BF(ブラックフェザー)

デッキの概要

 BFと名のついたモンスターを軸にしたビートダウンデッキ
 現在はキーカードの多くに規制がかかり、環境の高速化も進行しているため第一線を退いている。

《BF−疾風のゲイル/Blackwing - Gale the Whirlwind》
チューナー(効果モンスター)(制限カード)
星3/闇属性/鳥獣族/攻1300/守 400
自分フィールド上に「BF−疾風のゲイル」以外の
「BF」と名のついたモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
《BF−精鋭のゼピュロス/Blackwing - Zephyros the Elite》
 効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1600/守1000
このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を手札に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、自分は400ポイントダメージを受ける。
「BF−精鋭のゼピュロス」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
《BF−大旆のヴァーユ/Blackwing - Vayu the Emblem of Honor》
チューナー(効果モンスター)
星1/闇属性/鳥獣族/攻 800/守   0
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、シンクロ素材にできない。
このカードが墓地に存在する場合、チューナー以外の自分の墓地の
「BF」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
墓地のこのカードと選択したモンスターをゲームから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルを持つ「BF」と名のついた
シンクロモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《黒い旋風/Black Whirlwind》
永続魔法
自分フィールド上に「BF」と名のついたモンスターが召喚された時、
そのモンスターの攻撃力より低い攻撃力を持つ
「BF」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

デッキ構築に際して

 基本的な【BF】は、【旋風BF】と【墓地BF】という2つの軸に分けられる。
 この2つは全く別のコンセプトを持っているため、採用されるカードの傾向が大きく異なることに留意してほしい。

主なBFモンスターカード

【旋風BF】と【墓地BF】のどちらにも共通して言えるのは、デッキの中心となるのは《BF−大旆のヴァーユ》までに登場した所謂「初期BF」であるということ。
それ以降のBFのほとんどはその性能から採用圏外である。

BF以外で採用を検討できるモンスターカード

魔法・罠カードについて

デッキの種類

1ターンキル特化型

 《闇の誘惑》などでキーカードを素早くサーチし、手札BFを一気に展開し総攻撃を仕掛ける。
 《黒い旋風》《血の代償》《二重召喚》を絡めて大量展開をサポートするのも良いだろう。

 現在はキーカードや有力なシンクロモンスターの規制、1ターンキル防止の手札誘発カードなどの増加により、BFによる1ターンキルデッキの構築はかなり難しい。

【メタビート】

 《BF−疾風のゲイル》制限カードとなった後に台頭した、「BFの基本は特殊召喚連発からの1ターンキル」と言う認識を覆すアーキタイプ。
 《王宮の弾圧》を採用する事で相手の特殊召喚を妨ぎ、《黒い旋風》による《BF−月影のカルート》サーチによって、単純な下級モンスターとの戦闘にも強い。
 《BF−大旆のヴァーユ》《BF−蒼炎のシュラ》《王宮の弾圧》の影響を受けず、《BF−極北のブリザード》《黒い旋風》の順にチェーンを積めば《王宮の弾圧》チェーンされない等、《王宮の弾圧》に対する抜け道が存在する事もこのデッキならではの利点。

 《王宮の弾圧》11/09/01禁止カードに指定されたことで、現在この《王宮の弾圧》を軸にする、この型は存在しない。

《スキルドレイン》

 《スキルドレイン》で相手のモンスター効果を封じ、《一族の結束》で強化されたBFの大量展開でビートダウンしていく【旋風BF】。
 昨今の環境では、1枚のモンスター効果から制圧力の高いエクシーズモンスターがでてきたり、多くのモンスターが展開されたり、1ターンで追い詰められる事も少なくない。
 それらの強力なモンスター効果を封じつつ、《スキルドレイン》効果が及ばない、手札墓地効果発動するBFを採用していくことで、相手効果モンスターのみを封じつつ戦える。
 【メタビート】型が消滅した今、純粋にBFのみでBF以降に登場した格上のデザイナーズデッキと対等に戦うことができる唯一の方法。

