ペンデュラムモンスター/Pendulum Monsters

 モンスターとしてフィールドに出す事ができるのはもちろん、ペンデュラムゾーン魔法カードのように置いて特殊な効果を発揮させる事もできます。
 「ペンデュラム召喚」を行う際に必ず必要になります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


 マスタールール3で登場したモンスターカードの分類。
 モンスターカードとして扱えるだけでなく、魔法カード扱いでペンデュラムゾーン置くことができる。
 自分ペンデュラムゾーンに2枚のペンデュラムモンスターが存在する場合、1ターンに1度ペンデュラム召喚が可能となる。
 枠の色は上半分が通常モンスター効果モンスター、下半分が魔法カードと同じという特殊な仕様になっている。
 現在のところ、通常モンスター効果モンスター融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターの5種類にペンデュラムモンスターが存在する。

《時読みの魔術師》
ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
 (1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで罠カードを発動できない。
 (2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カード
または「オッドアイズ」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
1ターンに1度、自分のPゾーンのカードは相手の効果では破壊されない。

 このwikiでは、原則として【Pスケール】の下にペンデュラム効果を、【モンスター効果】の下にモンスター効果を記している。
 このカードの場合、「(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合〜」がペンデュラム効果、「(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り〜」がモンスター効果である。

ペンデュラムゾーンへのペンデュラムモンスターの置き方

 ペンデュラムモンスターはモンスターカードではありますが、ペンデュラムゾーン置く際には、魔法カードとして発動し、その処理によって置かれる事になります。
 (ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンセットする事はできません。)
 ペンデュラムゾーンに置かれている間は魔法カードとして扱われ、カードに記されているペンデュラム効果適用される事になります。
 (モンスターとしての効果適用する事ができません。)
 (ただし、魔法カードの分類としては、「通常」「永続」「フィールド」「装備」「速攻」「儀式」のいずれにも当てはまらない特別なカードです。)
 また、ペンデュラムゾーンに置かれたペンデュラムモンスターの数は魔法&罠ゾーンの5枚には含みません。
 ペンデュラムゾーン置かれたペンデュラムモンスターはフィールド魔法のように、プレイヤー自分の意志で置きかえることはできません。
 (破壊される等しない限り、ペンデュラムゾーンに残り続けます。)
 なお、自分ペンデュラムゾーンが空いている状態であれば、ペンデュラムモンスターを1ターンに何回でも置く事は可能です。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)

エクストラデッキに加わるペンデュラムモンスターについて

 デュエルに使用する際に、あらかじめプレイヤーが準備しておくエクストラデッキは15枚以下の枚数で融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターのみで構築します。
 しかし、ペンデュラムモンスターはデュエル中にフィールド上からエクストラデッキに加わる事があります。
 ペンデュラムモンスターがエクストラデッキに加わる事で、デュエル中にエクストラデッキの枚数が16枚以上になったとしても、ルールに反している事にはなりません。
 ペンデュラムモンスターはペンデュラムゾーンに限らずフィールド上にカードとして存在している状態から墓地へ送られる場合、墓地へは送られず、エクストラデッキに加わります。
 (裏側表示のペンデュラムモンスターがフィールド上から墓地へ送られる場合も同様です。)
 エクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターは、融合モンスター等と区別するために表向きで置いておきます。
 (エクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターの枚数やカードの内容は公開情報となりますので、お互いに確認する事ができます。)
 なお、ペンデュラムモンスターが手札デッキから墓地へ送られる場合やエクシーズ素材となっているペンデュラムモンスターが墓地へ送られる場合などは、通常通り墓地へ送られる事になります。
 エクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターは、デュエルが終了したらデッキに戻しておきましょう。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)

