攻撃力/ATK(Attack Points)

 ATKはモンスターの攻撃力を表しています。
 この数値が高いほど、モンスター同士の戦闘では有利になります。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


  • 《コアラッコ》等の「指定した数値にする効果」は、後から別に受ける場合上書きされる。
    • 「攻撃力が〜になる」永続的効果の後に、「攻撃力が〜アップ(ダウン)する」永続的効果適用される。
    • 「攻撃力が〜になる」効果は、複数適用された場合後から適用された値になる。
    • 「攻撃力が〜アップする」効果は累積する。

(その他数値変動については「元々の攻撃力(守備力)」や「ステータス」も参照のこと)

  • 攻撃力「?」は、デッキ墓地手札では判定できない。
    よって、「デッキから攻撃力1500以下のモンスターを〜〜」などのような「数値を限定する」効果の対象にできない。
    「攻撃力?」のモンスターは、「攻撃力1500以上」でもなければ「攻撃力1500以下」でもないからである。
    他方で、「元々の攻撃力」等で、どうしても攻撃力を参考にしなければならない場合は0として処理する。
  • 攻撃力0同士のモンスター戦闘した場合、「両者戦闘ダメージを受けていない」という事で両方とも破壊されない。
    滅多にないケースではあるが、覚えておくのもよいだろう。
    ちなみに海外やゲーム作品では戦闘破壊されるので注意したい。
  • 攻撃力(守備力)を半減させる効果発動されて小数点以下が発生した場合、小数第一位を四捨五入する。
  • 主流デッキ必須カードの変化により、「攻撃力の基準」が生まれる事がある。
    もちろんこれは、環境によっていくらでも変化するものである。
  • 自己強化を行える効果モンスターは、レベル毎の攻撃力の基準を超えられるかどうかが評価の分かれ目になっている。
    元々の攻撃力強化値を足してもそれに届かない場合、あるいはその強化に手間がかかる場合は、元々基準を満たしているものを使った方が良いとされる。

攻撃力の主な指標

攻撃力を指定するカード

―攻撃力3000以上対象

―攻撃力3000以下対象

―攻撃力2800対象

―攻撃力2500以上対象

―攻撃力2400対象

―攻撃力2000以上対象

―攻撃力1900以上対象

―攻撃力1800以上対象

―攻撃力1600以上対象

―攻撃力1500以上対象

―攻撃力1300以上対象

―攻撃力1000以上対象

―攻撃力2000未満対象

―攻撃力2000以下対象

―攻撃力1900以下対象

―攻撃力1800以下対象

―攻撃力1700以下対象

―攻撃力1600以下対象

―攻撃力1500以下対象

―攻撃力1400以下対象

―攻撃力1200以下対象

―攻撃力1000以下対象

―攻撃力500対象

―攻撃力500以下対象

―攻撃力0対象

―攻撃力?対象

関連リンク

FAQ

Q:攻撃力2450のモンスター《BF−疾風のゲイル》の攻撃力半減効果を2度適用した場合、攻撃力の値は何になりますか?
A:1度目には攻撃力1225となり、2度目には攻撃力613となります。(12/01/13)

広告