 採用するBFは、手札から容易に特殊召喚できる《BF−黒槍のブラスト》《BF−疾風のゲイル》や、手札誘発《BF−月影のカルート》墓地からの《BF−精鋭のゼピュロス》などの他の型で採用されているBFの他にも、《BF−尖鋭のボーラ》《BF−流離いのコガラシ》《BF−熱風のギブリ》など、フィールド外で発動できる効果を持つBFは多く存在しており、《スキルドレイン》を気にせず戦うことができる。
 残念ながら他のBFで主軸となる《BF−極北のブリザード》は採用できない、逆に《BF−蒼炎のシュラ》《スキルドレイン》発動後もメインアタッカーとして使えるため、採用は十分考えられる。
 効果無効化されるため、無理にシンクロ召喚エクシーズ召喚せずに《一族の結束》《ダークゾーン》BFそのものを強化する方が安定しやすく、《団結の力》1ターンキル可能な攻撃力も実現することができる。
 《スキルドレイン》はもちろん、《黒い旋風》《一族の結束》を守るためのカウンター罠などを採用しておくとよい。

 もともと効果無効化されたBF特殊召喚する《BF−大旆のヴァーユ》による墓地シンクロ召喚とは相性がよい。

カオス

 カオスを投入した【旋風BF】。
 【旋風BF】にBF以外を組み込もうとすると、だいたいこのカオス型に行き着く事になる。

 強力な効果ステータスをもつ《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《カオス・ソーサラー》といったカオスを組み込むことで、さらなる強化を目的ととした型である。
 《ゴッドバードアタック》がないと対処できない高攻撃力モンスター戦闘破壊耐性を持つモンスターなども対処できるようになる。
 召喚条件を満たすための闇属性モンスターBF光属性モンスター《エフェクト・ヴェーラー》《フォトン・スラッシャー》など汎用性の高いモンスターが挙げられる。
 墓地肥やしや優秀な効果の点から《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》も候補に挙がるが、BFの要の《BF−蒼炎のシュラ》《BF−月影のカルート》特殊召喚のできない《BF−極北のブリザード》などが墓地へ行ってしまうとカオスどころではなくなってしまうため採用には疑問が残る。
  カオス光属性モンスターの投入枚数は、BF自体が《BF−蒼炎のシュラ》《黒い旋風》のおかげで回転率がよいため、少なめでもさほど問題はない。
 その回転率のよさから序盤からカオスが出せる状況が作りやすい、展開力のあるBFカオスで一気に畳み掛けることもできる、その場合は罠カードに注意したい。
 《ゴッドバードアタック》などで相手伏せカードを大方除去し終わった中盤以降にだすとそのままゲームエンドにもっていく事ができる。
 また、カオスにはBFにはない手札1枚からの逆転要素があるため、終盤にも活躍が見込める。

 カオスとは召喚条件が違うが、墓地の枚数を調整しやすい墓地BFの場合は《ダーク・アームド・ドラゴン》も採用できる。

ウイルス

 各種ウイルスカードを使い分け、相手へのハンデスピーピングを狙っていくコントロール寄りの【旋風BF】。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》の主なリリース対象は《BF−暁のシロッコ》《闇のデッキ破壊ウイルス》の主なリリース対象は《BF−アーマード・ウィング》辺りになる。
 また、《BF−月影のカルート》《BF−暁のシロッコ》効果エンドフェイズまで続くため、大抵のBF《魔のデッキ破壊ウイルス》などのリリースが確保できる。
 《一族の結束》《ダークゾーン》などを使えば、全体強化と共にウイルスカード媒体を増やす事が可能。
 ただし、これらのカード攻撃力が上昇するのはリリース対象が表側表示の場合だけなので、注意が必要である。

 ウイルスカードでは、チューナー必須カードである《ブラック・ホール》《死者蘇生》などを落とすことができれば大きい。
 ピーピングの後、更に《マインドクラッシュ》《D.D.クロウ》などで念入りに追撃&フォローすればスキがない。
 そうしてスキができたところを、シンクロモンスタービートダウンしていく。

BF6・7軸

 《BF−大旆のヴァーユ》による墓地シンクロ召喚をベースにランク6・7のエクシーズ召喚を主軸にする【墓地BF】。
 墓地シンクロ召喚したBF効果無効になってしまう上に攻撃力も2500を簡単には越えることができず、強力なモンスター相手には敵わなかった、しかしエクシーズ召喚の登場以降、その素材にしてしまう事でその問題が解消された。

 この型は、墓地シンクロ召喚したBFを素材としてエクシーズ召喚する事で、その素材となった高レベルBF墓地へ落とす事ができ、それと《BF−大旆のヴァーユ》で再びレベルが1つ上の墓地シンクロ召喚を行い、さらに1ランク上のエクシーズ召喚を行うことを目的とした型である。
 墓地さえ肥えれば、この繰り返しで1ターンで高ランク・高レベルモンスターを一気に展開する事ができ、1ターンキルも視野にはいる。