ペンデュラムモンスターの基本的なルール

その他

  • 公式動画「カリスマ研究生がゆく!」のコーナーでは闇津が《星読みの魔術師》を見た際、 ルールブックを読みながらモンスター魔法カード効果を一枚で発揮できる点に驚きペンデュラムモンスターを「お得!!」と反応していた。
  • 後に赤馬零児もペンデュラムモンスターを使用しており、劇中の台詞によるとLDSが独自で研究して開発したらしい。
    なお、零児は「ペンデュラムは未完成」であると気がつき、自らが使用するペンデュラムモンスターも「プロトタイプ」と評していた。
    その後順調に研究開発が進んだのか、舞網チャンピオンシップにて沢渡・黒咲に提供した他、参加者に対して「PS(ペンデュラムスタチュー)」と名のついたペンデュラムモンスターを大量に(文字通り)バラまいている。
    この時はプレイヤーがペンデュラムモンスターを使いこなすこと自体が一種のステータスであるかのような発言もしている。
    また、零児はフィールドのペンデュラムモンスターを素材に融合召喚する事をペンデュラム融合、エクシーズ召喚する事をペンデュラムエクシーズと呼んでいる。
  • シンクロ次元突入の頃には本格的な実用化が成功したのか、魔界劇団といったペンデュラムモンスターを扱うカテゴリが登場している。
    一方でEm超重武者ムーンライトといったそれまでペンデュラムモンスターを使わなかったカテゴリにもペンデュラムモンスターが登場しているが、LDSが提供したかどうかの詳細は不明。
  • 作中では、赤馬日美香がLDSにペンデュラムコースを作ろうと考えており、そのイメージの中にペンデュラムモンスターやそれに関する効果を持つモンスターカードが登場している。
    しかし、その時点で作中にそれらのカードが存在するのかどうかは不明。
  • 現実のOCGとは異なり、アニメや漫画では対戦相手カードを直接目で確認できないシチュエーションも多く、更に使用者がペンデュラムモンスターと発言しないケースも目立つ。
    そのような状況でモンスターとして使用された場合、それがペンデュラムモンスターなのかどうかが対戦相手にわからないことも起こりうる。
    実際、漫画ARC-Vの「ユーゴvs蓮」戦では、ペンデュラム召喚されるまで蓮は《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》シンクロ・ペンデュラムモンスターであることに気づいていなかった。
    アニメARC-Vの「遊矢&零児vs零王」戦では、零王が融合・ペンデュラムモンスターの《大精霊機巧軍(マスター・スピリット・テック・フォース)ーペンデュラム・ルーラー》を使用しているが、そのデュエル中にペンデュラムモンスターだと分かる言動は全く無かった。
    このため、対戦相手がペンデュラムモンスターだと把握していたのかは不明のままであり、一瞬映し出されたデュエルディスク上の作画や公式ホームページを見ない限り視聴者にも把握できない情報である。
  • アニメでは榊遊矢がペンデュラムの創始者とされていたが、ズァーク曰く真のペンデュラムの創始者は自身と《覇王龍ズァーク》だと発言している。
    彼曰く、次にレイと戦う際には絶対に負けないという意志の元でペンデュラムモンスターを生み出したとのこと。
    事実、前回は敗北したレイの《エン・フラワーズ》によるバーンダメージを、墓地へ送られなかったことで回避し、踏みとどまっている。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!においてはアニメのような設定は存在せず、ペンデュラムモンスター及びペンデュラム召喚を中心に据えるデュエリストが多く存在している。

