特殊召喚(とくしゅしょうかん)/Special Summon

 特殊な手順を踏んでモンスターを出すことを「特殊召喚」といいます。
 魔法・罠カード効果や、効果モンスターテキストに記載された手順で呼び出される場合などがあります。
 特殊召喚は条件を満たしていれば1ターンに何度でも行う事が可能です。
 特殊召喚は特別な記載がない限り、表側攻撃表示か、表側守備表示フィールド上に出します。

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン 1.0 より引用)



  • 俗に「デッキからの特殊召喚」を「リクルート」、「墓地からの特殊召喚」を「蘇生」、「除外からの特殊召喚」を「帰還」と呼んでいる。
    あくまで俗称であり、これらの言葉は公式用語ではない。
    KONAMIに質問する際に使うには不適なので注意。
  • その他、特殊召喚を封じる効果の扱い等も含め無効のページも参照。
  • Special Summonの頭文字をとってSSと略すこともある。
    ただしスペルスピードも同じくSSと表記されるので混同しないよう注意。

特殊召喚の分類

モンスターの特殊召喚について

 モンスターの特殊召喚は大きく2つに大別する事ができます。
 1つは特殊召喚モンスターの特殊召喚です。
 これは特殊な手順を踏んで行うもので、効果の発動を伴いません。
 リンク召喚ペンデュラム召喚エクシーズ召喚シンクロ召喚、そして、召喚の条件が定められている効果モンスターがこれに当てはまります。
 なお、最新のテキストでは【◯◯族/特殊召喚/効果】というように記載されています。
 もう1つはカードの効果による特殊召喚です。
 上記の特殊召喚とは異なり、魔法・罠効果モンスター効果の発動を伴って処理が行われます。
 融合召喚儀式召喚の他、モンスターを特殊召喚する効果を持つ魔法・罠効果モンスター効果がこれにあてはまります。
 この方法では基本的に、手札デッキ特殊召喚モンスター、あるいは定められた方法で召喚されず墓地へ送られた特殊召喚モンスターは特殊召喚できません。
 また、「サイバー・ドラゴン」などの一部の効果モンスターの中には、特殊召喚モンスターの特殊召喚のように、効果の発動を伴わずに処理を行い特殊召喚される効果を持った特別なモンスターも存在します。

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン 1.0 より引用)


 特殊召喚には大きく分けて条件による特殊召喚発動したカードの効果による特殊召喚の二種類がある。

条件による特殊召喚

 ●自分メインフェイズターンプレイヤー優先権を得ていて、ほかのカード発動や処理が行われていない時に、そのモンスター効果テキストに記載された条件を満たすことで特殊召喚できる。
 ●条件による特殊召喚を行う場合、その特殊召喚に対して『特殊召喚無効にする。』カード発動する事ができる。
 ●特殊召喚無効にされたモンスターは、特別な効果適用されていない限り墓地へ送られる。
  その場合、墓地へ送られたモンスターは、手札フィールドエクストラデッキから墓地へ送られた扱いとはならない。
 ●条件による特殊召喚を行う際、チェーンブロックは作られない。
 ●条件を満たすために墓地へ送られたり、リリースされたりしたカードは特殊召喚の手順によって場所が移動するため、カードの効果によって移動した扱いにはならない。
 ●条件を満たすためにモンスターが墓地へ送られたり、リリースされたりした場合、その後にモンスターを特殊召喚する処理が行われる。
  そのため、『墓地へ送られた時〜〜できる。』など、そのタイミングでのみ任意で発動できる誘発効果は、処理の途中なので発動できない。

 (パーフェクトルールブック2017 P081 より引用)