 その性質上、《BF−大旆のヴァーユ》を何度も利用する事になるが、《異次元からの埋葬》は制限カードなので《奇跡の発掘》《終焉の精霊》も採用する事になる。
 また、高ランクエクシーズモンスターを展開するためには、とにかく墓地を肥やす事を目的として構築しなければならないので、【墓地BF】の基本となる《BF−大旆のヴァーユ》《BF−暁のシロッコ》以外のBFの採用は疑問。
 《BF−漆黒のエルフェン》は、直接ランク7へアクセスしたい場合は採用するといいだろう。
 それ以外に採用するモンスターは、ピンポイントで墓地を肥やせる《終末の騎士》《ダーク・グレファー》はもちろん、不確定要素があるが《カードガンナー》ライトロード《魔導雑貨商人》などの採用も考えられる。
 エクシーズ召喚しやすくするためと同時に、単体でも強力な《ダーク・アームド・ドラゴン》《冥府の使者ゴーズ》《D−HERO ディアボリックガイ》《カオス・ソーサラー》などレベル6・7の特殊召喚モンスターも採用される。
 特に挙げた内の3体のモンスターは、墓地カード除外する効果を持つため、《奇跡の発掘》発動条件の調整などにも役に立つため非常に相性がよい。

 採用するエクシーズモンスターは、ランク6・7には強力な効果を持つモンスターが多く存在するが、墓地シンクロ召喚のためにBFエクストラデッキの枠を割かないといけないので、バランスを考えて厳選しよう。
 また、無条件に発動できる起動効果を持つモンスターにしなければ、エクシーズ素材がそのターン中に墓地に行かず、次の墓地シンクロ召喚に繋げられなくなってしまうので注意しよう。
 ランク4だが《ラヴァルバル・チェイン》効果の使い終わった《終末の騎士》《ダーク・グレファー》でさらに墓地を肥やす事ができるので、1枚はエクストラデッキに投入しておきたい。

 かなり難しい上に、エクストラデッキの枠もさらに厳しくなるが、《BF−アーマード・ウィング》との墓地シンクロ召喚で出せる《BF−孤高のシルバー・ウィンド》ランク8のエクシーズ召喚も可能ではある。

デッキの派生

【BFファンカスノーレ】

 《天魔神 ノーレラス》《ファントム・オブ・カオス》フィールド手札を一掃し、《BF−大旆のヴァーユ》で擬似シンクロ召喚してフィールドを制圧するデッキ
 詳細は【ファンカスノーレ】を参照。

【BFアロマ・コントロール】

 《魔封じの芳香》相手魔法カード発動ロックし、相手の行動を制限する。
 基本戦術は【アロマ・コントロール】を参照。
 BFを採用することで、発動するためにセットされた相手魔法・罠カード《デルタ・クロウ−アンチ・リバース》で根こそぎ破壊できるのが強力。
 効果モンスターに対しては《群雄割拠》《天罰》などで対処しよう。

このデッキの弱点

 下記のような弱点はあるが、そのほとんどは《ゴッドバードアタック》で対処可能で、能動的にアドバンテージを稼ぎにくい【メタビート】相手ではメタを突破したうえで致命傷を与えることもできる。
 その《ゴッドバードアタック》を封じる《王宮のお触れ》が存在している時には他の罠カードが封じられるので、シンクロ召喚などから容易に突破可能と、ほとんどの状況に対して柔軟に対応が可能である。
 この致命的な弱点が無いという所が【BF】の最大の強みといえる。

特殊召喚メタ

 特殊召喚全てを封じる《大天使クリスティア》等を筆頭とするカードには対処が必要である。
 特に《ライオウ》《黒い旋風》等のサーチができない上にシンクロ召喚まで封じられる。

攻撃力メタ

 BFには攻撃力1900以上の下級モンスターが存在しない。
 そのため、《強者の苦痛》《王虎ワンフー》コンボを決められたり、を立たされたりすると《ゴッドバードアタック》等を引くまで攻めに回れない。
 特に《スノーマンイーター》守備力だけでなく、《ゴッドバードアタック》の効かないダメージステップ除去効果を使ってくるので踏んでしまうと厄介。
 また、《強者の苦痛》《黒い旋風》にも響いてくるため、早めに除去したい。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》《BF−蒼炎のシュラ》にこそ効かないが《BF−極北のブリザード》《BF−疾風のゲイル》が引っ掛かり、《ゴッドバードアタック》で対処しきれないので危険である。