関連カード

―ペンデュラムモンスター一覧

ペンデュラムモンスターPスケールレベルモンスター効果P効果備考
《覇王門無限》1313自分フィールドモンスターがいる場合はP召喚不可
《輝銀の天空船−レオ号》1010-使用不可カード
《極刀の武者 左京》-使用不可カード
《DD魔導賢者ニュートン》DD以外のP召喚不可
《ブンボーグ007》ブンボーグ以外のP召喚不可
《Shelga, the Tri-Warlord》-使用不可カード
《ブンボーグ005》ブンボーグ以外のP召喚不可
《DD魔導賢者ケプラー》DD以外のP召喚不可
自分スタンバイフェイズ毎にPスケールが2つ下がる(最小1)
《クリフォート・シェル》クリフォート以外の特殊召喚不可
《クリフォート・アクセス》クリフォート以外の特殊召喚不可
《クリフォート・ゲノム》クリフォート以外の特殊召喚不可
《クリフォート・ツール》-クリフォート以外の特殊召喚不可
《魔界劇団−ティンクル・リトルスター》魔界劇団以外のP召喚不可
《涅槃の超魔導剣士》10シンクロモンスター
《メタルフォーゼ・ヴォルフレイム》-
《竜穴の魔術師》-
《クロノグラフ・マジシャン》
《DDプラウド・オーガ》もう片方の自分PゾーンDDが存在しない場合、Pスケールは5になる
《DD魔導賢者ニコラ》DD以外のP召喚不可
《EMドクロバット・ジョーカー》EM魔術師Pモンスターオッドアイズ以外のP召喚不可
《虹彩の魔術師》
《黒牙の魔術師》
《相生の魔術師》自分フィールドカード相手フィールドより多い場合、Pスケールは4になる
《調弦の魔術師》
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》
《時読みの魔術師》もう片方の自分Pゾーン魔術師またはオッドアイズが存在しない場合、Pスケールは4になる
《SRドミノバタフライ》風属性以外のP召喚不可
《魔界劇団−ダンディ・バイプレイヤー》
《メタルフォーゼ・スティエレン》-
《EMオッドアイズ・ユニコーン》
《超重輝将サン−5》自分墓地魔法・罠カードが存在する場合、Pスケールは4になる
《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》
《レアメタルフォーゼ・ビスマギア》
《魔妖仙獣 大刃禍是》10
《イグナイト・ウージー》-
《EMキングベアー》
《ランスフォリンクス》-
《秘竜星−セフィラシウゴ》竜星セフィラ以外のP召喚不可
《イグナイト・ライオット》-
《炎獣の影霊衣−セフィラエグザ》影霊衣セフィラ以外のP召喚不可
《ドラコニアの翼竜騎兵》-
《覚星輝士−セフィラビュート》テラナイトセフィラ以外のP召喚不可
《イグナイト・ドラグノフ》-
《オルシャドール−セフィラルーツ》シャドールセフィラ以外のP召喚不可
《閃光の騎士》--
《銅鑼ドラゴン》--
《マイルド・ターキー》-サイコロを振って出た目の数だけPスケールが下がる(最小1)
《魔装戦士 ドラゴノックス》
《イグナイト・マグナム》-
《影霊獣使い−セフィラウェンディ》霊獣セフィラ以外のP召喚不可
《エキセントリック・デーモン》
《EMモモンカーペット》
《音響戦士ギータス》
《ドラコニアの海竜騎兵》-
《ヨコシマウマ》
《DD魔導賢者トーマス》
《ダイナミスト・ブラキオン》
《ダイナミスト・レックス》
《DDプラウド・シュバリエ》もう片方の自分PゾーンDDが存在しない場合、Pスケールは5になる
《ダイナミスト・アンキロス》
《ダイナミスト・プレシオス》
《DDケルベロス》
《EMエクストラ・シューター》
《EMリザードロー》
《EMギタートル》
《智天の神星龍》11デッキからセフィラPモンスター1体をエクストラデッキに置き、ターン終了時まで同じPスケールになる。
《アモルファージ・イリテュム》
《EMラフメイカー》
《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》
《EMバブルドッグ》
《アモルファージ・キャヴム》
《Emヒグルミ》
《EMシルバー・クロウ》
《EMホタルクス》
《慧眼の魔術師》
《ダーク・ドリアード》
《ディノンの鋼鉄騎兵》-
《覇王眷竜ダークヴルム》
《P・M・キャプチャー》
《マジェスペクター・クロウ》-
《マジェスペクター・フロッグ》-
《竜剣士ラスターP》
《竜魔王レクターP》
《レスキューラット》
《妖仙獣 右鎌神柱》もう片方の自分Pゾーン妖仙獣が存在する場合、Pスケールを11にできる
《EMバラクーダ》
《EMファイア・マフライオ》
《貴竜の魔術師》
《宝玉の先導者》
《マジェスペクター・ラクーン》-
《月光虎》
《アモルファージ・ガストル》
《アモルファージ・ルクス》
《EMチアモール》
《EMチェーンジラフ》
《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》
《オッドアイズ・ファントム・ドラゴン》
《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》シンクロモンスター
《ゴースト・ビーフ》-サイコロを振って出た目の数だけPスケールが上がる(最大10)
《DDD極智王カオス・アポカリプス》
