《ブラック・マジシャン/Dark Magician》

通常モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラス。

 Vol.1で登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 原作の主人公・遊戯のエースモンスターであり、《青眼の白龍》と共に抜群の知名度を誇っているモンスターである。
 《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》《超魔導剣士−ブラック・パラディン》《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》《呪符竜》《竜騎士ブラック・マジシャン》《超魔導騎士−ブラック・キャバルリー》融合素材

 2体のリリースが必要なレベル7でありながら、2500という攻撃力は低い。
 同じ魔法使い族通常モンスターとしても、レベル8の《コスモクイーン》はもちろん、レベル6の《魔法剣士トランス》にさえ攻撃力で劣る。

 しかし、遊戯王OCG全体を見てもトップクラスに豊富な専用サポートカードを持っており、専用デッキ【ブラック・マジシャン】を組む事で攻撃力の低さを補って余りある大活躍を見せる。
 中でも、毎ターンこのカード手札墓地から特殊召喚するか、2種類のサポートカードサーチでき、耐性も与える《永遠の魂》は強力。
 《永遠の魂》サーチできる《黒・魔・導》《ハーピィの羽根帚》と同等の除去効果を持ち、《千本ナイフ》単体除去を行える。
 また、このカード手札デッキから特殊召喚できる《マジシャンズ・ナビゲート》や、サーチ効果を持つ《マジシャンズ・ロッド》《黒の魔導陣》《黒魔術の継承》も有用性が高い。
 他にも、《マジシャンズ・ローブ》《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》《幻想の見習い魔導師》《黒魔導強化》《賢者の宝石》等数多く存在する。
 派生カードも多く、《騎士の称号》《光と闇の洗礼》《黒魔導の執行官》は、このカードリリースする事で派生形態へ進化できる。
 融合召喚先の融合素材が緩いことにも目を向けると、《超融合》相手魔法使い族ドラゴン族戦士族融合素材にできる。

 また、闇属性魔法使い族通常モンスターの3つの特性を持つため、専用カード以外にも多くのサポートカードに対応している。
 闇属性という点では、《闇の誘惑》に対応する他、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》《影のデッキ破壊ウイルス》媒体としても利用できる。
 魔法使い族という点では、マジシャン・ガール《ディメンション・マジック》特殊召喚できるほか、《魔法族の里》があれば相手魔法カードを封殺することができる。
 闇属性魔法使い族上級モンスターであるため、《黒魔術のヴェール》《黒魔族復活の棺》《魔導召喚士 テンペル》による蘇生リクルートも可能。
 通常モンスターという点では、《古のルール》《思い出のブランコ》等で簡単に特殊召喚でき、《王者の看破》も使用できる。
 更に魔法使い族通常モンスターなので、《幻想の黒魔導師》リクルートが可能である。

 《E・HERO プリズマー》を使えば、《黒・魔・導》等のサポートカードを使用しやすくなる。
 《黒魔導の執行官》《ブラック・マジシャンズ・ナイト》《黒衣の大賢者》といった《ブラック・マジシャン》を要求する特殊召喚モンスター融合召喚にも利用可能である。
 また、《召喚僧サモンプリースト》等を用い、《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚することで蘇生に繋げることができる。

 総じて、最上級魔術師の名にふさわしく、神出鬼没でテクニカルなモンスターと言える。
 対となる《青眼の白龍》が「」ならば、このカードは「」といったところ。
 魔法・罠カードを駆使し、《青眼の白龍》にはないトリッキーな戦い方ができるだろう。