墓地メタ

 《BF−月影のカルート》《BF−蒼炎のシュラ》効果発動を封じ、《BF−極北のブリザード》《BF−大旆のヴァーユ》腐らせる《次元の裂け目》にも弱い。
 また、《王家の眠る谷−ネクロバレー》《BF−蒼炎のシュラ》等は使えるものの墓守に打点負けしてしまうので、除去できないと厳しくなる。
 これら永続カード《デルタ・クロウ−アンチ・リバース》では破壊できないため、《ゴッドバードアタック》サイドデッキから《サイクロン》等を採用することで対処しよう。
 特に墓地利用カードに特化した【墓地BF】ではこれらのカードは致命傷になりうるので注意。

属性メタ

 必然的にモンスターのほとんどが闇属性で構成されるため、《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》等を苦手とする。
 特に《聖なるあかり》はこのデッキの機能がほぼ全て停止する上に、何かしらの対策が無いとモンスターセットして《ゴッドバードアタック》で除去するくらいしか方法がない。
 最悪の場合、このカード1枚で完封されてしまう可能性すらある。
 これらに対抗するために単体除去カード闇属性以外のモンスターを採用するのも良いだろう。

このデッキの歴史

 他の主流デッキに比べ、主要カードの入手難易度やデッキ構築難度が低い。
 このためカテゴリが成立した当初から多くのプレイヤーが使用し、2009年の世界大会にて優勝を収めた。

2009年9月1日以前

 《BF−大旆のヴァーユ》の登場以降、BFデッキとして完成することとなる。
 当時は無制限の《BF−疾風のゲイル》を大量展開し、速攻で《ダーク・ダイブ・ボンバー》などのシンクロ召喚も容易だった。
 《ダーク・ダイブ・ボンバー》BFシンクロモンスター射出し、《BF−大旆のヴァーユ》効果を使い再び射出するなど1ターンキルも可能だった。
 しかし当時は【レスキューシンクロ】【シンクロアンデット】など、このデッキ以上に凶悪なデッキが沢山あったため、あまり活躍することはなかった。

2009年9月1日

 《BF−疾風のゲイル》制限カード《ダーク・ダイブ・ボンバー》禁止カードとなる。
 弱体化したものの、他のデッキがそれ以上に痛手が多く、相対的にまだ強力なこのデッキが評価されるようになっていった。
 【メタビート】型など逆にメタをはる型も登場し、このデッキの使用率も段々と上がっていった。

2010年3月1日

 《異次元からの埋葬》《闇の誘惑》制限カード《黒い旋風》《王宮の弾圧》準制限カードになった。
 《異次元からの埋葬》制限強化により【墓地BF】は弱体化。
 しかし【メタビート】型はまだ構築可能で、前期の主流デッキであった【ライトロード】などが制限改訂で規制されたこともあり、相対的に評価された。
 2010年度の選考会での使用率はトップクラスだった。

2010年9月1日

 《黒い旋風》《王宮の弾圧》制限カードとなり、弱体化した。
 それでも当時の主流デッキであった【六武衆】と張り合うほどであり、未だにトップクラスの使用率であった。

2011年3月1日

 《BF−月影のカルート》制限カード《ゴッドバードアタック》準制限カードとなり、多くの構築にとってかなり苦しい改訂となった。
 これにより、大幅に安定度を失い、ついに環境トップからは退くこととなった。

2011年9月1日

 《王宮の弾圧》禁止カードとなったので【旋風BF】【墓地BF】共に構築を見直す必要ができた。
 代わりに《ゴッドバードアタック》が緩和されたので総合的には使い易くなった。

2012年9月1日

 《BF−月影のカルート》準制限カードに緩和された。
 《氷結界の龍 ブリューナク》禁止カードになったことにより《BF−極北のブリザード》シンクロ召喚先が減ってしまった。
 後に《獣神ヴァルカン》が登場したことである程度は補われている。

2013年3月1日

 《BF−月影のカルート》無制限カード制限解除された。
 しかし、【征竜】などの更に強力なデッキの登場により、既にインフレ化についていけなくなり、環境に登場することはほぼなくなってしまっている。

2013年9月1日

 《黒い旋風》準制限カード制限緩和された。

2014年7月1日

 《黒い旋風》制限解除された。
 コレクターズパック−伝説の決闘者編−の新規BFの登場も合わせて、ようやくある程度の力を取り戻したが、依然厳しい状況である。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告