《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》-エクシーズモンスター
エクストラデッキ表側表示で存在し、レベル7がP召喚できる場合にP召喚できる
《EMカレイドスコーピオン》
《EMマンモスプラッシュ》
《魔装邪龍 イーサルウェポン》
《EM小判竜》
《パンドラの宝具箱》
《メトロンノーム》相手Pゾーンカードと同じPスケールにできる
《EMウィム・ウィッチ》
《EMトランプ・ガール》-
《EMトランポリンクス》
《EMトランプ・ウィッチ》
《相克の魔術師》
《DDD反骨王レオニダス》
《魔界劇団−ビッグ・スター》
《アモルファージ・ノーテス》
《竜角の狩猟者》-
《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》
《EMパートナーガ》
《SRパッシングライダー》
《ダイナミスト・ケラトプス》
《ダイナミスト・スピノス》
《アモルファージ・オルガ》
《アモルファージ・ヒュペル》
《アモルファージ・プレスト》
《Emミラー・コンダクター》
《EMゴールド・ファング》
《EMラディッシュ・ホース》
《解放のアリアドネ》
《シュルブの魔導騎兵》-
《ダイナミスト・ステゴサウラー》
《ダイナミスト・プテラン》
《DDオルトロス》
《武神−ヒルコ》-
《マジカル・アブダクター》
《妖仙獣 左鎌神柱》
《竜剣士マスターP》-
《竜魔王ベクターP》-
《レプティアの武者騎兵》-
《EMビッグバイトタートル》
《EMラ・パンダ》1ターンに1度自分メインフェイズPスケールを1つ上げる事ができる(最大12)
《EMヒックリカエル》
《EMリターンタンタン》
《EMシール・イール》
《魔界劇団−エキストラ》
《降竜の魔術師》
《法眼の魔術師》
《イグナイト・キャリバー》-
《賤竜の魔術師》
《マジェスペクター・ユニコーン》-
《イグナイト・デリンジャー》-
《EMオオヤヤドカリ》
《EMダグ・ダガーマン》
《EMドラミング・コング》
《曲芸の魔術師》
《フーコーの魔砲石》-
《マンドラゴン》--
《イグナイト・マスケット》-
《EMブランコブラ》
《EMペンデュラム・マジシャン》
《EMラクダウン》
《ドラコニアの獣竜騎兵》-
《宝玉の守護者》
《魔界劇団−サッシー・ルーキー》
《魔界劇団−プリティ・ヒロイン》
《魔界劇団−ワイルド・ホープ》もう片方の自分Pゾーン魔界劇団が存在する場合、Pスケールを9にできる
《マジェスペクター・フォックス》-
《魔装戦士 ドラゴディウス》
《イグナイト・イーグル》-
《EMインコーラス》もう片方の自分PゾーンEM魔術師オッドアイズのいずれかが存在する場合、Pスケールを7にできる
《EMバラード》
《刻剣の魔術師》
《召喚師ライズベルト》-
《マジェスペクター・キャット》-
《EMドラネコ》
《覇王龍ズァーク》12融合モンスター
《DD魔導賢者ガリレイ》10DD以外のP召喚不可
自分スタンバイフェイズ毎にPスケールが2つ上がる(最大10)
《陰陽神 クズノハ》使用不可カード
《牙狼の双王 ロムルス−レムス》使用不可カード
《Juno, the Celestial Goddess》使用不可カード
《クリフォート・エイリアス》クリフォート以外の特殊召喚不可
《超重輝将ヒス−E》超重武者以外のP召喚不可
《ブンボーグ008》ブンボーグ以外のP召喚不可
《魔界劇団−デビル・ヒール》
《クリフォート・ディスク》クリフォート以外の特殊召喚不可
《アストログラフ・マジシャン》
《EMモンキーボード》もう片方の自分PゾーンEMが存在しない場合、Pスケールは4になる
《EMレ・ベルマン》
《クリフォート・アーカイブ》クリフォート以外の特殊召喚不可
《ブンボーグ006》ブンボーグ以外のP召喚不可
《月光狼》ムーンライト以外のP召喚不可
《EMゴムゴムートン》
《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》
《クリフォート・アセンブラ》-クリフォート以外の特殊召喚不可
《音響戦士マイクス》もう片方の自分Pゾーン音響戦士が存在しない場合、Pスケールは4になる
《星読みの魔術師》もう片方の自分Pゾーン魔術師またはオッドアイズが存在しない場合、Pスケールは4になる
《EMユーゴーレム》
《紫毒の魔術師》
《白翼の魔術師》
《メタルフォーゼ・ゴルドライバー》-
《竜星因士−セフィラツバーン》テラナイトセフィラ以外のP召喚不可
《剣聖の影霊衣−セフィラセイバー》影霊衣セフィラ以外のP召喚不可
《DD魔導賢者コペルニクス》DD以外のP召喚不可
《竜脈の魔術師》-
《英霊獣使い−セフィラムピリカ》霊獣セフィラ以外のP召喚不可
《宝竜星−セフィラフウシ》竜星セフィラ以外のP召喚不可
《メタルフォーゼ・シルバード》-
《イェシャドール−セフィラナーガ》シャドールセフィラ以外のP召喚不可
《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》-エクシーズモンスター
エクストラデッキ表側表示で存在し、レベル7がP召喚できる場合にP召喚できる
《覇王門零》
《ペンデュラムーチョ》