公式ルールブック上でただ「特殊召喚」とだけ記述されているものはこれにあたる。
シンクロ召喚エクシーズ召喚ペンデュラム召喚リンク召喚・「特殊召喚モンスター召喚条件」および「《サイバー・ドラゴン》などの召喚ルール効果」による特殊召喚の事を指す。
効果の発動は行わずに特殊召喚を宣言して行う。
(後述するが、例外的に効果の発動を伴って条件による特殊召喚を行うカードも存在する。)
(プレイヤーの間で「チェーンに乗らない特殊召喚」と呼ばれていたもの。パーフェクトルールブックで「条件による特殊召喚」という公式用語が制定された。)

発動したカードの効果による特殊召喚

 ●モンスターは発動した魔法・罠・モンスターの効果の処理によってフィールドに特殊召喚する事ができる。
 ●チェーンブロックを作って発動したカードの効果の処理によって特殊召喚される時、チェーンブロックを作って発動した効果の発動を無効にしなかった場合にはその後の特殊召喚する処理を無効にすることはできない。
 ●発動して自身を特殊召喚する効果を持つモンスターには、多くの場合『発動できる。このカードを(〇〇から)特殊召喚する。』という記載がある。
  また、それらの効果は基本的に起動効果及び誘発効果である。
 ●他のカードを特殊召喚する魔法・罠・モンスターの効果は、基本的にチェーンブロックを作って発動する効果である。

 (パーフェクトルールブック2017 P101,P102 より引用)


魔法カード罠カード発動するモンスター効果起動効果誘発効果誘発即時効果)による特殊召喚のこと。
公式ルールブック上では「カード効果による特殊召喚」と記述されているもののことを指す。
前段との対比で分かるが発動しない召喚ルール効果はこちらに含まれないので注意。
(従来「チェーンに乗る特殊召喚」と呼ばれていたもの。効果残存処理などチェーンブロックが発生しないケースも存在するための呼称変更)

特殊召喚不発について

 「発動したカードの効果による特殊召喚」は、発動したカードに対してチェーンが行われた結果不発になる事がある。
 対象としたカード《D.D.クロウ》等の効果で移動する事による不発は、不発のページを参照。


  • 原作・アニメにおいて―
    分かりにくいルールのためか、アニメ等では「発動した効果による特殊召喚」が「特殊召喚を無効にする」効果で無効にされる事が散見される。
    また、召喚に成功した時に発動する効果特殊召喚成功時に発動していたりもする。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』で藍神が行う「次元領域デュエル」では「次元特殊召喚」と呼ばれている。
    詳しくはデュエルを参照。

関連カード

特殊召喚に成功した時に発動する効果を持つモンスター

特殊召喚に対するメタ効果を持つカード

※以下、対象が「エクストラデッキからの特殊召喚」のみに対応する場合はエクストラデッキを参照。

―特殊召喚を規制するカード
 誓約効果は除く。

―特殊召喚されたモンスターへのメタカード

―特殊召喚を無効にするカード

特殊召喚されたモンスターに関する効果を持つカード

手札から特殊召喚する効果を持つモンスター

 儀式魔法特殊召喚モンスター召喚ルール効果手札誘発リクルート効果蘇生効果を含むカードは各ページを参照。

―自身を特殊召喚する

―自身以外を特殊召喚する

関連リンク

FAQ

召喚無効のタイミングでのカードの発動について

Q:手札から《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚しようとしたところ《ライオウ》効果発動されました。
  これにチェーンして《スターダスト・ドラゴン》効果発動することは可能ですか?
A:いいえ、できません。(11/08/29)

Q:手札から《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚しようとしたところ《ライオウ》効果発動されました。
  これにチェーンして《強制脱出装置》発動し、《サイバー・ドラゴン》手札戻すことは可能ですか?
A:いいえ、できません。(11/08/29)

Q:手札から《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚しようとしたところ《ライオウ》効果発動されました。
更にそれにチェーンして《仕込みマシンガン》発動された場合、《サイバー・ドラゴン》手札及び自分フィールドの1枚として数えますか?
A:数えません。(14/08/04)

