【エクゾディア】

デッキの概要

 《封印されしエクゾディア》効果特殊勝利を狙うデッキ
 最初期から存在する由緒正しいデッキであり、原作やアニメでは敵味方を問わずに使用されている知名度の高いデッキでもある。
 デッキの性質上、他の多くのデッキとはデッキ構成やプレイングが大きく異なり、エクゾディアパーツを如何に素早く揃えられるかが重要となる。

《封印されしエクゾディア/Exodia the Forbidden One》
効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカードと「封印されし者の右足」「封印されし者の左足」
「封印されし者の右腕」「封印されし者の左腕」
が手札に全て揃った時、自分はデュエルに勝利する。

デッキ構築に際して

 エクゾディアパーツを揃えて特殊勝利することが最終目的だが、様々なデッキタイプが存在するその手段は様々なものが考えられる。
 いずれのデッキタイプであっても、デッキ回転力を高めるのは必須であり、タイプ問わず採用しやすいカードを以下に記載する。

戦術

 このデッキは知名度が高く、弱点も多いことから対策もされやすいため、デュエル序盤は【エクゾディア】であることを可能な限り悟らせないようにプレイすると良い。
 ただし、デッキ内容を知られないようにプレイするとパーツ集めがどうしても低速になり、パーツを集め終える前に敗北することも多い。
 デッキ高速で集めるならば、相手を気にせずとにかく素早く行動したい。
 このジレンマをどのように対処するかがプレイヤーの腕の見せ所となる。

 エクゾディアパーツの四肢は闇属性通常モンスターという特徴があるため、使用できるサポートカードは幅広く、これらを活用してゆくことになる。
 エクゾディアパーツを集める手段としては、ドロー手札交換で引く、サーチ効果で直接手札に呼び込む、一度墓地に落としてサルベージする等の手段がある。
 ただし、一度墓地に落としてサルベージする場合、《D.D.クロウ》等で除外されるリスクがある点に注意が必要である。

デッキの種類

デッキの派生

このデッキの弱点

 手札カードを揃えることで特殊勝利を狙うので、手札破壊を弱点とする。
 一度エクゾディアパーツ除外されるとカードを回収するのが難しく、《氷結界の龍 トリシューラ》等には特に脆い。
 除外対策には《異次元からの埋葬》《王宮の鉄壁》などがあるので、サイドデッキに投入しておくといい。

 《抹殺の使徒》デッキ手札確認されたり、ウイルスカードでのピーピング等にも注意したい。
 こちらの戦術が判明した瞬間、上記のような攻めを徹底的に行われる可能性があるためである。
 カード・アドバンテージを無視した手札交換を頻繁に行うと、自らこうした事態を引き起こす事もあるだろう。

 また、エクゾディアパーツが早いターンに複数枚来た場合も手札事故のような状態になる。
 パーツを揃えるためのカードを使用できず、回転が悪くなる。

 弱点が多く対策されやすいデッキであるため、マッチ戦の1戦目を勝利できても、手の内が知られた2戦目は苦しい戦いになる。
 サイドデッキを活用して弱点を補うか、【自爆スイッチ】等の他のデッキに変更することも考えられる。

歴史

関連カード

関連リンク

広告