  • PREMIUM PACK 4には、原作の「バトルシティ編」で闇遊戯と戦ったグールズ所属の奇術師パンドラが使ったバージョンが収録されている。
    赤黒い装束を身にまとい、浅黒い肌と白い髪、三白眼が特徴(かなり見えづらいが、帽子の縁ギリギリのところに瞳がある)。
    腕を組んだポーズは、EXEX-R収録の《ブラック・マジシャン》と左右対称となっている。
    このバージョンは他の《ブラック・マジシャン》とパスワードが違っており、同名カードパスワードが異なる数少ないカードである。(他には《融合》が存在する。)
    パンドラ自体が妙に人気のあるキャラクターである事も手伝ってか、このバージョンをこよなく愛するデュエリストも多い。
  • 現在BEGINNER'S EDITION 1などに収録される際に使われているイラストは、原作の「闇遊戯vsパンドラ」戦で闇遊戯が最初に《ブラック・マジシャン》を召喚したコマを元にしている。
  • 週刊少年ジャンプ付属カード版は、遊戯王OCGモンスターカードの中でも極めて珍しい「背景がないカード」である。
    中央の《ブラック・マジシャン》以外は高橋和希氏のサインがあるのみで、残りは白一色となっている。
    このカードの《ブラック・マジシャン》は、これまでの紫ではなく黒に近い色で塗られており、黒と白の強烈なコントラストを生み出している。
  • アニメにおいてドーマ編以降で使用されている「第1・2期仕様のイラストで第3期以降の世界統一フォーマット」の日本語表記のカードは長らくこちらの世界には存在しなかった。
    しかし、決闘王の記憶−決闘者の王国編−にて、第8期仕様のフォーマットで登場することとなった。
  • 期間内にCoCo壱番屋で1,000円以上注文することで貰えたCoCo壱番屋 遊戯王コラボキャンペーン版のカードは、劇場版のために高橋和希氏が新しくデザインした姿が使われている。
    青白の肌、白い髪、ローブは黒に近い濃紺であり、従来よりかなり筋肉質な姿をしているのが特徴。
    この新しい姿の《ブラック・マジシャン》のデザイン画は、Vジャンプ2016年2月号で公開された。
    また、劇場版で遊戯が実際に使用したのもこのイラストの《ブラック・マジシャン》であった。
  • 週刊少年ジャンプの抽選プレゼント用である英語版・中国語版が存在する。
    これは第1期の際に作られ、抽選であるため極端に数が少ない。
    • この英語版の名前は『Dark』ではなく、『Black』である。
    • また小ネタだが、東映版の時期に作られたグッズにおいて、英語表記がある場合には"Black Magician"である。
  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版遊戯王にも登場している。
    こちらも配色が異なっており、顔の殆どを覆い隠し、鼻から下のみが見える。
    種族は「黒魔族」というバンダイ版オリジナルのものが与えられている。
  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの広告に用いられているカードの1枚。
    この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    ちなみにこのカードは英語版だった。
  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中3位を獲得した。
  • 2019年7月25日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第1期投票では第8位にランクインした。
  • グールズ構成員・奇術師パンドラもこのカードを主力としており、「闇遊戯vsパンドラ」戦では「《ブラック・マジシャン》vs《ブラック・マジシャン》」の構図が実現した。
    彼の《ブラック・マジシャン》は遊戯のものとはイラスト違いであり、ソリッドビジョンも遊戯の《ブラック・マジシャン》とは異なっている。
    青紫の衣装の方が遊戯の使用する方で、こちらの方が一般的によく知られる。
    赤紫の衣装と褐色肌に不敵な表情のイラストがパンドラの使用するもので、こちらも前述のとおりOCG化されている。
  • アニメ版の「戦いの儀」における「遊戯vsアテム」戦では専用カード装備魔法黒の魔法槍(ブラック・スピア)》が登場した。
    また、通常罠《マジシャンズセレクト》のイラストに描かれている。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でも遊戯のモンスターとして登場。
    遊戯が手に入れた「デュエル・クロス」によって、なんと遊戯本人と融合して戦った。
    その後、融合した遊戯が食べた金のリンゴによって《マジシャン・オブ・ブラックカオス》に進化した。
  • 原作のイラストは「杖を水平に構えた胸像」だが、「ヴァリュアブル・ブック3」の57ページ等に掲載されている絵では、LB-05と同じイラストになっている。
  • 元々は、古代エジプトにおける強力な魔力を持つ魔導師・マハードが、己の精霊(カー)幻想の魔術師」と融合し、冥界で修行し力を得た姿である。
  • この時十代がこのカードを「ブラマジ」と略称している。
