【ハーピィ】

デッキの概要

 ハーピィを用いたコントロール寄りのビートダウンデッキ
 多数の特殊召喚サポートを採用し、手札デッキ墓地から《ハーピィ・レディ》特殊召喚することで、《ハーピィの狩場》による魔法・罠除去を行いつつエクストラデッキモンスターに繋げられる。
 採用するモンスター属性種族魔法・罠除去をしやすい性質から、厄介なメタカードが少ないのも特徴である。

《ハーピィ・チャネラー/Harpie Channeler》
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守1300
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドにドラゴン族モンスターが存在する場合、このカードのレベルは7になる。
(3):手札から「ハーピィ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ハーピィ・チャネラー」以外の「ハーピィ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
《ヒステリック・サイン/Hysteric Sign》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキ・墓地から「万華鏡−華麗なる分身−」1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが手札・フィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。
デッキから「ハーピィ」カードを3枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ハーピィモンスター

ハーピィ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

ハーピィモンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

ハーピィ魔法・罠カード
 《ヒステリック・サイン》サーチできるのが大きなメリット

―上記以外の《ハーピィ・レディ》及びハーピィサポートカード

風属性または鳥獣族サポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《ハーピィの狩場》伏せカード除去しつつハーピィサポートを使って展開し、エクストラデッキモンスター特殊召喚に繋げていく。
 どのような展開ルートでもリクルート先が枯渇する中盤以降は《ハーピィの羽根休め》での補充や、《ヒステリック・パーティー》での蘇生展開などの手段は確保しておくことが望ましい。

 《ハーピィの羽根帚》《ハーピィの羽根吹雪》によって魔法・罠カードモンスター効果にはある程度の対応力を持っている。
 これらは《ヒステリック・サイン》によってサーチが利くもののエンドフェイズでのサーチとなるため、自分ターンサーチした場合は相手に情報が筒抜けとなる。
 ブラフとしてのモンスター効果使用伏せカードなど、相手が無駄打ちを誘うことも十分考えられるため、慎重にマストカウンターを見極めたい。

ハーピィの展開について

 《ハーピィ・チャネラー》から《ハーピィズペット竜》リクルートしてランク7に繋げることで、序盤から大型のエクシーズモンスターを用意できる。
 特に《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》エクストラモンスターゾーンエクシーズ召喚し、バトル・イーグル・トークンを生成することで、手札2枚から一度に最大6体のモンスターを展開できる。
 ここから様々なリンク召喚に繋げられ、先攻ターン目であれば戦闘ダメージが与えられない制約も気にならない。
 以下はその他の展開例となる。

デッキの派生

【アロマハーピィ】

 【ハーピィ】に【アロマ・コントロール】のギミックを取り入れたデッキ
 詳しくは当該ページにて。

【ハーピィ剣闘獣】

 【剣闘獣】との混合デッキ
 鳥獣族である《剣闘獣エクイテ》《剣闘獣ベストロウリィ》はもちろん、他の剣闘獣も交えながら【ビースト】の要領で戦える。
 《スワローズ・ネスト》を用いれば、時には【ハーピィ】の、時には【剣闘獣】の戦法を取れる。
 エクストラデッキには《電光千鳥》《鳥銃士カステル》の他、《剣闘獣ガイザレス》の採用も検討できる。

 《ハーピィ・レディ》《剣闘獣アンダル》の存在から、【レスキューラビット】の要素も取り込める。
 展開の手段が増えれば、それだけ《烏合の行進》も活かしやすくなるだろう。

このデッキの弱点

 《ハーピィの狩場》の存在から攻撃反応は脅威とならないが、フリーチェーン罠カード召喚反応型のカードは危険。
 特に通常召喚を止められた場合はリカバリー手段に乏しく、手札のハーピィモンスターを始め、フィールドハーピィが存在することを発動条件とする《万華鏡−華麗なる分身−》《ハーピィの羽根吹雪》等が軒並み腐り、その後の展開手段、防御手段を大きく削られてしまう。
 フィールドで「《ハーピィ・レディ》」として扱うハーピィ効果無効化されることでも同様の事態が起こり得るため、相手が手札誘発を握っていた場合にマストカウンターを見切られやすい。
 《ヒステリック・パーティー》での大量展開時に《奈落の落とし穴》発動されるのは最悪の展開。
 そのため、魔法・罠除去《ハーピィの狩場》に頼りきらず、《ツインツイスター》《ライトニング・ストーム》等の伏せ除去もある程度は用意しておきたい。

 《万華鏡−華麗なる分身−》を採用する場合、必然的にデッキ内に《ハーピィ・レディ》《ハーピィ・レディ三姉妹》も併せて採用することになるが、これらのモンスター手札に来ると事故の原因になるという問題を抱えている。
 《ハーピィ・チャネラー》コストにする、《ハーピィの羽根休め》デッキに戻す等でフォローしたい。

 また、《コトダマ》《因果切断》のように同名カードを封じるカードも要注意である。
 これら1枚により、ハーピィ全ての展開が防がれる事も少なくはない。

このデッキの歴史

 第1期より孔雀舞のファンデッキとして人気を博した最古参の風属性テーマデッキだが、サポートカード不足の状態が長らく続いていた。
 風属性鳥獣族ハーピィサポートカードが単発で登場して少しずつ強化されてきたが、第8期のLORD OF THE TACHYON GALAXYで多数のサポートカードが登場し、大幅に強化された。
 また、第10期にはデュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−にてパッケージイラストを飾り、《ハーピィ・レディ三姉妹》カード名を指定するサポートカードが多数登場、続くLINK VRAINS PACK 2ではリンクモンスターである《ハーピィ・コンダクター》が登場したことで、エクストラデッキからも《ハーピィ・レディ》を呼び出せるようになった。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告