【エクゾディア】

デッキの概要

 《封印されしエクゾディア》効果特殊勝利を狙うデッキ
 最初期から存在する由緒正しいデッキであり、原作やアニメでは敵味方を問わずに使用されている知名度の高いデッキでもある。
 デッキの性質上、他の多くのデッキとはデッキ構成やプレイングが大きく異なり、エクゾディアパーツを如何に素早く揃えられるかが重要となる。

《封印されしエクゾディア/Exodia the Forbidden One》
効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカードと「封印されし者の右足」「封印されし者の左足」
「封印されし者の右腕」「封印されし者の左腕」
が手札に全て揃った時、自分はデュエルに勝利する。

デッキ構築に際して

 エクゾディアパーツを揃えて特殊勝利することが最終目的だが、様々なデッキタイプが存在するその手段は様々なものが考えられる。
 いずれのデッキタイプであっても、デッキ回転力を高めるのは必須であり、タイプ問わず採用しやすいカードを以下に記載する。

戦術

 このデッキは知名度が高く、弱点も多いことから対策もされやすいため、デュエル序盤は【エクゾディア】であることを可能な限り悟らせないようにプレイすると良い。
 ただし、デッキ内容を知られないようにプレイするとパーツ集めがどうしても低速になり、パーツを集め終える前に敗北することも多い。
デッキ高速で集めるならば、相手を気にせずとにかく素早く行動したい。
 このジレンマをどのように対処するかがプレイヤーの腕の見せ所となる。

 エクゾディアパーツの四肢は闇属性通常モンスターという特徴があるため、使用できるサポートカードは幅広く、これらを活用してゆくことになる。
 エクゾディアパーツを集める手段としては、ドロー手札交換で引く、サーチ効果で直接手札に呼び込む、一度墓地に落としてサルベージする等の手段がある。
 ただし、一度墓地に落としてサルベージする場合、《D.D.クロウ》等で除外されるリスクがある点に注意が必要である。

デッキの種類

ロック

 《レベル制限B地区》等でロックをかけ、相手攻撃を抑止している間にエクゾディアパーツを集めるタイプ。
 《デス・ラクーダ》で連続ドローが可能であり、他のロックデッキにカモフラージュしやすいことがメリットとなる。
 ただし、《ブラック・ローズ・ドラゴン》等による全体除去レベルを持たないエクシーズモンスターに弱い。

《青眼の白龍》

 《青眼の白龍》サポートカードを使用してデッキ圧縮しつつ、エクゾディアパーツを集めるタイプ。
 《召喚師のスキル》《伝説の白石》《調和の宝札》《青眼の白龍》サーチして、《トレード・イン》手札交換しつつ《超再生能力》ドローできる。
 パーツを集めつつビートダウンできるが、高レベルモンスターや単体で使用できないカードが多く、手札事故を起こしやすい点に注意が必要である。

D−HERO

 D−HERO手札交換サポートカードを使用して、エクゾディアパーツを集めるタイプ。
 《E・HERO エアーマン》《増援》D−HEROサーチしつつ、《トレード・イン》《デステニー・ドロー》《闇の誘惑》を使用してデッキ圧縮できる。
 D−HEROとは闇属性サポートカードを共有できるが、癖のある高レベルモンスターを抱えることから手札事故を起こしやすい点に注意が必要である。

ライトロード

 ライトロード効果エクゾディアパーツデッキから直接墓地に落とし、サルベージすることで揃えるタイプ。
 墓地に落ちたエクゾディアパーツ《貪欲な壺》《ダーク・バースト》《闇の量産工場》等で回収して集める。
 ライトロードビートダウンでも勝利できるが、ライトロードエクゾディアパーツサポートカードを共有できず、墓地に落ちるカードランダムであり、うまく回らないと何もできずに敗北する点に注意が必要である。

おジャマ

 《おジャマジック》手札を増強し、《凡人の施し》等で手札交換しつつエクゾディアパーツを集めるタイプ。
 手札枚数を豊富に確保できることから、《手札断殺》等の1:2交換ディスアドバンテージとなる手札交換カードも苦にならない。
 通常モンスターサポートカードを共有できるが、《おジャマジック》は単体では使用できずおジャマも弱小モンスターであるため、手札コスト以外に活用しにくい。

