炎王(えんおう)

デッキの概要

 ストラクチャーデッキ−炎王の急襲−で登場した「炎王」と名のついたモンスターを中心としたデッキ
 破壊することによって効果発動する炎王を駆使してデュエルを進めていく。

《真炎王 ポニクス/Legendary Fire King Ponix》
効果モンスター
星1/炎属性/鳥獣族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):元々の属性が炎属性となる自分のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「炎王」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):このカードが破壊され墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動する。
墓地のこのカードを手札に加える。
《炎王神獣 キリン/Fire King High Avatar Kirin》
効果モンスター
星8/炎属性/獣族/攻2400/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールド(表側表示)の炎属性モンスター1体を破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「炎王神獣 キリン」以外の「炎王」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、フィールドのカード1枚を破壊できる。
《聖炎王 ガルドニクス/Sacred Fire King Avatar Garunix》
効果モンスター
星8/炎属性/鳥獣族/攻2700/守1700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
元々の属性が炎属性となる自分のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
「聖炎王 ガルドニクス」以外の
自分の手札・デッキ・フィールド(表側表示)の獣族・獣戦士族・鳥獣族の炎属性モンスター1体を破壊する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの攻撃力の半分だけアップする。
《炎王の孤島/Fire King Island》
フィールド魔法
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
《炎王の聖域/Fire King Sanctuary》
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「炎王の孤島」1枚を自分のフィールドゾーンに表側表示で置く事ができる。
(2):1ターンに1度、自分のフィールドゾーンのカードが効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールド(表側表示)の炎属性モンスター1体を破壊できる。
(3):1ターンに1度、相手がモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
自分フィールドの「炎王」モンスターのみを素材として炎属性Xモンスター1体のX召喚を行う。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

炎王モンスター

炎王以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 メインデッキ最上級モンスター攻撃力が高く、除去を持つモンスターも多いため、エクストラデッキへの依存度はそれほど高くない。
 それらにできない役割を持ったモンスターを採用し、動きの幅を増やす事が目的となる。
 展開力に長けているわけではないが、《熱血獣士ウルフバーク》《炎舞−「天枢」》を用いることで素材の確保は多少楽になる。

エクシーズモンスター
 炎属性であれば《炎王の聖域》により相手ターンでもエクシーズ召喚ができる。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

炎王魔法・罠カード
 《真炎王 ポニクス》《炎王獣 バロン》サーチできる。

種族属性サポートカード

破壊に関する効果を持つカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 基本的には通常のビートダウンを行えばよいが、先述の通り破壊する事で真価を発揮するモンスターが多い。
 そのため、積極的に自らのモンスター破壊して展開を有利に持ち込んでいきたい。
 しかし、自分カード破壊する行為そのもののディスアドバンテージとなることは変わらないため、必要以上に破壊を繰り返すとハンド・アドバンテージボード・アドバンテージを大きく失う結果を招いてしまう。
 特に自分モンスター破壊して効果発動する都合上、モンスター効果無効化された時の被害は他のデッキよりも大きい。
 よって、いかに破壊する回数を抑え、どのタイミングでどのカード破壊するのかを戦況に応じて考える必要がある。
 特に《炎王神獣 ガルドニクス》効果発動した後は守りが手薄になりやすく、そこで《炎王神獣 ガルドニクス》が突破されてしまうと総攻撃を受けてしまう危険が高い。
 手札下級炎王を温存して破壊した時の特殊召喚で対応したり、《速攻のかかし》等の保険もあると安心。
 《速攻のかかし》《炎王の急襲》を阻害しないので相性は良い。

デッキの派生

【炎王ホルス】

 ランク8を立てやすくするために【ホルス】を混ぜたデッキ
 《炎王の聖域》相手の行動に依存するため、それまでに除去を食らうと機能停止してしまうが、それをホルスで補える。
 《王の棺》は消費こそ荒いが、《熱血指導王ジャイアントレーナー》でカバーもできる。

このデッキの弱点

 大抵は破壊するだけでなく墓地へ送る必要があるため、バウンス除外は苦手。
 バウンス《炎王獣 ヤクシャ》《炎王の孤島》である程度対処できるが、除外に関しては《マクロコスモス》等の全体除外カード1枚で戦法がほぼ瓦解する。
 また、墓地効果発動するものが大多数を占めるため、《ソウルドレイン》《エンド・オブ・アヌビス》等も苦手な部類に入る。
 《サイクロン》《サンダー・ブレイク》等でこれらの障害は積極的に取り除こう。
 【PSYフレーム】は再利用不可能で強力な除外手段を備えている上、フィールドのカード破壊しても効果が薄いため天敵となる。

 《炎王神獣 ガルドニクス》をはじめ特殊召喚を多用するデッキでもあるので、《ヴェルズ・オピオン》《大天使クリスティア》等の特殊召喚封じも天敵。
 《ヴェルズ・オピオン》《侵略の汎発感染》魔法・罠カードにも耐性があるため、《暗炎星−ユウシ》《火舞太刀》等による除去《炎舞−「天セン」》による強化によって戦闘破壊を狙うと良い。

代表的なカード

関連リンク

広告