獣・魔・導(ビースト・マジック)/Beast Magic Attack》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2つ:自分フィールドの「魔導獣」Pモンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す。
●4つ:自分のEXデッキから表側表示の「魔導獣」Pモンスター1体を特殊召喚する。
その後、そのモンスターに魔力カウンターを2つ置く事ができる。
●6つ:自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を特殊召喚する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した速攻魔法
 コストとして取り除く魔力カウンターの数によって変わる3種類の効果を持つ。

 1つ目の効果は、自分魔導獣ペンデュラムモンスターバウンスする効果
 漠然と使用してもボード・アドバンテージを失うだけなので、相手除去チェーン発動するなどの工夫が必要となる。

 2つ目の効果は、エクストラデッキからの表側表示魔導獣特殊召喚
 ほぼ同じ効果《魔導獣 キングジャッカル》も持っている。
 《魔導獣 キングジャッカル》《魔導獣 マスターケルベロス》効果サーチ可能であるために手札に加えやすく、またこちらと異なり魔力カウンターも消費しない。
 こちらは魔力カウンターを2個置く効果を持っているが、コスト魔力カウンターを4個消費しているので損失は残る。
 フリーチェーンである点と、《魔導獣 キングジャッカル》特殊召喚可能な点で差別化することになるか。

 3つ目の効果は、エクストラデッキからの表側表示ペンデュラムモンスター特殊召喚
 魔導獣ペンデュラムモンスターならば2つ目の効果特殊召喚すればよいので、それ以外のペンデュラムモンスター特殊召喚を狙う事になる。
 ただ、【魔導獣】に採用されるペンデュラムモンスターは、モンスター効果ステータスよりもペンデュラム効果が優先されるものが多く、わざわざ魔力カウンターを6つ消費してまで特殊召喚を行いたいペンデュラムモンスターは特に存在しない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《獣・魔・導》 魔法 速攻魔法

広告