電子光虫(デジタル・バグ)

デッキの概要

 電子光虫を始めとするレベル3・光属性昆虫族を中心としたエクシーズ召喚主体のビートダウンデッキ
 守備表示表示形式の変更に関わる効果がメインであり、相手モンスター守備表示にして貫通ダメージ除去を狙っていく。

《電子光虫−ウェブソルダー/Digital Bug Websolder》
効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻 500/守1500
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にし、手札から昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターは、守備力が0になり、守備表示になる。
《電子光虫−センチビット/Digital Bug Centibit》
効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻1500/守 500
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、表側攻撃表示のこのカードが守備表示になった時に発動できる。
デッキから昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手フィールドの全ての守備表示モンスターに1回ずつ攻撃できる。
《バチバチバチ/Bachibachibachi》
効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻 800/守 800 
(1):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
《電子光虫−スカラジエータ/Digital Bug Scaradiator》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/昆虫族/攻1800/守1400
昆虫族・光属性レベル3モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
破壊したそのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

デッキ構築に際して

 電子光虫と相性の良いレベル3・昆虫族モンスター表示形式を変更する魔法・罠カードが中心となる。
 また、展開力が高くない代わりにコンボにより1ターンで大きな戦闘ダメージが狙えるため強化カードとも相性が良い。

メインデッキモンスターについて

電子光虫
 いずれもレベル3・光属性昆虫族で統一されており、以下の共通効果効果外テキストを持つ。

このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●(固有の効果)

レベル3の昆虫族
 電子光虫及びその関連カードに対応する。
 特に光属性電子光虫エクシーズモンスターエクシーズ素材にも使えるので重要。

―それ以外で相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

電子光虫エクシーズモンスター
 それぞれランク3・5・7であり、後者2体は自身よりランクが1〜2つ下の昆虫族エクシーズモンスターエクシーズ素材2つを消費することで出すこともできる。
 いずれも光属性昆虫族エクシーズ素材縛りを持つが、後者2体は上述の方法で出すことが多いのでこの縛りが影響するのは《電子光虫−スカラジエータ》くらいだろう。

―それ以外のエクシーズモンスター
 ランク3及びそこから展開できるエクシーズモンスターが中心となる。

魔法・罠カードについて

昆虫族サポートカード

表示形式守備表示に変更するカード
 電子光虫効果補助の他、《電子光虫−ウェブソルダー》効果が無くとも《電子光虫−センチビット》全体攻撃が活かしやすい。

―それ以外で相性の良いカード

戦術

 《電子光虫−ウェブソルダー》《電子光虫−センチビット》《バチバチバチ》の3体で《電子光虫−スカラジエータ》を出し、1ターンで大ダメージを与えることが基本目標となる。
 相手モンスターが5体ならばそのまま1ターンキルになるが、強化すればそれ以下のモンスター数でも1ターンキルとなる。
 1回の戦闘でも大ダメージとなる《ストイック・チャレンジ》モンスター数を増やせる《おジャマトリオ》等も駆使したい。
 1ターンキルができそうにない場合は《電子光虫−スカラジエータ》効果相手を牽制する、防御カードで耐え凌ぐなどの動きが求められる。
 もっとも、単純な展開速度やアドバンテージ獲得力でこのデッキを上回るデッキは数多いので、1ターンで4000ダメージを目標として出来れば2回、遅くとも3回の行動で決着をつけたい。

デッキの派生

【甲虫装機】併用型

 《甲虫装機 センチピード》《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 ホーネット》がいずれもレベル3なのでシナジーが強い。
 通常の構築に比べ1ターンダメージ量で落ちやすい代わりにアドバンテージ獲得力に優れるので長期戦に強いと言える。
 特に、このデッキが本来苦手とする魔法・罠カード《甲虫装機 ホーネット》除去できるのが大きい。

このデッキの弱点

 エクシーズ召喚が基本のデッキなので特殊召喚メタエクストラデッキメタが辛い。
 純粋なステータスでは低いモンスターが多いため効果無効化にも弱く、特に永続的に妨害する《スキルドレイン》は困りもの。
 何よりもこのデッキ魔法・罠カード除去する手段が少ないため、《スキルドレイン》《虚無空間》などを相手発動された場合除去するのが一苦労である。
 展開速度やアドバンテージ獲得力も優れているとは言い難いため、手札誘発などで1ターンキルを妨害されると非常にマズイ事態に陥る。
 ルール上守備表示にならないリンクモンスターも天敵であり、出されると対処に苦しむことになる。

代表的なカード

関連リンク

広告