BF(ブラックフェザー)

デッキの概要

 2体を除き全て闇属性鳥獣族で統一されたBFを軸にしたビートダウンデッキ
 手札からの特殊召喚に長けており、シンクロモンスターリンクモンスターを並べ数で圧倒する戦法を得意とする。
 長期に渡り新規カードが輩出され続けた事により多様性も高い。
 柔軟な戦術と展開力を活かした高火力が長所な反面、初動を止められると動けなかったり手札消費が激しいのが短所である。

《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン/Black-Winged Assault Dragon》 [#top]
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2800
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のフィールド・墓地から、Sモンスターのチューナー1体と
「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):相手がモンスターの効果を発動する度に、このカードに黒羽カウンターを1つ置き、相手に700ダメージを与える。
(2):相手ターンに、黒羽カウンターが4つ以上置かれているこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。
《ブラックフェザー・ドラゴン/Black-Winged Dragon》 [#top]
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分が効果ダメージを受ける場合、代わりにこのカードに黒羽カウンターを1つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの黒羽カウンターの数×700ダウンする。
(3):1ターンに1度、このカードの黒羽カウンターを全て取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力は取り除いた黒羽カウンターの数×700ダウンし、
ダウンした数値分のダメージを相手に与える。 
《BF−毒風のシムーン/Blackwing - Simoom the Poison Wind》
効果モンスター
星6/闇属性/鳥獣族/攻1600/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
手札からこのカード以外の「BF」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「黒い旋風」1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、手札のこのカードをリリースなしで召喚するか、墓地へ送る。
この効果で置いた「黒い旋風」はエンドフェイズに墓地へ送られ、
自分は1000ダメージを受ける。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
《BF−嵐砂のシャマール/Blackwing - Shamal the Sandstorm》 
チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1600/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「黒羽の旋風」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドに「BF」Sモンスターまたは「ブラックフェザー・ドラゴン」が特殊召喚された場合、
このカードを除外し、自分の墓地の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、自分は700ダメージを受ける。
《BF−雪撃のチヌーク/Blackwing - Chinook the Snow Blast》
効果モンスター
星2/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 700
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「BF」Sモンスターまたは「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を墓地へ送り、
対象のモンスターはターン終了時まで、攻撃力が700ダウンし、効果は無効化される。
自分フィールドに闇属性Sモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
《黒い旋風/Black Whirlwind》
永続魔法
(1):自分フィールドに「BF」モンスターが召喚された時にこの効果を発動できる。
そのモンスターより低い攻撃力を持つ「BF」モンスター1体をデッキから手札に加える。 

メインデッキモンスターカードについて

BF

BFチューナー

―相性の良いモンスター

【BF】はテーマ内でのシナジーや縛りが強く、BF以外のカードを多く採用しすぎるとデッキのパワーが落ちてしまったり、手札事故が起こる可能性が高くなってしまう。採用枚数には注意が必要。

エクストラデッキモンスターについて

BFシンクロモンスター

―相性のいいエクストラデッキモンスター
《BF−毒風のシムーン》《BF−無頼のヴァータ》効果使用後は闇属性以外は展開できないため、他の属性モンスターは先に出す必要がある。
また、《BF−幻耀のスズリ》の(2)を使う場合シンクロモンスター以外を利用できないため、構築の段階から意識しておく必要がある。

魔法・罠カードについて

BF専用のサポートカード

―その他の魔法・罠カード

デッキの種類

《魔王龍 ベエルゼ》ワンキル型

 自分フィールド《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン》相手フィールド《魔王龍 ベエルゼ》を揃えて何らかのダメージを与える効果発動すればループが発生し1ターンキル成立となる。

デッキの派生

ビーステッドBF】

 ビーステッドを採用した構築。
 ビーステッド墓地利用メタになるだけでなく、【闇属性】でもあるこのデッキでは非常に出しやすい。
 BFとしての展開を妨害された際のリカバリーとして特殊召喚し、高レベルチューナーとしてシンクロ素材に利用できる。
 ドラゴン族なので《深淵の神獣ディス・パテル》を出しやすくなるのもこの構築の強み。

RRBF】

 《RR−ワイズ・ストリクス》《RR−ブレイブ・ストリクス》効果RUMサーチし高ランクエクシーズモンスターを出す事を狙ったデッキ
 《RR−ワイズ・ストリクス》《RR−フォース・ストリクス》《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》リンク召喚し、《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》ランクエクシーズモンスターを出す事で、大きくアドバンテージを取る事が可能。
 《幻影騎士団サイレントブーツ》を採用すれば《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》の(1)の効果《幻影騎士団サイレントブーツ》墓地効果《幻影霧剣》を2枚サーチすることも可能。

このデッキの弱点

 下記のような弱点はあるが、そのほとんどは《ゴッドバードアタック》で対処可能で、能動的にアドバンテージを稼ぎにくい【メタビート】相手ではメタを突破したうえで致命傷を与えることもできる。
 その《ゴッドバードアタック》を封じる《王宮のお触れ》が存在している時には他の罠カードが封じられるので、シンクロ召喚などから容易に突破可能と、ほとんどの状況に対して柔軟に対応が可能である。
 この致命的な弱点が無いという所が【BF】の最大の強みといえる。

このデッキの歴史

 他の主流デッキに比べ、登場当初から主要カードの入手難度やデッキ構築難度が低かった。
 このためカテゴリが成立した当初から多くのプレイヤーが使用し、2009年の世界大会にて優勝を収めた。

第6期(2008年〜2010年)

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2012年〜2014年)

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜2020年)

 2017年3月25日より施行された新マスタールールにより、リンクモンスターがなければシンクロモンスターを複数シンクロ召喚することができなくなった。
 【BF】では以下のような方法で、柔軟に新マスタールールに適応しようとする動きが見られる。

  1. BFモンスターの多くが手札からの特殊召喚効果を持つことを活かした大量展開。
  2. 墓地からの蘇生効果を持った《BF T−漆黒のホーク・ジョー》《A BF−五月雨のソハヤ》の活用。
  3. 《BF−隠れ蓑のスチーム》トークン生成能力はリンク召喚と相性が良く、また自身の効果で埋まっているエクストラモンスターゾーンを空けることができる。

第11期(2020年〜2023年)

 DARKWING BLASTで登場した新規カードにより展開力にも磨きがかかり、《ブラックフェザー・ドラゴン》を使用する戦術が確立された。
 相手ターン除去や妨害を行なう手段も増加し制圧力も向上した。
 PREMIUM PACK 2023では《BF−下弦のサルンガ》が登場、2023年1月1日には《BF−隠れ蓑のスチーム》制限復帰している。

第12期(2023年〜)

 23/07/01にて《BF−隠れ蓑のスチーム》制限解除される。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告