【宝玉獣】

 《虹の古代都市−レインボー・ルイン》《レア・ヴァリュー》等でのドロー加速や、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉の導き》によるデッキ圧縮を狙う。
 《虹の古代都市−レインボー・ルイン》戦闘ダメージを半減したり、魔法・罠カード無効化できる等、防御力の面でも相性が良い。
 いざとなれば、《宝玉の氾濫》で一撃必殺を仕掛けてもよい。

【未来オーバー】

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定し、デッキ圧縮を行う。
 ビートダウン特殊勝利を並行して狙うため、ロックデッキにも強い。

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》制限カードになって以来構築は困難になったが、代わりに《チェーン・マテリアル》を使う型も考えられた。
 さらに《ワーム・ゼロ》と共にデッキ機械族ワームに置き換え、無限に融合召喚を行うループを利用しての無限ドローも可能。

《メタモルポット》

 《月の書》《皆既日蝕の書》《浅すぎた墓穴》で、《メタモルポット》を何度も使いまわし、墓地に落ちたエクゾディアパーツサルベージするデッキ
 相手《浅すぎた墓穴》で強力モンスターが大量に場に揃うので、とにかくスピードを重視し手札交換デッキ圧縮カードはフル投入する。

 《メタモルポット》サーチサルベージするため、エクゾディアパーツにも使える《おろかな埋葬》《死者転生》は必須。
 また、《魔法石の採掘》等の手札コストがあるカードも、《メタモルポット》のおかげで気にせず使える。
 何をサルベージするかは状況によって変わるので慣れが必要。

《王立魔法図書館》軸(【図書館エクゾ】)

 《強欲で謙虚な壺》《闇の誘惑》《手札断殺》等の手札交換魔法カードを続々と使用し《王立魔法図書館》魔力カウンターを乗せ、大量ドローを狙う。
 《召喚僧サモンプリースト》闇属性であり使いやすく、すぐに《王立魔法図書館》を出すためにも入れておきたい。
 《リロード》《打ち出の小槌》等の手札交換カードも、手札でダブついた《トゥーンのもくじ》デッキに戻したり手詰まりを防ぐために入れておくといいだろう。
 《王立魔法図書館》破壊されてしまえば負けたも同然なので、それを防ぐために相手ターンを渡さない、1ターンキルが求められる。
 いかにして手札を減らさず魔力カウンターを稼ぐか、いかにして素早く《王立魔法図書館》フィールドに出すかが勝利の鍵である。

《サイバーデーモン》軸(【ハンドレスエクゾ】)

 《ハンドレス・フェイク》《インフェルニティ・ガーディアン》《サイバーデーモン》を投入し毎ターン《ハンドレス・フェイク》手札を0枚にし《サイバーデーモン》効果ドローしてエクゾディアパーツを揃えるデッキ

 《ハンドレス・フェイク》効果手札が0枚になるため、《サイバーデーモン》エンドフェイズ時に自壊せず、またドローフェイズ開始時に手札0枚という状況を作り出せるため《サイバーデーモン》効果発動条件を満たせる。
 また、手札エクゾディアパーツが何枚かあっても《ハンドレス・フェイク》除外してしまえば捨てずに済むため《無の煉獄》《メタモルポット》等を躊躇することなく使用できる。
 守りについては《ハンドレス・フェイク》効果発動条件にもなり手札が0枚である限り破壊されない《インフェルニティ・ガーディアン》や、《サイバーデーモン》召喚してすぐ表側守備表示にできる《レベル制限B地区》《つまずき》などといったロックカードが役に立つ。
 【エクゾディア】の弱点である手札破壊を、《ハンドレス・フェイク》効果手札を全て除外してしまうことで防ぐ事ができる。

《光神テテュス》

 《光神テテュス》ドロー効果を活用して集めるデッキ

 デッキの大半を天使族で統一し、デッキ圧縮サーチをするための《ヘカテリス》、そのサーチ先であり《光神テテュス》を出し易い《神の居城−ヴァルハラ》手札交換のための《打ち出の小槌》《手札断殺》等を投入し、何度も手札交換をして大量ドローを図る。
 《トレード・イン》《軽量化》に対応したレベル8の天使族を多く採用することでドロー強化と戦線維持を兼ねることができる。

