儀式(ぎしき)召喚(しょうかん)/Ritual Summon

儀式召喚に必要なもの

 儀式召喚を行うには、儀式モンスターと対応する儀式魔法カードメインのデッキに入れておきましょう。
 ※融合モンスターシンクロモンスターなどと異なり、エクストラデッキに入れるモンスターではないので注意しましょう。
 また、儀式召喚を行う際には、素材となる特定のモンスターは必要ありません。
 儀式魔法カードに記された条件でモンスターリリースします。

儀式召喚の手順

  1. 自分手札に儀式召喚したい儀式モンスターと、対応する儀式魔法カードを揃えて準備します。
    また、儀式魔法カードに記されている条件にてモンスターリリースする必要がありますので、手札または自分フィールド上に、リリースするためのモンスターも準備しておきましょう。
  2. 次に、自分メインフェイズ儀式魔法カード発動宣言し、魔法&罠ゾーンに置きます。
    儀式魔法カードに記された条件によって、モンスター自分手札または自分フィールド上からリリースします。
    この時に、手札モンスター自分フィールド上の裏側表示モンスターなど、内容が相手に分からない状態のモンスターリリースする事もできますが、マナーとして、儀式モンスターレベルに合うようにリリースしている事を相手にも確認してもらいましょう。
  3. 使った儀式魔法カードに対応した、手札儀式モンスターフィールド上に出します。
    最後に、使った儀式魔法カード墓地へ送って、儀式召喚完了です。
    儀式モンスター特殊召喚する場合、儀式モンスター表側攻撃表示表側守備表示のどちらの形式で出しても構いません。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


 儀式魔法効果により、儀式モンスターフィールドに出す事で、特殊召喚の一種である。

  • アニメでは手札儀式モンスターを持っていた描写がなく原作と同じくモンスターがただ単に儀式モンスターに変化している設定なのだろう。
    手札の数が儀式魔法を消費した分しか減ってないのがそれを裏付ける。
    ただしアニメオリジナルの話ではOCGの正規の召喚法が用いられてる時もあり、「遊戯vsキース」戦でキースが《ゼラ》OCGの方法で儀式召喚したのを皮切りにアニメオリジナルの回ではOCGの召喚法が用いられていく。
  • アニメARC-Vでは、エクストラデッキを使用する他の特殊召喚方法が、別次元由来の高度な召喚方法とされている反面、儀式召喚は一般的に流通したものとなっている。
    LDSのカリキュラムにおいても融合シンクロエクシーズがそれぞれ専用コースを持っているのに対し、儀式召喚は総合コースの一部門にまとめられてしまっている。
    日美香が、融合シンクロエクシーズに続いてペンデュラムをLDSの目玉にしたいと発言した際も、儀式に関しては触れられてすらいなかった。
    上記の召喚法を全て披露した零児も、唯一儀式召喚だけは使用していない。
    • 遊戯王アニメシリーズの中でも儀式召喚を主軸とした作品は未だにない。
  • 儀式召喚時の口上は遊戯が原作・アニメDMで言ったのみで、その後シリーズを通して他には誰も言っていなかった。
    召喚時の口上が常習となったARC-Vでは儀式召喚使いのキャラクターが儀式召喚時に口上を述べるようになった。
    • ミエルは召喚口上の際にレベルも言っていた。
    • 明日香はGXでは召喚時の口上がなかったが、ARC-Vでは儀式召喚時に口上を言っている。

関連カード

―儀式召喚に成功した時に効果発動する、あるいは適用されるカード儀式召喚に成功したを参照。

儀式召喚を行うカード

儀式召喚でしか特殊召喚できない儀式モンスター

自身の元々のレベル以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない儀式モンスター

同名カード以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない儀式モンスター

それぞれ種族の異なる自分フィールドモンスター3体を使用した手札からの儀式召喚でしか特殊召喚できない儀式モンスター

儀式召喚に関係する効果発動条件を持つカード

関連リンク

広告