Q:手札から《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》などの墓地モンスターを参照した召喚条件を持つモンスターを特殊召喚しようとしたところ《ライオウ》効果発動されました。
  これにチェーンして《朱光の宣告者》発動し、《ライオウ》効果無効にしようとしたところ相手はさらに《転生の予言》チェーンしました。
  これにより墓地カードが変動しこれらのモンスターを特殊召喚するための条件が満たせなくなってしまった場合どうなりますか?
A:その場合であっても特殊召喚を行うことができます。(11/09/10)

Q:相手《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚に対して自分《ライオウ》効果発動しました。
  相手はこれにチェーンして《朱光の宣告者》発動しました。
  自分はこれにチェーンして《増殖するG》発動した場合、《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚に対してドローしますか?
A:ドローします。(15/11/05)

Q:相手《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚に対して自分《ライオウ》効果発動しました。
  相手はこれにチェーンして《朱光の宣告者》発動しました。
  自分はこれにチェーンして《虚無空間》発動した場合、《サイバー・ドラゴン》は特殊召喚されますか?
A:通常通り特殊召喚されます。(15/11/05)

Q:相手《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚に対して自分《ライオウ》効果発動しました。
  相手はこれにチェーンして《朱光の宣告者》発動しました。
  相手の空いているモンスターゾーンが3箇所である場合、自分はこれにチェーンして《おジャマトリオ》発動できますか?
  できる場合、どのように処理しますか?
A:《おジャマトリオ》発動できません。(15/11/05)

Q:相手《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚に対して自分《ライオウ》効果発動しました。
  相手はこれにチェーンして《天罰》発動し、《ダンディライオン》を捨てました。
  相手の空いているモンスターゾーンが2箇所である場合、どのように処理しますか?
A:《サイバー・ドラゴン》が特殊召喚され、特殊召喚に成功した時、《ダンディライオン》効果発動します。
  この時モンスターゾーンの空きは1箇所であるため、綿毛トークンは特殊召喚されません。(15/11/05)

Q:相手《グリーン・ガジェット》1体のペンデュラム召喚に対して自分《ライオウ》効果発動しました。
  相手はこれにチェーンして《朱光の宣告者》発動しました。
  自分はこれにチェーンして《リビングデッドの呼び声》を発動し、《星因士 デネブ》を選択しました。
  《グリーン・ガジェット》《星因士 デネブ》の効果はそれぞれどのように処理しますか?
A:相手《グリーン・ガジェット》効果チェーン1で、自分《星因士 デネブ》効果チェーン2で、それぞれ発動できます。(15/11/05)

その他

Q:フィールド上に《マクロコスモス》が存在しています。
  墓地から《マシンナーズ・フォートレス》などを自身の効果で特殊召喚しようとしたところ《神の警告》で特殊召喚を無効にされてしまいました。
  この場合このカードゲームから除外されますか?
A:はい、その場合ゲームから除外されます。(11/09/08)

Q:フィールド上に《大天使クリスティア》が存在している時、《スターライト・ロード》発動できますか?
A:はい、発動でき効果無効化を行えます。
  ただし、《大天使クリスティア》効果が有効である限り特殊召喚する処理は行えません。(12/04/25)

Q:《亜空間物質転送装置》の効果によって一度フィールドを離れた特殊召喚されたモンスターは戻った後特殊召喚されたモンスターとして扱いますか?
A:はい、特殊召喚されたモンスターとして扱います。(13/01/04)

Q:《ダーク・シムルグ》手札から自身を特殊召喚する効果発動したところ、《フォッシル・ダイナ パキケファロ》効果解決時に存在する状態となりました。
  どのような処理になりますか?
A:《ダーク・シムルグ》手札に残ります。(16/07/28)

Q:《ダーク・シムルグ》対象《闇次元の解放》発動したところ、《フォッシル・ダイナ パキケファロ》効果解決時に存在する状態となりました。
  どのような処理になりますか?
A:《ダーク・シムルグ》除外されたままになります。(16/07/28)

広告