの種類や枚数が元々多いデッキはかなりの影響を受けた。
 更にシンクロ召喚エクシーズ召喚の登場により融合召喚というシステムそのものの立場が危ぶまれる時期も続いた。
 第9期以降は融合召喚サポートカードもかなり実践的なものが増えた事もあり追い風となった。
 しかし、第10期の新マスタールールにて連続融合召喚に一工夫必要になったことで再び逆風となっている。

代表的なカード

関連リンク

広告