リリース/Tribute

 モンスターの召喚効果発動コストのひとつで、基本的にモンスターカード墓地に送ることを指します。
 コストとなるリリースはカードの発動宣言の前に行います。
 この方法で墓地に送られたモンスターは「破壊」扱いにはなりません。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


 リリースとは、モンスターカードフィールドからフィールド以外の領域に移動させる手段の一種である。
 ルールブックには「モンスターの召喚効果発動コストのひとつ」と書かれているが、《幻想召喚師》儀式魔法のような効果によるリリースも存在し、特に儀式魔法は頻繁に使われるため「コストと効果」の違いをよく把握しておかなければならない。

  • この用語は、新エキスパートルールで「生け贄生け贄に捧げる)」と呼ばれていたものをマスタールール移行時に変更したものである。
    しかし、英語の「release」に生け贄の意味はないため、機械的に置き換えると日本語として不自然になる。
    よって、基本的には「リリースする」と書いて「生け贄に捧げる」の意味で使用されているが、「2体分の生け贄とする事ができる」に関しては機械的に置き換えただけの「2体分のリリースとする事ができる(リリースにできる)」となっている。
    なお、「release」は本来「囚人の釈放、爆弾の投下、製品の公開、権利の放棄」など何かを放つ意味合いがあるので、「生け贄」との兼ね合いを考える場合「生け贄となるモンスターの魂を現世から解放(リリース)して墓地へ送る」といったように捉えるといいかもしれない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメでは「墓地へ送る」や「破壊」に相当する行為であっても「リリース」や「生け贄」という表現が用いられる事がある。
  • アニメ5D's放送開始と同時にマスタールールに移行したため、5D's劇中及びそれ以降のZEXALシリーズ・ARC-V・VRAINSでも一貫して「生け贄」ではなく「リリース」と呼称されている。
    アニメGXで明日香は生け贄と言っていたが、アニメARC-Vではリリースと言っている。
    しかしアニメ5D'sではデュエル以外ではダークシグナーがよく生け贄という発言をしており、地縛神召喚時には生きた人間を文字通り生け贄に捧げている。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』においては、台詞中の本来リリースまたは生け贄と言うべき単語は、「破壊」などの別の単語に置き換えられているか省略されている。
    ただしテキスト上ではリリースという言葉が確認でき、このあたりはエクストラデッキと同じような扱いである(こちらも参照)。
  • コナミのゲーム作品において―
    第6期の初め、DUEL TERMINAL稼動当初のゲーム内テキストは単に「生け贄」を「リリース」に機械的に置き換えていた。
    マスタールール後に発売されたPSPやDSのゲームでは、機械的な置き換えではなくなっている。

関連カード

 アドバンス召喚関係は、(アドバンス召喚のリリースの数を減らすカードも含めて)アドバンス召喚のページ参照。

自身をリリースして発動する効果を持つモンスター

自身または自分フィールドモンスターをリリースして発動する効果を持つモンスター

※カッコ内はリリースするモンスターの条件。無い場合は条件なし。

自身以外のモンスターをリリースして発動する効果を持つモンスター

※付きは種族などを変更することで自身もリリース可能なカード

自身を含む2体以上のモンスターをリリースして発動する効果を持つモンスター

維持コストなど特殊な方法でリリースを要求するカード

リリースを要求する魔法・罠カード

リリースする効果を持つカード

アドバンス召喚以外にリリースを要する召喚手段を持つカード

通常召喚可能

通常召喚不可・正規手順召喚蘇生可能

通常召喚不可・正規手順召喚蘇生不可

相手モンスターをリリースするカード

リリースが制限されるカード

リリースが制限されるトークン

モンスターカード以外でリリースするカード

リリースされた際の効果を持つカード

それ以外のリリースに関連するカード

関連リンク

広告