【ビースト】

デッキの概要

 「獣族/BEAST」「獣戦士族/BEAST WARRIOR」「鳥獣族/WINGED BEAST」の3つの種族モンスターを軸にした3種族混合型のデッキの総称。
 《激昂のミノタウルス》《烏合の行進》など、該当する3種族サポートカードを軸に構築する。
 《激昂のミノタウルス》を優先する場合は攻撃力重視でモンスターを選択し、《烏合の行進》を軸にする場合は場持ちの良いモンスター特殊召喚可能なモンスターを重視していくべきだろう。

《激昂のミノタウルス/Enraged Battle Ox》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
《暗黒のマンティコア/Manticore of Darkness》
効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2300/守1000
このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
自分の手札・フィールド上から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を
墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
《烏合の行進》
通常魔法
自分フィールド上に獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターが存在する場合、
その種族1種類につき1枚デッキからカードをドローする。
このカードを発動するターン、自分は他の魔法・罠カードの効果を発動できない。

デッキ構築に際して

 獣族獣戦士族鳥獣族の3種族から選りすぐりのモンスターを採用していくことになる。
 また、以下のように3種族のうち2種族に対応するサポートカードも採用できる。

 上記5枚を据えてデッキを構築する場合、獣族は両方のサポートカードに対応し獣戦士族鳥獣族のクッション的役割を果たす。

モンスターカードについて

―主な獣戦士族モンスター

―主な獣族モンスター

―主な鳥獣族モンスター

カテゴリに属するモンスター
一部、あるいは全てが【ビースト】の3種族からなるカテゴリテーマデッキでもこのデッキのギミックを活用できる。
コンボで展開していけるものが多く、《烏合の行進》ドロー枚数を増やしやすくなる。

カテゴリ獣戦士族獣族鳥獣族デッキページ
剣闘獣【剣闘獣】
TG【TG】
スクラップ【スクラップ】
炎王【炎王】
陽炎獣【陽炎獣】
EM【EM】

魔法・罠カードについて

デッキの種類

レベル3軸

 場持ちの良い《ゼンマイラビット》を中心に、レベルモンスターで脇を固め、魔法・罠カードによる防御とエクシーズ召喚先などに一貫性をもたせたタイプ。
 モンスターの突破力の低さを相手ターン罠カードによる迎撃で補うため、《烏合の行進》を活用しやすい。

 獣族では《フォトン・サーベルタイガー》《セイクリッド・シェラタン》が後続を確保できるため、あわせてランクエクシーズ召喚《烏合の行進》による手札確保といった面で役立つ。
 ランク3のエクシーズモンスターは特別アドバンテージ獲得能力に長けているわけではないので、除去ビートダウンを徹底したほうが良い場面もある。
 それを覆すのが《クレーンクレーン》の存在であり、実質的に1枚分の消費で、戦略の幅を広げつつ《烏合の行進》を補助できる。
 《BF−疾風のゲイル》《X−セイバー エアベルン》《スクラップ・ゴブリン》など、単体でも十分に機能するチューナーも存在するので、《氷結界の龍 トリシューラ》までを含めたシンクロ召喚ギミックも利用できる。
 地属性が多いため、《ラインモンスター Kホース》効果も利用しやすい。

 デッキとしての柔軟性は増す一方、《ゼンマイラビット》単体に特化した場合と比較してフィールドに他のモンスターが残りやすい。
 そのため《強制退出装置》がやや扱いにくく、またエクシーズ召喚シンクロ召喚で頭数が減ると《つり天井》なども使えないなど、フリーチェーンでの防御に難が生まれる。
 《ヴェルズ・サンダーバード》に割く召喚権デッキスペースも確保しにくいので、《積み上げる幸福》は総じて発動しにくくなっている。
 またエクシーズモンスターシンクロモンスター除去を受ける割合も多くなる。
 耐性カウンター能力を持つもの、特殊召喚時に効果発動できるものなどをうまく活用していきたい。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

暗黒の侵略者発売

 暗黒の侵略者で3種族をサポートする《激昂のミノタウルス》《暗黒のマンティコア》が登場。
 このデッキの構築意義が生まれる。

ANCIENT PROPHECY発売

 《一族の結束》が登場。
 種族混合の意義が薄くなり、各種族統一構築が増える。
 以降、各種族別にサポートカードが充実していった。

COSMO BLAZER発売

 《烏合の行進》が登場し、3種族混合の意義が大きくなった。
 場持ちや、素早く3種族を出す構築が増える。

代表的なカード

関連リンク

広告