 トークンを残す《堕天使アスモディウス》や、自身で特殊召喚できる《大天使クリスティア》などを採用すれば、いざという時パーツを集めなくともビートダウンができる。
 デッキが回り順調にドローできれば手札コストには困らないため、カードの効果無効にできる宣告者の採用も検討できる。
 永続魔法に頼る構築上手札事故のリスクが伴うので、《光神テテュス》フィールドに出すための工夫として、リリース要員になる《マシュマロン》など優秀なを投入しておきたい。
 魔法・罠カードでの候補は、除外ドローを兼ねる《天空の宝札》や、帰還効果を持つ《奇跡の光臨》である。
 《天空の宝札》デメリットは、相手ターン《奇跡の光臨》を使うようにすれば抑えられる。
 他にもドローカードを増やしたいが、《光神テテュス》効果任意効果のため、他の処理が挟まる《闇の誘惑》《成金ゴブリン》等はタイミングを逃す事には注意。

 カードプールの増加で、《神の居城−ヴァルハラ》を採用しないタイプのデッキも組みやすくなった。
 この場合モンスターで採用したいのは、召喚するだけでコストを稼げる《神秘の代行者 アース》や、ビートダウン除去能力によって戦線維持に役立ち《トレード・イン》にも対応する《マスター・ヒュペリオン》等。

デッキの派生

《究極封印神エクゾディオス》

 エクゾディアパーツサルベージしての特殊勝利と、《究極封印神エクゾディオス》効果での特殊勝利を並行して狙うデッキ
 ただし、《究極封印神エクゾディオス》効果だけで勝利するのは難しい。
 狙うのであれば、《我が身を盾に》《神の宣告》等で除去から徹底的に守りたい。
 《おジャマトリオ》《拡散する波動》《異次元への案内人》コンボ連続攻撃を行い、一気に特殊勝利を狙う手もある。

【調理師エクゾ】

 《悪魔の調理師》コントロール転移し、リクルーター自爆特攻で大量ドローデッキ圧縮を行いパーツを揃えるデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【宝札エクゾディア】

 《暗黒のマンティコア》《生還の宝札》無限ループを利用して集めるタイプ。
 詳しくは当該ページを参照。

【凡骨エクゾディア】

 大量の通常モンスター《凡骨の意地》で大量ドローするデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【便乗ターボ】

 相手ドローさせるカード《便乗》とのコンボで利用し、高速で手札を増強するデッキ
 相手ドローさせる欠点から速攻が求められる。
 採用すべきカード《便乗》のページを参照。

 【調理師エクゾ】と並び、なかなか歴史の古いデッキである。

【チェーンエクゾ】

 《強欲な瓶》《八汰烏の骸》チェーンを組みながら、《積み上げる幸福》でのドローを狙う。
 簡単に言えば【チェーンバーン】バーンカードを無くし、エクゾディアパーツを加えたもの。
 【やりくりターボ】《無謀な欲張り》《光帝クライス》《地母神アイリス》でさらに上乗せし、一気に決着をつける。
 チェーン数稼ぎを兼ねるドローソースとして《活路への希望》《ギフトカード》を搭載するのも面白い。
 《成金ゴブリン》が更なるターボパーツになり、《光の護封壁》《ソウルテイカー》といった防御カードチェーン構築までの時間稼ぎも狙える。

このデッキの弱点

 手札カードを揃えることで特殊勝利を狙うので、手札破壊を弱点とする。
 一度エクゾディアパーツ除外されるとカードを回収するのが難しく、[[《氷結界の龍 トリシューラ》 ]]等には特に脆い。
 除外対策には《異次元からの埋葬》《王宮の鉄壁》などがあるので、サイドデッキに投入しておくといい。

 《抹殺の使徒》デッキ手札確認されたり、ウイルスカードでのピーピング等にも注意したい。
 こちらの戦術が判明した瞬間、上記のような攻めを徹底的に行われる可能性があるためである。
 カード・アドバンテージを無視した手札交換を頻繁に行うと、自らこうした事態を引き起こす事もあるだろう。

 また、エクゾディアパーツが早いターンに複数枚来た場合も手札事故のような状態になる。
 パーツを揃えるためのカードを手にできず、回転が悪くなる。

 上記も含め、マッチ戦では2戦目からはまず対策されるだろう。
 サイドデッキを利用して【自爆スイッチ】や他のデッキに変化できるようにするのも手である。

歴史

関連カード

関連リンク

広告