【岩石族】

デッキの概要

 岩石族モンスターを主体にした種族統一デッキ

《メガロック・ドラゴン/Mega-Rock Dragon》
効果モンスター
星7/地属性/岩石族/攻   ?/守   ?
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する岩石族モンスターを除外する事でのみ特殊召喚できる。
このカードの元々の攻撃力と守備力は、特殊召喚時に除外した
岩石族モンスターの数×700ポイントの数値になる。
《地球巨人 ガイア・プレート/Gaia Plate the Earth Giant》
効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2800/守1000
このカードは自分の墓地の岩石族モンスター2体を
ゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は
ダメージ計算時のみ半分になる。
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に
自分の墓地の岩石族モンスター1体を
ゲームから除外する。または、除外せずにこのカードを墓地へ送る。
《岩投げエリア/Catapult Zone》
フィールド魔法
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊される場合、
代わりに自分のデッキから岩石族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

戦術

 《伝説の柔術家》等のモンスターで守備を固めつつ、コアキメイル等のアタッカービートダウンするのが基本。
 そのまま相手を押し切る【メタビート】的戦術か、戦線維持に留めてフィニッシャーを繰り出すかに分かれる。

デッキの種類

【地属性】

 岩石族には地属性モンスターが多く、【地属性】のサポートを受けやすい。
 自身も岩石族《ギガンテス》《岩の精霊 タイタン》の活躍を期待できる。

【メガロック・ドラゴン】

 《メガロック・ドラゴン》による一撃必殺を狙うデッキ
 墓地が肥えた所で《メガロック・ドラゴン》特殊召喚攻撃を通したい。
 《メガロック・ドラゴン》のために岩石族墓地へ送る事が戦術の基本だが、極力損をしないように、戦線維持に支障が無い程度に墓地を肥やす事が重要。
 《異次元からの帰還》も好相性で、《メガロック・ドラゴン》召喚時に除外したモンスターを限界まで帰還させ、一斉攻撃を仕掛けられる。
 モンスターが多いためモンスターの場持ちがよく手札が溜まりやすいので、《伝説の柔術家》と相性のよい【爆風ライザー】に近づける事も可能。

【メタビート】

 《コアキメイル・ガーディアン》《コアキメイル・ウォール》《コアキメイル・サンドマン》等のメタ効果を持ったモンスターを多く採用したビートダウンデッキ
 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》特殊召喚を封じつつ《一族の結束》攻撃力を上げるタイプと、《ブロック・ゴーレム》エクシーズ召喚を織り交ぜたタイプが存在する。
 前者は《メガロック・ドラゴン》《地球巨人 ガイア・プレート》との相性が悪く、後者は《一族の結束》を用いるのが難しくなる。
 地属性岩石族モンスターで統一する事で《御前試合》《群雄割拠》も採用しやすい他、大量展開された相手モンスターを一枚でリセットできる《カオスポッド》も採用候補。

デッキの派生

【雑貨転生岩石】

 デッキの多くを岩石族モンスターで埋め、《魔導雑貨商人》墓地を肥やすデッキ
 《死者転生》《メガロック・ドラゴン》手札に戻し、「一撃必殺」以外に勝利を見出さないというデッキである。

【ローレベル儀式】

 《高等儀式術》により、《太古の壺》《はにわ》《ポット・ザ・トリック》と言った低レベル岩石族通常モンスターを大量に墓地へ送る
 その後、それらを除外して《メガロック・ドラゴン》召喚すれば、速攻で高攻撃力を得られる。
 【高等儀式術】も参考のほど。

このデッキの弱点

 守備力がいくら高くても火力は防げずバーンデッキに弱いので、サイドデッキ《デス・ウォンバット》を入れておこう。
 《ドリルロイド》《忍者マスター SASUKE》《ミスティック・ソードマン LV2》等、守備力を無視して破壊出来るモンスターも苦手。
 デッキ戻す《ライトロード・モンク エイリン》除外を行うカードは、墓地アドバンテージを利用する型にとっては致命傷になる。
 これらは各種除去カードコアキメイル等のアタッカーで対処したい。

このデッキの歴史

 岩石族には優秀なモンスターが多く戦線維持は得意だが、アタッカー不足で瞬発力に欠けていた。
 種族サポートカードが存在せず、切り札と呼べるのは《ウェポンサモナー》からサーチできる《守護者スフィンクス》のみで、岩石族で統一する意味も利点も少なかった。
 【岩石族】が一つの形になったのは第4期のTHE LOST MILLENNIUMにて《メガロック・ドラゴン》が登場してからである。
 岩石族守備力の高いモンスターが多く、守備を得意とした種族であったため、《メガロック・ドラゴン》は反撃のカードとして持ってこいであった。
 そうして生まれたのが我慢に我慢を重ね、墓地が肥えた所で《メガロック・ドラゴン》召喚し、「一撃必殺」を狙うというデッキである。

代表的なカード

関連リンク

広告