旅人(たびびと)到彼岸(とうひがん)/The Traveler and the Burning Abyss》

通常罠
「旅人の到彼岸」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の、このターン墓地へ送られた「彼岸」モンスターを
任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2015で登場した通常罠
 同一ターン中に墓地へ送られた彼岸を任意の数だけ蘇生させる効果を持つ。

 彼岸墓地へ送られた場合の効果を持つものが多く、それらをデメリットなしで最大5体まで蘇生できる。
 フリーチェーン罠カード故の柔軟性もありその用途は多岐に渡る。
 ただし守備表示での特殊召喚になるので、《ブラック・ホール》等で一掃した後一斉攻撃といった使い方は難しい。
 基本的には相手ターンエンドフェイズ発動して戦線を立て直すのに使うことになる。
 自分ターン発動する場合はシンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げ、再び展開することになる。
 下級彼岸モンスターの固有効果が持つ1ターンに1度の制限を回避する意味でも相手エンドフェイズでの発動は有効と言える。
 彼岸の名を持つので、墓地に落ちた後も《彼岸の旅人 ダンテ》で回収して再利用できる。

  • モチーフは「神曲」の地獄編第3歌冒頭に登場する「地獄の門」か。
    イラストダンテが今まさに地獄へ足を踏み入れんとする場面だろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:4体のモンスター対象に選択してこのカード発動し、効果解決時モンスターゾーンの空きが2つになった場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:はい、その場合、4体の内から2体のモンスターを選んで特殊召喚する処理が行われ、残りのモンスターはそのまま墓地に残る事になります。(15/09/18)


Tag: 《旅人の到彼岸》 通常罠 彼岸

広告