―ペンデュラムモンスターに関係する効果発動条件を持つカード

―ペンデュラムモンスター以外を指定する効果発動条件を持つカード

関連リンク

FAQ

エクストラデッキ関連

Q:召喚特殊召喚反転召喚無効にされたペンデュラムモンスターは、エクストラデッキに送られますか?
A:いいえ、フィールド上から墓地へ送られる扱いではありませんので墓地へ送られます。(14/03/21)

Q:《No.50 ブラック・コーン号》効果モンスターゾーンに存在するペンデュラムモンスターを墓地へ送る事はできますか?
A:対象に選択して発動はできますが、墓地へ送られずエクストラデッキに置かれダメージを与える効果適用されません。(14/03/27)

Q:シンクロ素材融合素材などに使う場合でも、墓地へ送られる代わりにエクストラデッキに置かれますか?
A:その場合も墓地ではなくエクストラデッキに置かれます。(14/03/21)

Q:ペンデュラムモンスターに対し、《奈落の落とし穴》発動した場合、エクストラデッキには行かず除外されますか?
A:除外されます。(14/03/21)

Q:《マクロコスモス》《次元の裂け目》適用されている間に、フィールド上のペンデュラムモンスターが墓地へ送られる場合、そのペンデュラムモンスターは除外されますか?
A:モンスター扱いのペンデュラムモンスターは除外されます。
  ペンデュラムゾーンに存在する場合は、魔法カード扱いなので、《次元の裂け目》では除外されません。(14/03/21)

Q:《次元の裂け目》が存在している間に、ペンデュラムモンスターのペンデュラムゾーンへの発動無効にされ破壊されました。
  このペンデュラムモンスターは除外されますか?
A:魔法カード扱いのペンデュラムモンスターの発動無効になったため、《次元の裂け目》が存在していても墓地へ送られます。(14/11/16)

