《スカル・コンダクター/Skull Conductor》

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻2000/守   0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、
バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。
また、手札からこのカードを墓地へ送る事で、
攻撃力の合計が2000になるように
手札からアンデット族モンスターを2体まで特殊召喚する。

 「遊戯王5D's Wheelie Breakers」攻略本 付属カードで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 手札から自身を墓地に送り特殊召喚を行う起動効果と、バトルフェイズ終了時に自壊する誘発効果を持つデメリットアタッカーである。

 アンデット族下級モンスターとしては破格の攻撃力2000を誇るが、自壊条件が厳しく使い切りにならざるを得ない。
 自分ターンに限らず相手ターンバトルフェイズに入られると、戦闘を行われなくても自壊してしまう。
 そのためデメリットアタッカーとしての運用は少々効率が悪いので、もう一つの効果を主軸に戦略へ組み込む事となるだろう。
 特殊召喚効果とかち合わない《スキルドレイン》でカバーするのも手。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》コストにしてしまうのも一考。

 特殊召喚効果は自身以外にコスト不要であるが、「攻撃力が2000ぴったり」というのは厳しい縛りである。
 2000未満のモンスター特殊召喚する場合は、2体かつその数値が特定でなければならないため、どうにも扱いづらい。
 しかも、現行では《ゾンビ・マスター》等の相方が存在しないせいで特殊召喚できないモンスターも存在する。
 この効果も微妙に思えるが、《ゾンビキャリア》攻撃力1600のアンデット族特殊召喚することで即座にシンクロ召喚を狙うことも出来る。
 あるいは《ヴァンパイア・ロード》《カース・オブ・ヴァンパイア》など、攻撃力2000丁度の上級モンスターならば、揃えるカードが1枚で済む。
 自身も攻撃力2000であるため、手札に2枚あれば《THE トリッキー》のような運用法も可能。
 フィールドモンスターがいても特殊召喚できるのは、《ミイラの呼び声》を上回っている点である。
 ただし、効果手札限定である事は常に頭に入れておき、それに見合った組み合わせを利用したい。

  • マスターガイド3では、「合計攻撃力2000までアンデット族手札から呼べる。」と紹介されている。
    しかし前述の通り実際には2000丁度でなければならない。
  • コンダクターとは、主に「案内人」「指揮者」「支配者」という意味。

関連カード

特殊召喚可能な攻撃力2000以下のアンデット族モンスターの組み合わせ

攻撃力攻撃力
2000
1700300
1600400
1500500
1400600
1300700
1200800
1100900
10001000

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自壊誘発効果アンデット族特殊召喚する効果は起動効果となります。(13/06/26)

Q:墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(09/05/19)

Q:自壊チェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作ります。(09/05/19)

Q:自壊する効果解決時にこのカード裏側表示になった場合、破壊する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/10/19)

Q:《スカル・コンダクター》の特殊召喚効果《ワイトキング》等の攻撃力?のモンスターを選択することは出来ますか?
また、出来る場合攻撃力はいくつとして扱いますか?
A:攻撃力が不確定である《ワイトキング》等のモンスターを《スカル・コンダクター》の効果によって特殊召喚する事はできません。 (11/03/18)


Tag: 《スカル・コンダクター》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 アンデット族 攻2000 守0

広告