攻撃/Attack

 バトルフェイズバトルステップ攻撃宣言を行い相手モンスターを攻撃します。

裏側表示への攻撃

 裏側守備表示モンスターを攻撃した場合、ダメージステップでそのモンスターリバース表側守備表示にします。
 その後、モンスター守備力確認ダメージ計算を行います。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


 他のカードゲームの「召喚酔い」といわれるものは存在せず、召喚反転召喚特殊召喚したターンに攻撃を行える。
 ただし、先攻1ターン目だけはバトルフェイズに入ることができないので攻撃はできない。

  • 「攻撃を行ったとき」に発動する効果は、「攻撃を受けたとき」には発動しない。
    処理の複雑なカードが少なかった初期の時代には、攻撃を受けたときにも発動するという誤解が広まっていた。
    ユーザーへの注意喚起の意味もあるのか、アニメDMでは敵が《メタル化・魔法反射装甲》を使う際にこの誤解をし、遊戯が注意を促す展開もあった。
  • 戦闘を行う」あるいは「戦闘を行った」の場合は、「攻撃を行ったとき」にも「攻撃を受けたとき」にも誘発する。
  • 「殴る」とも呼ばれる。
  • アニメ5D's公式サイトの「デュエルワンポイントレッスン」によると攻撃名やモンスター効果名は使用者が自分で付けているらしい。
    しかし複数のデュエリストが同じ攻撃名を言っていたりもするので、必ずしも使用者オリジナルではないようだ。
    またこうした攻撃名をカード名とした通称「必殺技カード」が登場する事もある。
    (→具体例はこちらを参照のこと)
  • 漫画ARC-Vでは、ペンデュラム召喚された複数のペンデュラムモンスターに「同時攻撃」という特殊な攻撃を可能にする《EMペンデュラム・コンダクター》が登場している。
    劇中描写では、お互いを蘇生しあえる《白闘気双頭神龍(ホワイト・オーラ・バイファムート)》を2体同時に戦闘破壊することで蘇生する機会を与えずに撃破するといった処理となった。

関連カード

攻撃を無効にする効果を持つカード

「攻撃する」「攻撃した」が条件であるカード

 バトルステップ中の処理は「攻撃宣言」「攻撃対象」参照

攻撃後に守備表示となるカード

―攻撃後、ダメージステップ終了時に守備表示になる

―攻撃後、エンドステップ時に守備表示になる

「攻撃された」が条件であるカード

 バトルステップ中の処理は「攻撃宣言」参照

関連リンク

広告