ダメージ計算時

 実際のダメージ計算に入ります。
 その戦闘の結果によって、戦闘ダメージによるライフポイントの減少やモンスター破壊が決定されます。
 (この時点では戦闘での破壊が決定されたモンスター墓地へは送られません。
 「ダメージステップ終了時」にて墓地へ送られる事になります。)
 なお、一部のカードについてはこのタイミングにて発動できるものがありますが、基本的に実際のダメージ計算を行う前に発動及び処理を完了させてから、ダメージ計算を行う事になります。

 <発動できるカード等について>
 基本的に「ダメージ計算時」に発動できる効果と、カウンター罠以外は発動できません。
 「クリボー」「お注射天使リリー」「ガード・ブロック」等、一部のカードの効果は、このタイミングにて発動し、処理が行われます。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


 ダメージステップを構成する5つのタイミングのうちの3番目。
 ダメージ計算前ダメージ計算後の間に位置する。

ダメージ計算時に発動する効果を持つカード

 ※ダメージ計算時以外のタイミングでも発動する効果を持つカードダメージステップを参照。

ダメージ計算時、チェーンブロックを作らず効果の適用をするカード

関連リンク

FAQ

Q:ダメージ計算時に複数のカードの効果発動する場合、チェーンせず別々に発動する事はできますか?
A:いいえ、別々に発動する事はできません。(14/03/21)

Q:ダメージ計算時に《ダンディライオン》コスト《天罰》発動した場合、《ダンディライオン》効果はどのタイミングで発動しますか?
A:ダメージ計算を行う前に効果発動します。
  このタイミングは、「ダメージ計算時」として扱いますが、ダメージ計算時のみ発動できる《クリボー》などの効果チェーンして発動する事はできません。
  《天罰》などのカウンター罠チェーンして発動する事ができます。(14/04/03)

Q:ダメージ計算時に《幻獣機オライオン》コスト《天罰》発動した場合、《幻獣機オライオン》任意効果発動できますか?
A:はい、ダメージ計算を行う前に効果発動できます。(14/03/28)

Q:チェーン1で《ガード・ブロック》発動し、カードを1枚ドローした場合、《強烈なはたき落とし》発動できますか?
A:はい、《ガード・ブロック》で1枚ドローした後に、《強烈なはたき落とし》を発動する事はできます。(14/03/31)

Q:《地球巨人 ガイア・プレート》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》戦闘を行う場合、どのような処理になりますか?
A:《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》攻撃力が自身の効果でアップした後に、《地球巨人 ガイア・プレート》効果によってその攻撃力が半分になるため2900です。
  また、どちらから攻撃した際でも同様です。(16/10/29)

Q:《混沌の使者》効果を受けた《暗黒騎士ガイア》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》戦闘を行う場合、どのような処理になりますか?
A:まず《混沌の使者》効果適用しその後で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》効果発動攻撃力がアップします。
  そしてその数値のまま計算を行うので、《暗黒騎士ガイア》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》戦闘破壊されます。(16/10/26)
  また、どちらから攻撃した際でも同様です。(16/10/29)

Q:《邪神アバター》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》戦闘を行う場合、どのような処理になりますか?
A:まず《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》効果発動攻撃力がアップします。
  そしてその後で《邪神アバター》攻撃力は「アップした《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》攻撃力+100」になるので、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《邪神アバター》戦闘破壊されます。(16/10/26)

Q:E・HERO《摩天楼 −スカイスクレイパー−》がある時に攻撃力の低いモンスター攻撃《プライドの咆哮》発動された場合、どのような処理になりますか?
A:まず《プライドの咆哮》発動され、相手モンスター攻撃力がアップします。
  そしてその後で条件を満たした《摩天楼 −スカイスクレイパー−》効果適用されるため、E・HERO相手モンスターを戦闘破壊します。(16/10/27)

広告