EM(エンタメイト)

デッキの概要

 EMモンスターを軸としたロービート寄りのビートダウンデッキ
 ペンデュラムモンスターサーチ能力に長け、ペンデュラム召喚を安定して行える点が特長。

《EMペンデュラム・マジシャン/Performapal Pendulum Sorcerer》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守 800
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分フィールドに「EM」モンスターがP召喚された場合に発動する。
自分フィールドの「EM」モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
【モンスター効果】
「EMペンデュラム・マジシャン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊し、破壊した数だけデッキから「EMペンデュラム・マジシャン」以外の
「EM」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
《EMドクロバット・ジョーカー/Performapal Skullcrobat Joker》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、
「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、
「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内、いずれか1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 EMにはペンデュラムモンスターが多く、EMだけでレベル2〜7までのモンスターペンデュラム召喚可能。
 サーチ効果を持つEMが6種類あり、その中から使いやすいものを軸として構築することとなる。

メインデッキモンスターについて

EMペンデュラムモンスター

 他にも主軸となるEMモンスターには以下のものが存在する。
 EMを軸とするならこれらも優先して採用したい。

ペンデュラムモンスター以外のEMモンスター

―相性のいいペンデュラムモンスター

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

 ペンデュラム召喚を軸にするので、あまり魔法・罠カードは入れずにモンスター中心にした方がいい。
 出来る限り採用するカードは厳選しておきたい。

EMサポートカード

―ペンデュラム関連

戦闘補助

―その他相性の良いカード

戦術

 《EMペンデュラム・マジシャン》《EMドクロバット・ジョーカー》《EMセカンドンキー》等を駆使して、状況に応じたモンスターサーチリソースを稼ぎながら戦っていく。
 相手モンスターへの対処は基本的に強化弱体化を駆使して戦闘破壊で突破していく。
 サーチサルベージを活かした長期戦もある程度は可能だが、隙を見つけたら攻撃力の大幅強化などで一気に攻め込む判断も必要。
 相手によって攻め方を見極めたい。

 攻めをしのぐための先攻での制圧や、強固な相手盤面の解決などはエクストラデッキに多くを頼る事になる。
 完全封殺する程の妨害を用意できるわけではないため、後続確保も忘れないようにしておきたい。

デッキの種類

【魔術師】

 ペンデュラム召喚ペンデュラムスケールが広い魔術師ペンデュラムモンスターを使って行う構築。
 こちらはEM特有の戦闘補助はほぼ使わず、《EMドクロバット・ジョーカー》にアクセスするために《EMペンデュラム・マジシャン》なども採用していると言った方が近い。
 詳しくは【魔術師】のページを参照。
 第9期終盤まではEM単体の豊富なサーチ《EMオッドアイズ・ユニコーン》の存在から、幅広いレベルペンデュラム召喚を目的としてこの軸にする必要性は薄くなっていた。
 第10期以降では、2017/07/01以降の制限改訂サポートカードや関連カードが相次いで制限緩和されたこともあり、一部トーナメントやイベント等で結果を残すようになった。

デッキの派生

【EMEm】

 【Em】との混成型。
 《EMペンデュラム・マジシャン》《Emヒグルミ》破壊することで、爆発的なアドバンテージを生み出す。
 2015年7月の登場以降環境の一角を占めるデッキとなり、同年10月以降は完全に環境のトップメタとなった。
 キーカード3種が禁止カードとなり、現在は構築が不可能になっている。

EM竜剣士

 16/01/01Emへの規制強化で【EMEm】が構築できなくなったため、【EMEm】からEmを抜く形で作られたデッキ
 EM竜剣士竜魔王を軸に、ペンデュラムモンスター破壊する事によってアドバンテージを獲得、そしてランクモンスター等のエクストラデッキカードによる制圧という方向性は【EMEm】からほとんど変化はない。
 【EMEm】より若干デッキパワーは下がったものの、環境で戦う力は衰えておらず、2016/01/01以降は環境のトップメタとして君臨していた。
 16/04/01にて主要パーツが軒並み規制されたため、【オッドアイズ】等と組み合わせた下記と違う構築にシフトしている。

竜剣士及び関連カード

通常モンスターサポートカード
 《Emヒグルミ》を失ったことで、ペンデュラム召喚を行う前から展開を行う方法が減少。
 それを補うべく、通常モンスターサポートカードを用いて《竜剣士マスターP》《竜魔王ベクターP》を展開する構築が多数見られるようになった。
 これらや《竜呼相打つ》を用いて展開したペンデュラムモンスター融合素材シンクロ素材にし、エクストラデッキを肥やしてからペンデュラム召喚で再展開できれば理想的。

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて
 ペンデュラム召喚を安定させるためにデッキ内にはペンデュラムモンスターが多く、魔法・罠カードに割けるスペースは少ない。
 《揺れる眼差し》や前述した《竜呼相打つ》《予想GUY》《解放のアリアドネ》採用型のカウンター罠《フレシアの蟲惑魔》採用型の落とし穴などを入れると、大体枠が埋まってしまうだろう。

このデッキの弱点

 主力となるのが下級モンスターであるため、上級モンスターの力押しには弱い。
 戦闘補助となるモンスターは多いが、複数体の上級モンスターを並べられると対処が追い付かなくなる。
 また、弱体化のできない耐性持ちのモンスターが相手だと一気に対処が困難になる。

除去効果を持っているモンスターも少ないので、戦闘破壊では打開できない状況や、罠カードなどへの対処はエクストラデッキ頼りになりやすい。

 その他、ペンデュラム召喚主体でありながら墓地利用もある程度行うため、他のペンデュラム召喚主体のデッキでは刺さらないメタカードの影響も受けてしまう。
 種族属性が分散している都合上、《群雄割拠》などにも弱い。

このデッキの歴史

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜)

 新マスタールールが施行される。
 エクストラモンスターゾーンの実施及びペンデュラムゾーンの統廃合など、このデッキも他の【ペンデュラム召喚】系統と同じく影響を受けた。
 下級モンスターの大量展開からのエクシーズ召喚等を軸にした構築は、従来の動きを行うことが難しくなった。
 しかしその後、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を始めとする各種汎用リンクモンスターの登場によって、再び戦えるようになった。
 【魔術師】寄りの【EM魔術師】は結果を残したこともあるが、EM単体としては環境からは完全に退いている。

第11期(2020年〜)

 《EM天空の魔術師》等、少数ながらも新規が登場。
 また、《EMペンデュラム・マジシャン》等への規制緩和も段々と進んで行った。
 使い勝手の良いリンクモンスターが増えたこともあり、従来以上の快適さを取り戻していく。
 そしてPREMIUM PACK 2022DIMENSION FORCEにて大幅強化。
 動きの幅も広がり、ファンデッキと侮れない強さを発揮できるようになった。

代表的なカード

関連リンク

広告