彼岸(ひがん)悪鬼(あっき) バルバリッチャ/Barbar, Malebranche of the Burning Abyss》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1700/守1000
「彼岸の悪鬼 バルバリッチャ」の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「彼岸」モンスター以外の
モンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
「彼岸の悪鬼 バルバリッチャ」以外の自分の墓地の
「彼岸」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外し、除外した数×300ダメージを相手に与える。

 EXTRA PACK 2015で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 彼岸共通の効果と、墓地彼岸を3枚まで除外バーンダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)・(2)の効果《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》と共通しており、扱い方はあちらを参照。

 (3)の固有効果自分墓地彼岸除外とその枚数に応じたバーン効果
 しかし墓地彼岸蘇生サルベージといった再利用手段も多く、それ1枚の除外につき300ダメージでは少々物足りない。
 戦闘を介する必要はあるが、エクシーズ召喚ができる状況なら《No.47 ナイトメア・シャーク》の方がダメージは大きい。
 除外コストモンスターカードに限られていないため、使用済の《旅人の到彼岸》等をコストにできれば理想的。

 最大900ダメージとそれなりの火力はあるので、墓地が肥えやすいデュエル終盤にトドメの一撃として使用する事になるだろう。
 相手モンスターで粘ってきた時など、思わぬ状況でこのカードによるバーンが決定打となる場面も存在する。
 また下級彼岸モンスター中最高の攻撃力を持ち、リクルーター程度なら戦闘破壊できる他、総攻撃時のダメージ水増しにも使える。
 総じて単体で見ると扱いづらさが目立つものの、【彼岸】ではダメージレースにおいて輝けるモンスターといえる。

  • モチーフは、ダンテの『神曲』に登場するマレブランケの一人である「Barbariccia(バルバリッチャ)」だろう。
    その名は「野蛮なやつ」を意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《彼岸の悪鬼 バルバリッチャ》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1700 守1000 彼岸

広告