戦友(とも)(ちか)い/Oath of Companionship》

通常罠
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが
自分フィールド上に存在しない場合、
相手フィールド上に表側表示で存在する、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのコントロールをエンドフェイズ時まで得る。
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した通常罠
 エクストラデッキから特殊召喚されるモンスターを1ターンコントロール奪取する効果を持つ。

 ノーコスト相手モンスターコントロールを得ることができ、特に使用制限もなくそのまま攻撃に参加できる。
 しかし発動条件デメリットはやや厳しく、そのターンエンドフェイズに戻るため、有効活用するのはなかなか難しい。
 特殊召喚できないために、奪ったモンスターを素材にするといった事もできない。
 考えなしに発動しようとはせず、なるべくは奪ったターンに勝負を決められるような状況で使うようにしたい。
 アドバンス召喚リリースに使うか、フリーチェーンコストに使うなど、フィールドから離せる方法も用意したい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《戦友の誓い》 通常罠

広告