《ミンゲイドラゴン/Totem Dragon》

効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻 400/守 200
ドラゴン族モンスターをアドバンス召喚する場合、
このモンスター1体で2体分のリリースとする事ができる。
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードを自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果は自分の墓地にドラゴン族以外のモンスターが存在する場合には発動できない。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した地属性ドラゴン族下級モンスター
 ドラゴン族専用のダブルコストモンスターであり、【ドラゴン族】専用の自己再生効果も持ち合わせている。

 自己再生できるダブルコストモンスターであるため、《光と闇の竜》《八俣大蛇》《破壊竜ガンドラ》等のような召喚制限のある最上級モンスターを実質ノーコスト召喚できる。
 《竜の渓谷》によって、墓地へ送ることも容易。
 低ステータスのため《仮面竜》からリクルート《ドレッド・ドラゴン》からサーチでき、《リミット・リバース》《デブリ・ドラゴン》に対応、《ラヴァ・ドラゴン》効果の対象ともなるため、自己再生以外でもフィールドに展開する方法は豊富。

 自己再生効果を使うには純粋な【ドラゴン族】で組む必要があるが、《デブリ・ドラゴン》との相性も良い。
 シンクロ召喚レベルの調整に使える他に、このモンスター蘇生対象とすることもできる。
 《デブリ・ドラゴン》の「ドラゴン族シンクロモンスターにしかシンクロ素材にできない」というデメリットも、このモンスターデメリットと重なる部分があり、さほど気にならなくなる。

 《龍の鏡》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のようなドラゴン族除外するカードとのシナジーも見込んで、《D・D・R》《異次元からの埋葬》を合わせて採用するのも良い。
 【真紅眼の黒竜】では《真紅眼の飛竜》《異次元からの埋葬》で何度も使い回せるため相性は良い。

  • 英語名の「トーテム(Totem)」からして、デザインモチーフはトーテムポールで間違いないだろう。
    日本語名の「ミンゲイ」はこのトーテムポールが民芸品であるためか。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「III(スリー)V(ブイ)vsミザエル」戦でミザエルが使用した永続罠《ダメージ・オルトレーション》のイラストに描かれている。

関連カード

対応するモンスター

収録パック等

FAQ

―2体分のリリースになる効果についてはダブルコストモンスターを参照。

Q:自身を特殊召喚する効果解決時自分フィールド上に他のモンスター特殊召喚された場合、効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/08/15)


Tag: 《ミンゲイドラゴン》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 ドラゴン族 攻400 守200

広告