()く/Place

 カードテキストに使われる動詞の1つ。
 以下の場合に使用される。

―1.「フィールドのカードカウンターを置く」

 「乗せる」という表現も存在するが、第9期テキスト以降は「置く」に統一されている(「カウンター」のページも参照)。

―2.「カードデッキの一番上に置く」

 基本的に、デッキ内のカードデッキの一番上に移動する場合は「置く」、フィールド手札カードデッキの一番上に移動する場合は「戻す」と表現される。
 墓地カードデッキの一番上に移す場合は「戻す」と「置く」の両方が使われており、統一されていない。

  • なお、英語テキストではどちらもPlaceで統一されている。

―3.「フィールドカードを置く」

 「カードが置かれた」のテキストで使用される。
 下記の項目のほか、モンスターの召喚手札からカードの発動セット装備カード扱いで装備コントロール奪取一定期間だけ除外したカードフィールド戻す等を含む。
 カードの発動無効になった場合も「置かれた」条件は満たす。
 伏せカード発動等の表側表示裏側表示の変更は該当しない。

――i.「ペンデュラムゾーンペンデュラムモンスターを置く」

 カードテキストでは、「ペンデュラムゾーンカードを置く効果」が適用される事を指す。
 ただしルールブック等では、ペンデュラムモンスター手札から魔法カード扱いで発動する事も「置く」と表現している場合がある。

――ii.モンスター永続魔法永続罠扱いにする

 宝玉獣・一部のV・HEROの共通効果《宝玉の恵み》などの効果で、モンスター永続魔法永続罠扱いで魔法&罠ゾーンに置く場合に使用される。

――iii.カードの効果によってフィールドゾーン魔法&罠ゾーン魔法・罠カード表側表示で置く

 この行為はカードの発動としては扱わない。

備考

カード魔法&罠ゾーンに置く効果を持つカード

 ※特筆がない限り、自分永続魔法永続罠1枚を自分フィールド表側表示で置く。
 ※「カード名」の末尾に数字が記載されているものは、以下のリンク先にも併記。

  1. 自身を永続魔法扱いとして置く
  2. 自身を永続罠扱いとして置く
  3. 他のカードを永続魔法扱いとして置く
  4. 他のカードを永続罠扱いとして置く
  5. フィールドのモンスターを永続魔法・永続罠扱いにする

手札から

フィールドから

カード名置くカード備考
カテゴリ
宝玉獣 1.自身(モンスターゾーン破壊された場合墓地へ送らず)永続魔法扱い
下級モンスター
《ゴースト姫−パンプリンセス−》1.自身(モンスターゾーン破壊された場合墓地へ送らず)永続魔法扱い
《方界胤ヴィジャム》1.自身(相手モンスター戦闘を行ったダメージステップ終了時永続魔法扱い
《ヴァリアンツB−バロン》3.自分または相手PゾーンカードPモンスター
永続魔法扱い
その隣の魔法&罠ゾーンに置く
上級モンスター
《サイコ・ギガサイバー》4.5.自身が攻撃宣言した相手効果モンスター永続罠扱い
相手魔法&罠ゾーンに置く
最上級モンスター
《蛇眼の大炎魔》1.5.自身及び自身と戦闘行う相手モンスター永続魔法扱い
《重騎兵エメトVI》4.同名カード以外のセンチュリオンモンスター永続罠扱い
融合モンスター
《ヴァリアンツの聚−幻中》3.5.相手メインモンスターゾーン効果モンスターPモンスター
永続魔法扱い
それと同じ縦列の相手魔法&罠ゾーンに置く*1
通常魔法
《反逆の罪宝−スネークアイ》3.5.表側表示モンスター永続魔法扱い
元々の持ち主魔法&罠ゾーンに置く
フィールド魔法
《石版の神殿》3.表側表示の、千年モンスターミレニアムモンスターモンスターゾーン破壊された場合墓地へ送らず、(2)の効果永続魔法扱い
《VV−百識公国》3.5.ターンプレイヤーモンスターの正面の、相手メインモンスターゾーン効果モンスター永続魔法扱い
それと同じ縦列の相手魔法&罠ゾーンに置く*2
永続罠
《VV−マスターフェイズ》3.5.相手メインモンスターゾーン効果モンスター永続魔法扱い
それと同じ縦列の相手魔法&罠ゾーンに置く*3

墓地から

手札墓地から

フィールド墓地から

デッキから

カード名置くカード備考
下級モンスター
《剣神官ムドラ》《墓守の罠》
《粛声の祈り手ロー》粛声永続魔法永続罠
《妖仙獣 侍郎風》《妖仙郷の眩暈風》または《妖仙大旋風》
《雪天気シエル》天気魔法・罠カード
《雷天気ターメル》
《BF−嵐砂のシャマール》《黒羽の旋風》チューナー
上級モンスター
《V・HERO ファリス》4.V・HEROモンスター永続罠扱い
《BF−毒風のシムーン》《黒い旋風》
特殊召喚モンスター
《深淵の獣ルベリオン》烙印永続魔法永続罠
通常魔法
《アラメシアの儀》《運命の旅路》
《電脳堺都−九竜》電脳堺門
《宝玉の絆》3.手札に加えたモンスターとはカード名が異なる宝玉獣モンスター永続魔法扱い
《目白圧し》3.4.モンスター((1)の効果永続魔法扱い
モンスター((2)の効果永続罠扱い
永続魔法
《宝玉の樹》3.宝玉獣モンスターを自身に置かれていたジェムカウンターの数永続魔法扱い
装備魔法
《金科玉条》3.宝玉獣モンスター2体永続魔法扱い
《宝玉の解放》3.宝玉獣モンスター永続魔法扱い
フィールド魔法
《スタンドアップ・センチュリオン!》4.センチュリオンモンスター永続罠扱い
《天気予報》天気魔法・罠カード
速攻魔法
《誓いのエンブレーマ》4.センチュリオンモンスター永続罠扱い
通常罠
《フォトン・リタデイション》フォトンまたはギャラクシー永続魔法永続罠
《宝玉の双璧》3.宝玉獣モンスター永続魔法扱い

手札デッキから

手札デッキフィールドから

手札デッキ墓地から

墓地除外状態から

手札デッキ除外状態から

手札デッキ墓地除外状態から

EXデッキから

カードフィールドゾーンに置く効果を持つカード

 ※特筆がない限り、自分フィールド魔法1枚を自分フィールド表側表示で置く。

デッキから

手札デッキから

デッキ墓地から

手札デッキ墓地から

墓地除外状態から

カードペンデュラムゾーンに置く効果を持つカード

カードが置かれた場合に効果発動できるカード

関連リンク

広告