【ギャンブル】

デッキの概要

 「コイントス」や「サイコロ」に関するカードを駆使して戦うデッキ
 出目が良ければいかなるデッキをも秒殺する破壊力を持つが、目が悪いとものすごい速度で自滅する。
 好調な時と不調な時の落差が激しいが、裏を返せばどのようなデッキにも勝利しうるデッキだと言える。

《セカンド・チャンス/Second Coin Toss》
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか適用できない。
(1):自分がコイントスを行う効果を適用する際に、
コイントスを最初からやり直す事ができる。
《出たら目/That Six》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分または相手がサイコロを振った場合、
その内1つの目を以下の目として適用できる。
●1・3・5が出た場合:6として扱う。
●2・4・6が出た場合:1として扱う。

デッキ構築に際して

 どのような構築でも運の要素が大きいデッキとなるため、ギャンブル確率に介入できる《セカンド・チャンス》《出たら目》は可能な限り投入したい。

コイントス軸

 《セカンド・チャンス》によるコイントスのやり直しが可能となるほか、一部のモンスター効果トリガー《ラッキー・チャンス!》ドローエンジンとして機能する。
 同名カードを含め《セカンド・チャンス》1ターンに1度しか適用できないので、どのコイントスに対して使うのか見極めが重要となる。

サイコロ軸

 《出たら目》によりサイコロの出目を変更ができる。
 ただし《セカンド・チャンス》のようなやり直しではなく、サイコロの出目自体を弄る為、相性の良いカードばかりとは言い切れない。
 《リバースダイス》ならばサイコロのやり直しも可能だが、通常罠なので安定したサポートとは言いにくい。

その他のカードについて

デッキの派生

【侍BOX】

 名前の由来でもある《一撃必殺侍》《モンスターBOX》によって戦闘でのアドバンテージ確保を目的とした、成功率の高いコイントスギャンブルコンボデッキ
 詳細は該当ページを参照。

【アルカナフォース】

 コイントスで得られる効果が変化するアルカナフォースを使用したデッキ
 《光の結界》を筆頭にカテゴリサポートカードを駆使することで通常のギャンブルとは異なる戦術を取ることができる。

【大逆転クイズ】

 コイントスサイコロではなくデッキの一番上カードの種類を当てる珍しいカード《大逆転クイズ》を利用した1ターンキルデッキ
 そのまま使えばギャンブルだが《魔導書整理》デッキトップカンニングデッキに採用するカードの種類を偏らせることで正答率100%を目指す。
 1ターンキルコンボの詳細は該当ページを参照。

【ギャンブルバーン】

 《ダイス・ポット》《運命の分かれ道》等、ギャンブルの結果次第で相手効果ダメージを与えるカードを利用したバーンデッキ
 これらのカードは運の要素が絡むおかげで与える効果ダメージ量が大きめに設定されており、状況によっては【フルバーン】を超えるスピードでライフポイントが削られていく。
 キーカードである《ダイス・ポット》の成功率を大幅に上げる《出たら目》はなるべく採用したい。
 また、運に見放されると高速で削られるのは自分ライフポイントになるので、保険として《レインボー・ライフ》等もあると安心だろう。

このデッキの弱点

 特定のキーカードに依存した構築になりがちで、それらがドローできない・除去され尽くした場合にはジリ貧となる。
 カウンター罠で防御するのもよいが、キーカードがない状況でも自分の運を信じて使う勇気もあるといいだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告