元々(もともと)攻撃力(こうげきりょく)守備力(しゅびりょく))/original ATK(DEF)

 カードの効果テキストで使用される「元々の攻撃力」とは、基本的にはモンスターカードに記載された攻撃力の数値を指します。
 装備魔法カードやその他のカードの効果で増減した数値は含まれません。
 また、攻撃力守備力に「?」と表記されたモンスターの場合、元々の攻撃力や守備力は「0」として扱います。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


 公式ルールブックの記述が言葉足らずで誤解を招きやすいので注意。
 攻撃力守備力)が「?」と記されたカード攻撃力守備力)は「不定」であり、0ではない
 そのため、攻撃力?のモンスター《クリッター》サーチしたり、《リミット・リバース》蘇生させることは不可能である。

 では、公式ルールブックの記述であるが、これは「フィールドに存在する場合」の事を記しているのである。
 例えば、《合成魔獣 ガーゼット》《死者蘇生》蘇生させた場合、元々の攻撃力は0になる。

  • 当初は、「元々の攻撃力(守備力)」=「カードに記載された攻撃力守備力)」だったのだが、「元々の攻撃力(守備力)」を変化させる効果が登場したことで、処理がややこしくなってしまった。
  • 原作・アニメにおいて―
    M&Wが登場した当初は、カードを正面から見ないと確認できない様であった。
    さらに相手が数値を知らなくても教える必要はなかったようであり、初期によく見られた無謀な自爆特攻はこのためであるが、ダメージから逆算できるのにやっている光景も見られる。

《巨大化》《収縮》について

 モンスター攻撃力が何かしらの効果によって増減をした状態で、《巨大化》《収縮》効果を受けた場合、その増強分についての扱いが変わる。
 何度か裁定変更が起こっているため注意が必要。

 ※このほか、攻撃力守備力が変化する場合のルール全般については「ステータス」のページも参照。

その一方で、攻撃力を固定する効果がある場合や、増減がかつて受けた誘発効果などである場合にはややこしくなる。

カード名適用する効果備考
《巨大化》《収縮》カード記載の攻撃力変化した値の扱い攻撃力変化タイミング効果種別
《ディノインフィニティ》
《ワイトキング》
《グリード・クエーサー》
倍or半分半分元々の数値常に変化永続効果
《メガロック・ドラゴン》
《E−HERO ダーク・ガイア》
《キメラテック・オーバー・ドラゴン》
《ユーフォロイド・ファイター》
倍or半分半分元々の数値モンスターの召喚永続効果
《サイバー・シャドー・ガードナー》倍or半分半分元々の数値効果処理時誘発効果
《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》
《D−HERO ドレッドガイ》
《ハネクリボー LV9》
《原始太陽ヘリオス》
フォーチュンレディ
変化せず元々の数値ではない常に変化永続効果
《邪神アバター》
《オプション》
変化せず変化せず元々の数値ではない常に変化永続効果
《オシリスの天空竜》
《究極封印神エクゾディオス》
《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》
《トラゴエディア》
変化せず変化せず元々の数値ではない常に変化(アップ)永続効果
《合成魔獣 ガーゼット》
《サイバー・エルタニン》
《邪龍アナンタ》
《モンタージュ・ドラゴン》
《ワーム・ゼロ》
《ジュラック・ヴェルヒプト》
元々の数値ではないモンスターの召喚永続効果
冥府の使者カイエントークン元々の数値ではないモンスターの召喚残存効果
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》
《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》
倍or半分半分元々の数値モンスターの召喚永続効果
《ファントム・オブ・カオス》倍or半分半分元々の数値効果処理時起動効果
《カオス・ネクロマンサー》
《キングゴブリン》
変化せず元々の数値ではない常に変化永続効果
《機動砦 ストロング・ホールド》調整中調整中元々の数値ではない常に変化永続効果
《神炎皇ウリア》
《毒蛇王ヴェノミノン》
変化せず変化せず元々の数値ではない常に変化(アップ)永続効果
《偉大魔獣 ガーゼット》
《霧の王》
元々の数値ではないモンスターの召喚永続効果
《サクリファイス》元々の数値ではない効果の適用永続効果
《ものマネ幻想師》元々の数値ではない効果処理時誘発効果
《サテライト・キャノン》調整中調整中元々の数値ではない効果処理時誘発効果
《進化する人類》装備モンスター倍or半分半分不定元々の数値効果の適用-
オプショントークン調整中調整中不定元々の数値ではない常に変化残存効果

「元々の攻撃力・守備力」を変動させる効果を持つカード

 ※攻撃力守備力)が「?」のモンスター下記参照
 ※元々の攻撃力(または元々の守備力)のみを変動させるカードはそれぞれのページを参照

モンスターの元々の攻撃力と守備力を入れ替えるカード

「元々の攻撃力・守備力(元々の数値)」を参照して攻撃力守備力を変動させるカード

 ※「攻撃力守備力)は元々の攻撃力(守備力)の倍(半分)になる」効果はこの種類である。
  勘違いしやすいが、この場合「元々の攻撃力(守備力)」自体は変動しておらず、変動後の数値はあくまで「効果により変動した数値」である。
 ※元々の攻撃力(または元々の守備力)のみを参照するカードはそれぞれのページを参照

攻撃力守備力)が「?」のモンスター

―変動後の数値が「元々の数値」

―変動後の数値が「元々の数値」ではない

―変動しない(0)

関連リンク

FAQ

Q:ミラージュトークンクローントークン攻撃力守備力は元々の数値として扱いますか?
  (《No.107 銀河眼の時空竜》効果で数値が変動するかに関係する)
A:いいえ、扱いません。(19/04/26)

Q:《召命の神弓−アポロウーサ》元々の攻撃力が、自身の効果で1600になっています。
  《スキルドレイン》適用されて一度効果無効になった後で《スキルドレイン》破壊した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:0となります。(19/04/25)

Q:《召命の神弓−アポロウーサ》元々の攻撃力が、自身の効果で1600になっています。
  《進化する人類》適用されて一度元々の攻撃力が2400になった後で《進化する人類》破壊した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:1600となります。(19/04/25)

Q:《アークロード・パラディオン》リンク先攻撃力2000の冥府の使者カイエントークンが存在する時、《アークロード・パラディオン》攻撃力は(1)の効果でアップしますか?
A:いいえ、しません。(19/06/03)

Q:《アークロード・パラディオン》リンク先攻撃力2000の《クリスタル・アバター》が存在する時、《アークロード・パラディオン》攻撃力は(1)の効果でアップしますか?
A:いいえ、しません。(19/06/03)

Q:《アークロード・パラディオン》リンク先トリッキートークンが存在する時、《アークロード・パラディオン》攻撃力は(1)の効果でアップしますか?
A:はい、します。(19/06/03)

Q:《アークロード・パラディオン》リンク先《アポピスの化神》が存在する時、《アークロード・パラディオン》攻撃力は(1)の効果でアップしますか?
A:はい、します。(19/06/03)

広告