Q:ペンデュラムモンスターの効果《スキルドレイン》などで無効になっている場合でも、墓地へ送られる代わりにエクストラデッキに置かれますか?
A:その場合も墓地ではなくエクストラデッキに置かれます。(14/03/21)

Q:裏側守備表示のペンデュラムモンスターが破壊された場合もエクストラデッキに置かれますか?
A:裏側守備表示のままペンデュラムモンスターが破壊された場合も、墓地ではなくエクストラデッキに置かれます。(14/03/21)

Q:ペンデュラムモンスターを《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊した場合、エクストラデッキに加わりますか?
A:エクストラデッキに加わる処理はモンスター効果として扱いませんので無効にならず、エクストラデッキに加わります。(14/03/22)

Q:ペンデュラムモンスターを《聖導騎士イシュザーク》戦闘破壊した場合、エクストラデッキに戻らず、除外されますか?
A:はい、除外されます。(14/03/22)

Q:《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》モンスター宣言されたペンデュラムモンスターはモンスターゾーンから墓地に送られる場合、エクストラデッキに加わりますか?
A:エクストラデッキに加わる処理はモンスター効果発動ではありませんので、エクストラデッキに加わります。(14/03/22)

Q:《サイキック・ブロッカー》宣言されたペンデュラムモンスターは、墓地に送られる場合、エクストラデッキに加わりますか?
A:はい、エクストラデッキに加わります。(14/03/23)

Q:装備カードとなったペンデュラムモンスターが墓地に送られる場合、エクストラデッキに加わりますか?
A:はい、その場合でもエクストラデッキに加わります。(14/03/22)

Q:ペンデュラムモンスターを《地獄の暴走召喚》エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(14/03/21)

Q:《連鎖破壊》《連鎖除外》効果エクストラデッキに移動したペンデュラムモンスターに適用されますか?
A:いいえ、手札デッキ同名カードのみが破壊もしくは除外されます。(14/03/21)

Q:《呪術抹消》効果でペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーン置くのを無効にされた場合、エクストラデッキ同名カード墓地へ送られますか?
A:いいえ、送るのは手札メインデッキ同名カードのみです。(14/03/27)

Q:ペンデュラムモンスターを《イビリチュア・メロウガイスト》戦闘破壊した場合、効果発動してメインデッキ戻す事はできますか?
A:はい、《イビリチュア・メロウガイスト》効果発動し、メインデッキに戻す事ができます。(14/09/11)

Q:《ゲール・ドグラ》エクストラデッキに行ったペンデュラムモンスターを選ぶことはできますか?
A:はい、選んで墓地へ送る事ができます。(14/03/22)

Q:《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》効果をペンデュラムモンスターを対象発動している場合、《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》破壊される時に対象にしたペンデュラムモンスターを墓地へ送る事ができますか?
A:ご質問の状況にて《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》効果適用した場合、ペンデュラムモンスターはエクストラデッキに置かれますが、《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》破壊されずにフィールド上に残る事ができます。 (14/03/22)

Q:ペンデュラムモンスターをエクストラデッキに加える際にエクストラデッキの一番の上に置くなどの決まりはありますか?
A:いいえ、表側表示置く以外には特に決まった順番で置くルールはありません。(14/03/26)

召喚・素材関連

Q:融合素材にできますか?
A:できます。(14/04/21)

Q:《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》特殊召喚や、《戦線復活の代償》発動のために墓地に送れますか?
A:できません。裏側表示の場合も同様です。(14/04/21)

Q:モンスターゾーンに存在する相手のペンデュラムモンスターを墓地へ送って《マザー・スパイダー》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(14/03/22)

Q:特殊召喚モンスターですか?
A:いいえ、特殊召喚モンスターではありません。(14/03/22)