    ミラフォと同じく公式に使用された数少ない略称であり、このカードの知名度の高さを端的に表している。
    ちなみにアニメGX時点で弟子のほうはすでに「ブラマジガール」と略称で呼ばれていた。
  • アニメZEXALの「遊馬vs六十郎」(1戦目)では、このカードをモチーフとした《スタチュー・ブラック・マジシャン》を遊馬が使用。
    ターン目で《真紅眼の木竜》戦闘破壊した。
    また、この時は遊馬の精神が乗り移り、遊馬の肉体は木像となっていた。
    決闘庵にはこのモンスターの木像も飾られている。
  • アニメ遊戯王シリーズ通算777回記念となったアニメARC-V第73話の特別OPでは、各主人公とその切り札が映像に登場したが、遊戯のモンスター枠は《オシリスの天空竜》が務めていた。
    同日に更新された公式ホームページの「超熱血!デュエル塾 講義24」では紹介されているが、遊矢は「伝説のデュエリストなのに切り札が通常モンスターなの?」と発言し、修造に叱咤され直後に考えを改めている。
    また、権現坂は「まさに決闘王(デュエル・キング)の代名詞とも呼べるカードだな!」と称している。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では闇遊戯・遊戯の使用カードとして登場している。
    劇中では漫画の続きながら弟子ともども映画用の新デザインに変更され登場しており、精霊等の特別な力のないカードイラストが大きく変わるのは珍しい。
    後に「戦いの儀」でアテムが使用した三幻神は千年アイテムとともに失われたと説明があり、このカードも新たに手に入れた別のカードである可能性が示唆されている。
    同映画には、弟子ライバルには派生カードや進化形態が多く登場したのに対し、このカードはデザインが変更されただけで特にそういった存在は無かった。
    ただし、「遊戯vs海馬」戦で大きな活躍を見せたほか、最終戦を締めくくった《守護神官マハード》にはこのカードに関連する効果があるなど、決して悪い扱いではない。
  • 名実ともに遊戯の象徴たるモンスターであるが、その知名度や存在感に反して、単独でフィニッシャーになったのは原作では17巻で行われた「遊戯vs城之内」戦(経過省略)のみ。
    アニメでは上述の通りゲームの駒として登場した際に勝負を決めているが、カードとしてフィニッシャーとなったのは他にはアニメDMにおける「遊戯vsレオン」戦、および「R」1巻における「闇遊戯vsデシューツ・ルー」戦のみである。
    ちなみに、劇場版『THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』での「遊戯vs海馬」戦でも事実上のフィニッシャーとなったが、海馬のライフが削りきられる寸前にデュエル自体が中断してしまった。
  • 東映版アニメではオープニングの1カットにこのカードが登場しているが、本編では一度も使われていない。
  • デュエルリンクスでは闇遊戯及びパンドラのエースカードとして設定されており、召喚時には専用ムービー(計3種類)が流れる。
    闇遊戯とパンドラ版のムービーは大筋は変わらないものの、《ブラック・マジシャン》の外見の他、背景色や着地時のポーズ、表情などといった様々な部分で違いが見られる。
    また、CoCo壱番屋 遊戯王コラボキャンペーンイラストのムービーは映画をイメージした舞台に降り立ち、攻撃を行う姿が映し出される。
    また、CPU専用スキルとして、このカードデュエル外からフィールドに出現させるスキル「黒魔術師降臨」が存在する。
    ちなみに、原作やアニメでこのカードを使用したことがない本田や杏子(DSOD)にも専用のボイスがある。(逆に《賢者の宝石》を使用したDMワールドの杏子は、そのカードには専用ボイスが設けられるが《ブラック・マジシャン》には設けられていない)
    • ちなみに、闇遊戯の場合はパンドラ版のカード召喚した場合にはムービー及び台詞が出ず、逆にパンドラの場合は他のバージョンのカードを使用したときには流れない仕様となっている。
  • コナミ以外のゲーム作品においては、カプコンのゲーム『モンスターハンタークロス』での遊戯王とのコラボとして、このカードの衣装を模したオトモ武具「黒マジニャンシリーズ」が登場した。
    イベントクエスト「遊戯王・美しき龍との決闘」の報酬で手に入るアイテム「運命のカード」を素材にして製作できる。
    • 余談だが、「運命のカード」の説明文には「黒い魔術師のイラストが美しく描かれている。」とあり、恐らくこのカードのことであると思われる。

関連カード

融合関連

―《ブラック・マジシャン》として扱うカード

―上記以外の派生カード

イラスト関連

―その他

―《ブラック・マジシャン》の姿が見られるカード

《ブラック・マジシャン》のカード名が記されたカード

効果モンスター

融合モンスター

儀式モンスター

魔法カード

罠カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブラック・マジシャン》 通常モンスター モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2100 ブラック・マジシャン

広告