その他

Q:ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーン置く行為を《マジック・ジャマー》無効にする事はできますか?
  また、《天罰》無効にすることはできますか?
A:《マジック・ジャマー》発動する事はできますが、《天罰》発動する事はできません。
  また、無効にした場合は、エクストラデッキではなく、墓地に送られます。(14/03/21)

Q:魔法カードとしての発動ペンデュラムゾーンに置く行為)が《封魔の呪印》無効にされた場合、同名カードの使用はどのように制限されますか?
A:魔法カードとしての発動のみが不可能になります。
  モンスターとしての召喚効果の発動、すでにペンデュラムゾーンに存在するペンデュラムモンスターの効果の発動などは通常通り行えます。(14/03/21)

Q:《魔封じの芳香》《マジック・キャンセラー》が存在する場合、ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置く事はできますか?
A:いいえ、できません。(14/03/21)

Q:ペンデュラムゾーンにいるペンデュラムモンスターは《トルネード》破壊できますか?
A:いいえ、できません。(14/03/21)

Q:ペンデュラムゾーンに存在するペンデュラムモンスターを《オオアリクイクイアリ》の自身の特殊召喚のために墓地へ送る事はできますか?
A:いいえ、その場合ペンデュラムモンスターを墓地へ送る行為自体できません。(14/03/21)

Q:自分フィールド上に存在してるカードペンデュラムゾーンにいるペンデュラムモンスターのみの場合、《黄泉ガエル》《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚できますか?
A:ペンデュラムゾーンにいるペンデュラムモンスターは、フィールド上の魔法カード1枚としてカウントされます。
  したがって、それらを特殊召喚することはできません。(14/03/21)

Q:ペンデュラムゾーンに存在するペンデュラムモンスターが《マジック・キャンセラー》無効になってる場合、そのペンデュラムモンスターの効果の使用やペンデュラム召喚を行えますか?
A:そのペンデュラムモンスターは効果を使用できません。また、ペンデュラム召喚を行うことはできます。(14/03/22)

Q:《サイキック・ブロッカー》宣言されたペンデュラムモンスターは、魔法カードとして発動したり、エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(14/03/21)

Q:既にペンデュラムゾーンに存在するペンデュラムモンスターを《サイキック・ブロッカー》宣言された場合、そのペンデュラムモンスターの効果の使用やペンデュラム召喚を行えますか?
A:ペンデュラムモンスターの効果の使用を行う事はできなくなりますが、ペンデュラム召喚を行う事はできます。(14/03/23)

Q:《ゴーストリック・サキュバス》効果ペンデュラムゾーンに置かれているペンデュラムモンスターは破壊できますか?
A:《ゴーストリック・サキュバス》破壊する事ができるのは、モンスターとして存在するカードのみとなり、ペンデュラムゾーンに存在するペンデュラムモンスターを破壊する事はできません。(14/03/21)

Q:フィールド上に《虚無空間》がある状況でペンデュラムモンスターが墓地へ送られる場合《虚無空間》自壊しますか?
A:フィールド上のペンデュラムモンスターが墓地へ送られる場合、そのペンデュラムモンスターは墓地へは送られず、エクストラデッキに加わりますので、《虚無空間》破壊される事はありません。(14/07/21)

Q:ペンデュラムモンスターが《サクリファイス》等の効果装備カードとなり、ペンデュラムゾーンではなく魔法&罠ゾーン置かれている状態で破壊される場合、ペンデュラムモンスターはエクストラデッキ置かれますか、それとも墓地へ送られますか?
  また《非常食》等のコストとして墓地へ送る事は出来ますか?
A:魔法&罠ゾーン置かれているペンデュラムモンスターは破壊された時、エクストラデッキ置かれます
  魔法&罠ゾーン置かれているペンデュラムモンスターはコストとして墓地へ送る事は出来ません。(14/03/24)

Q:ペンデュラムモンスターがペンデュラムゾーンペンデュラム効果発動した後、効果解決時にそのペンデュラムモンスターモンスターゾーン特殊召喚されている場合、そのペンデュラム効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(15/08/06)

広告